AppMedia
記事

「revisions next stage」先行プレイレポート|大人気テレビアニメの“正統続編”がタクティカルRPGになって登場!

2019年配信予定の新作アプリ「revisions next stage」の先行プレイレポートをお届け。「リヴィネク」の気になるゲームシステムや魅力を余すところなくご紹介!

※記事内容および画像は開発中のものです。仕様は予告なく変更される場合がございます。

「revisions next stage」ってどんなゲーム?

『リヴィジョンズ』正統続編がアプリに登場

リヴィネク_概要

「revisions next stage」は、株式会社ネクソンが運営する“タクティクス・アニメーションRPG”です。今年1月より放送され、その重厚なシナリオと美麗な作画で視聴者を熱狂の渦に巻き込んだテレビアニメ『revisions リヴィジョンズ』の正統続編である本作は、極めて戦略性の高いバトルと、奥深い育成要素、そして何より圧倒的なクオリティを誇るストーリーが魅力の作品です。

ストーリー

「これは約束よ。未来で待ってるね。」
彼女は約束した、俺はまだ過去にいる。

渋谷が未来へ転送され、帰還してから数か月後、今度は、全世界各地の都市が無作為に転送されていた。これは突如発生した人体を破壊する未知のウイルス、RVウイルスによって変貌した未来の人類「リヴィジョンズ」が、現代の人類を転送するために引き起こしたものであった。

前例のない危機に全世界の政府は「渋谷協約」を締結しすべての都市をブロック単位で分け、軍事施設を配置するブロックエリア計画とRVウイルスのワクチン開発に注力することを決定する。

そして遂に人類はワクチンの開発に成功し、RVウイルスの誕生を阻止する。大規模な転送は止まり、歴史の流れは変わったように見えた。

15年後、ひとりの少年が学校のグラウンドでそれを見つける前までは…

ゲームの流れをご紹介

“ミッション”をこなして物語を進めよう

リヴィネク_ミッション選択

メインコンテンツにあたる“ミッション”はステージ制となっており、バトルをクリアしていくことで物語が進んでいきます。バトルの前後には、いわゆる一般的なゲームアプリの会話シーンとは比べものにならないほど大ボリュームのストーリーが展開され、アニメの続編としてゲームに注目しているファンの期待を裏切らない出来栄えとなっています。

スキルを駆使して勝利を掴みとれ

リヴィネク_バトル画面

こちらがバトル画面になります。本作では見下ろし型のシミュレーションバトルを採用しており、マス目状のフィールドで「ストリング・パペット(以下パペット)」と呼ばれる装着型戦闘システムを操作しつつ、敵であるリヴィジョンズの殲滅を目指します。

リヴィネク_パペットスキル

各パペットは「パペットスキル」と呼ばれる固有の技を持っています。スキルには通常攻撃的なものから、EPを消費して大ダメージを与えるもの、敵に状態異常効果を与えるもの、数マス吹き飛ばすSRPGならではのものまで数多く用意されており、これらを使いこなすことなく敵を倒すことは不可能です。

リヴィネク_発動条件

なお各スキルには発動できる距離が存在し、敵が遠すぎると届かなかったり、逆に近すぎる敵には使えなかったりします。パペットのステータスによって移動できるタイル数は決められているため、敵からの被ダメージを最小限に抑えつつ、できる限りスキルを叩き込むという的確な位置取りが重要なってきます。時には「ステイ」を選択して、移動のみを行うのが有効なこともあるでしょう。

リヴィネク_マスタースキル

スキルを所持しているのは、パペットだけではありません。パペットを操るパペットマスターにも「マスタースキル」という固有能力が設定されています。これはいわゆる“パッシブスキル”に当たるもので、特定の条件下で自動的に発動する性質の能力となっています。

戦況の把握が勝負のカギ

リヴィネク_回復

バトルの舞台となるフィールドは単なる広い空間ではなく、各ミッションごとに多彩なシチュエーションが用意されています。行く手を阻む障害物はもちろん、拾って使える回復アイテムや、攻撃することで爆発して周囲を巻き込む“タンク”といったものも設置されています。

リヴィネク_三種

パペットには、HPが高く近接攻撃スキルを持つ「チェイサー」、遠距離攻撃を得意とした「ブラスター」、味方を支援し敵を撹乱する「レンジャー」の3クラスが存在しており、前述したフィールドの状況や敵の性質を把握して、それぞれの特性を生かした戦いをしていくことが求められます。

02006

加えて、敵味方それぞれには属性に当たる血液タイプが設定されています。アルファ・ベータ・ガンマが三すくみの関係となっているため、高火力のキャラを最前線で戦わせるだけでなく、上手くキャラクターを移動させて常に不利な状況を相手に押し付けていきたいところです。

嬉しいオート機能&追加目標

リヴィネク_オート

ここまでご説明した通り、本作のバトルには戦略性をぐっと高めるシステムが複数盛り込まれていますが、一方でライトユーザーに向けた配慮も忘れてはいません。オートボタンを押せば全ての操作が自動で行われるため、ゲームがあまり得意ではない方でも安心して楽しめます。無論、自分で操作しなければパペットの力を最大限に引き出すことは難しく、オート機能の存在がゲーム性を損ねることも一切ありません。

リヴィネク_勝利画面

各ミッションには追加目標が設定されており、達成することでより多くの報酬を得ることができます。なお、各チャプター内のミッションを全てクリアすることで次の難易度が開放されるため、より上位の報酬と歯ごたえのあるバトルを目指して何度でも楽しめる仕様となっています。

育成システムを徹底解説

自分だけの最強パペットを目指せ

リヴィネク_ステータス

SRPGというジャンルにおける、戦闘と双璧をなす魅力といえば「育成」なのではないでしょうか。タクティカルRPG「revisions next stage」には、やり込み度満点の育成要素が実装されています。各マスターが所有しているパペットにはレベルの概念が存在し、専用の素材を使うことでレベルアップしステータスが上昇していきます。

リヴィネク_パペットランクアップ

さらにレベル上限まで育てたパペットはランクアップでき、レベル上限解放や新スキル取得といった更なる強化が望めます。加えて、各種パペットスキルもレベルアップさせることが可能。最大射程距離が拡大されたりと、単なるステータス上昇だけではない、戦術そのものに広がりを持たせられる強化が非常に印象的でした。

パーツ変更で性能と見た目を追求

リヴィネク_バトルに反映

各部位にパーツを装備させることで、パペットの各種ステータスを上げられます。パーツにはHP上昇といった固定の効果に加え、Aランク以上のものには追加効果がランダム付与されるため、ハクスラチックな面白さがあるのも見逃せないところ! 嬉しいことに変更したパーツはしっかりバトルシーンに反映されるため、ロボット好きの方にはたまらない仕様となっています。

リヴィネク_パーツレベルアップ

加えてパーツそのものにも育成要素が存在「兵器庫」と呼ばれる施設ではパーツを作成したり、レベルを上昇させたりできます。さらにはレベル最大にしたパーツをアップグレードによってステータス上昇させたり、もしくは合成で追加効果をランダムで付け替えたりと、その底知れぬ奥深さには驚かされるばかりです。

人工知能がマスターをサポート

リヴィネク_MMI

そして本作ではなんと、マスターをサポートする人工知能「MMI」を設定することができます。これらのMMIにはランクが存在し、高ランクのものほど強力なサポートが期待できるとのこと。一つひとつに設定された可愛らしいイラストも、近未来を舞台とした世界観の描写に一役買っています。

パペットマスターを鍛え上げよう

リヴィネク_キャラ解放

気になるパペットマスターの入手方法ですが、本作ではメインミッションなどで獲得できる“マスターピース”を消費することで新たなキャラを仲間にできます。ガチャ運に左右されず確実に入手できる安心感は勿論、ストーリーと連動してキャラクターがアンロックされるため、物語と整合性の取れたバトルが楽しめるようになっている点も見逃せません。なお、いわゆる石に当たる“コア”を使用すれば早期解放も可能となっています。

リヴィネク_マスター訓練所

もちろんパペット同様、マスターのステータスやスキルも強化することが可能です。マスター訓練所と呼ばれる施設では、キャラクターの能力を底上げしたり、ランクアップによってレベル上限の開放等ができます。こうした様々な育成要素と後述の豊富なバトルコンテンツが、クリア後のやり込みを充実なものにしているのも本作の大きな魅力です。

ここがポイント!

「続編」ながらも誰もが楽しめる壮大な物語

リヴィネク_ストーリー

本作では、TVアニメ『revisions リヴィジョンズ』の渋谷時空災害から15年が経過した2032年を舞台に、平穏かと思われた日常がもろくも崩れ去っていく中、必死に戦い続ける少年少女たちの戦いが綴られます。前作から地続きの世界観によりファンの期待を裏切らない内容でありつつも、アニメ未視聴の方でも問題なく楽しめる急展開のシナリオに、夢中になること請け合いです。なお「図書館」という専門用語を解説してくれる施設もゲーム内に設けられており、ストーリーに置いていかれる心配はありません。

豊富なバトルコンテンツ

リヴィネク_曜日ミッション

まるで長編アニメを見ているかのようなボリュームを誇る「ミッション」ですが、本作のバトルコンテンツは他にもまだまだ用意されています。期間限定で特別なバトルが楽しめる「イベントミッション」や、曜日ごとに異なる報酬が用意された「曜日ミッション」、リヴィジョンズの襲撃から都市を守る「防衛ミッション」、世界各国の都市を奪還するW.R.Oなど盛りだくさん! ゲームアプリとしての遊びごたえにおいても一切の妥協を許さない、開発陣の熱意が伺えます。

都市を繁栄させていく達成感

リヴィネク_都市

ここまでの記事の中でいくつかの施設が登場してきたと思いますが、これらは全て「都市」の中に位置しているという設定になっています。各種施設は“電力”を用いることで機能がどんどん開放されていきます。電力はその他にもパーツ強化の際などに使用する大事なリソースなのですが、その電力もキューブセンターという施設で発電しなければならないという、一種の街作りゲーム的な面白さも内包しています。

先行プレイレポートまとめ

リヴィネク_まとめ1

生まれながらにして「大人気テレビアニメの正統続編」という極めて重要な役割を担う本作「revisions next stage」ですが、短い体験時間の中でもその役割を十二分に果たしていることが容易に伺えた先行プレイでした。アニメの設定を生かしつつもその世界観をさらに広げていく濃密なストーリーは勿論なのですが、何より本作において作品愛をひしひしと感じるのは、実はゲームデザインそのものだったりします。

タクティクスと銘打ったバトルシステムはその最たる例といえるでしょう。パペットという象徴的存在のスピード感を、SRPGにおける移動の重要性と紐づけたり、マスターにもシステム的側面で強い影響力を持たせることで、パペットの躍動感やキャラクターたちの成長をゲームプレイにおいても表現しています。逆に言えば、本作がターン制のコマンドバトルでパペットだけを戦わせるような内容だったならば、このような没入感は決して生み出せなかったでしょう。一つのSRPGとして独立したゲーム性を高めたことが、むしろ『リヴィジョンズ』の世界観を忠実に再現する結果となっているのです。

リヴィネク_まとめ2

パーツ強化一つをとってみても機械的に行うのではなく、パペット研究所に赴いてザクアンの力を借りる。都市レベルを上げるには、経験値ではなく人口増加が必要。バトル特化的な性格の強いコンテンツに関しても、都市の防衛や奪還といったように決して背景描写を欠かすことはない…。身も蓋もない言い方をしてしまえば、これらは単語の選び方であったり設定を設けただけで、本質的にはただ機能を実装するのと違いはないのかもしれません。

しかし、あらゆるコンテンツに『リヴィジョンズ』であることの必然性を持たせ、徹底的にストーリーとゲームに連続性を持たせていることこそが、本作が“続編”たる最大の理由なのだと筆者は思います。SRPGとしての完成度の高さや手厚いフォローで新規ユーザーを惹きつけつつも、随所に散りばめられた“リヴィジョンズ愛”がアニメファンへの力強いメッセージを発信し続けている。そんな作品が「revisions next stage」なのです。

「revisions next stage」の事前登録情報

リヴィネク_事前登録

8月27日より事前登録の受付を開始しました。登録者数に応じて正式サービス開始後に配布される特典が豪華になります。現時点で既に25万件を達成しており、全特典がプレゼントされることが確定しています!

事前登録のやり方

「revisions next stage」の事前登録は、以下の方法で行うことができます。

公式サイトから入力フォームにメールアドレスを登録
Twitterの公式アカウントをフォロー
LINEの公式アカウントを友だち追加
GooglePlayにて事前登録
AppStoreにて予約注文

事前登録はこちら

「revisions next stage」事前登録特典一覧

事前登録者数 特典
5万件達成 500コア
10万件達成 1,000コア
15万件達成 1,500コア
20万件達成 コウ専用機限定カラー(アーマー全種)
25万件達成 コウ専用機限定カラー(ウェポン)

「revisions next stage」のゲーム概要

アプリタイトル revisions next stage
配信日 2019年10月30日配信
ジャンル タクティクス・アニメーションRPG
対応OS iOS/Android
事前登録 あり
価格 基本プレイ無料/アイテム課金制
開発 NEXON Korea Corporation
公式サイト 「revisions next stage」公式サイト
公式Twitter 「revisions next stage」公式アカウント

© 2019 NEXON Korea Corporation and NEXON Co., Ltd. All Rights Reserved.
©リヴィジョンズ製作委員会
※記事内容および画像は開発中のものです。仕様は予告なく変更される場合がございます。

関連記事

AppMedia - ゲーム情報局
アプリ配信カレンダー
配信カレンダーをもっと見る