ミストトレインガールズ_先行プレイ

少女たちと幻霧に挑むファンタジーRPG『ミストトレインガールズ~霧の世界の車窓から~(ミストレ)』の先行プレイレポートをお届け。気になるゲームシステムや魅力を余すところなくご紹介!

※記事内容および画像は開発中のものです。仕様は予告なく変更される場合がございます。

『ミストトレインガールズ』とは

ミストレ_00

昨年9月にDMM GAMESにて配信された『ミストトレインガールズ~霧の世界の車窓から~』は、戦略的で歯ごたえのあるコマンドバトル、ユーザーに優しいオート主体の育成要素、そして人気作家の日日日氏と川添枯美による練り込まれたストーリーでPCゲーマーの度肝を抜いた。

ミストレ_01

もうすぐ1周年を迎えますます盛り上がる本作だが、この度待望となるアプリ版が9月9日にリリースされることが決定した。 本稿ではブラウザ版未プレイの方向けに、その魅力をたっぷりとお伝えしていきたいと思う。

『ミストトレインガールズ』ゲーム紹介

クオリティが際立つ「幻霧と列車と少女の物語」

アプリを起動してまず目に飛び込んでくるのは、圧倒的なクオリティを誇るタイトル画面だ。その背景にはまるでTVアニメのように細やかに描かれたオープニングムービーが流れ、メインテーマとともにプレイヤーを幻想的な世界へと誘う。可憐な美少女と力強い蒸気機関車のコントラストに、これから始まる大冒険への期待を煽られずにはいられない。

ミストレ_02

アニメーションの中で生き生きと動く彼女たちこそ、本作の主役である「トレインナイト」たちである。品行方正な騎士学生から機械いじりの得意な仕立て屋、毒舌がキツい北部出身の軍人、さらには大海原で育った海女ガールまで、まさに属性のオンパレードといった様相を呈している。そしてそんなキャラクターの多様性は、本作の世界観と密接に関わっていたりする。

ミストレ_03

『ミストトレインガールズ』の物語は、深い霧に覆われた大陸「イリスクラウド」が舞台。平和と彩雲の国「セントイリス」、獣神と呪術の国「ニシキ」、雪と鋼鉄の国「アイゼングラート」、深緑と魔法の国「ヴェルフォレット」、熱砂と蒼海の国「フレイマリン」という5つの大国から構成されるその大陸は、霧の中から出現するミストモンスターの脅威に晒されていた。

ミストレ_04

大陸を揺るがす忌まわしき霧「幻霧」に対抗すべく、5大国は連合軍を結成。彩雲神イリスの加護を受けた女性が霧を晴らす能力を得られることを知った各国は、大陸中から優秀な女性軍人を招集することを決意する。時を同じくして、イリスの神子たちが「霧と鉄道が密接な関係にある」という信託を受ける。

ミストレ_05

「イリスクラウド」には古代の鉄道が無数に広がっているのだが、列車を動かすには特殊な魔力が必要だと判明する。そこに現れたのが、彩雲の国セントイリスの軍人にして、男性唯一の神子である主人公だ。 かくして、主人公とトレインナイトたちの「特鉄隊」による、世界の霧を晴らす史上最大の作戦が幕を開けることとなる。

ミストレ_06

人気作家・日日日氏と川添枯美氏の強力タッグによるシナリオはまさに骨太の一言で、深みのあるストーリーラインは読む者の心を大いに揺さぶる。ただ一方で個性豊かなトレインナイトたちの煌びやかな魅力は、物語を暗くさせすぎない効果を生じさせており、総じてシリアスとコミカルがバランスよく含まれた王道の物語と評せる。

ミストレ_07

なおメインストーリーは、主要コンテンツに当たる「メインクエスト」を進めていくことで解放されていく。基本的にストーリーとバトルステージが交互になるように構成されているが、アドベンチャーパートだけをまとめて見返す「シアター」モードも完備されているので、バトルステージだけ先にこなしてしまって後でゆっくり物語を楽しむ、というのも一興だ。

戦略性と手軽さを兼ね備えたバトルパート

ミストレ_08

本作におけるストーリーへの注力ぶりをご理解頂けたところで、ここからはゲームのもう一つの肝である戦闘について解説していこう。『ミストトレインガールズ』のバトルは、5人パーティによるオーソドックスなコマンドバトルを採用している。アクション要素は一切なく、純粋に育成と戦略が全てを決める戦いだ。

ミストレ_09

バトルの基本的なルールは至極単純で、味方キャラクターのコマンドを選択して全ての敵を倒したらそのウェーブはクリア、全てのウェーブを突破したらステージクリアとなる。選べるコマンドに関してだが、各キャラクターは通常攻撃に加えて、SP(スキルポイント)を消費して所持スキルを発動することができる。

ミストレ_10

スキルの種類には単体攻撃や全体攻撃、味方の回復といった単純なものから、「縦一列に攻撃」といった位置関係が重要になるトリッキーなものまで千差万別。戦力で圧倒していれば適当に選んでも勝利できるが、拮抗している場合にはスキルの選択がそのまま勝敗に直結することは間違い無いだろう。

ミストレ_11

なお1ターンに2人以上のトレインナイトがスキルを選択すると、確率で「コネクト」が発生することがある。これが発生すると、攻撃が必中したり与えるダメージが増幅したりといいことばかり。ちなみにスキルポイントは毎ターン3Pずつ回復するため、それを頭に入れつつできる限りSPを余らせずフル活用したい所だ。

ミストレ_12

そして、バトルの見せ場といえば必殺技だ。最高レアのキャラのみが持つスペシャルスキル(SS)は、SPを消費しないで発動できることに加え、その威力は破壊的。何よりカットインで躍動する乙女には目を奪われることうけあいだ。なお、SSはSPを消費してチャージすることでさらに強力になるのだが、チャージ中は被ダメージ増&他行動ができないため、ハイリスクハイリターンな選択といえよう。

ミストレ_13

他にも発動することで様々なメリットがある「トランス」や、コマンドバトル好きには嬉しい「属性」の概念など様々な要素があり、戦略を練ろうと思えばいくらでも練れる奥深さがある。ただ安心してもらいたい。本作の美点として挙げられるのが、これだけの戦略性を有していながらオート機能に極めて優れていることである。

ミストレ_14

倍速・三倍速はもちろんのこと、使用させたいスキルによって「通常・制限・全力」など細やかな調整が可能なオート機能、そして一度クリアしたステージをスタミナが尽きるまで挑戦してくれる自動周回機能など至れり尽くせり。キャラ育成のため何度もバトルすることになる本作において、便利機能の充実はそのまま満足度に直結するのだ。

ミストレ_15

もちろん、オート戦闘がいついかなる時も万能というわけではなく、プレイヤーの操作と比較すればどうしても粗が目立つ部分もある。その意味で、マニュアル操作の意義は十分にあると言えるだろう。通常のプレイはオートで進めて、あと少しで勝てたのに…といった時に自分で操作するというのが、効率性とゲーム性を両立させたおすすめの付き合い方だ。

楽しみ方は無限大

ミストレ_16

ここで『ミストトレインガールズ』の楽しみ方について、もう少し深掘りしてみよう。まずRPGに欠かせない育成要素だが、こちらも本作は極めてやり込みがいのあるシステムとなっている。本作の育成において重要なのが「ベース」「レイヤー」というワードである。早い話が前者がキャラクターそのもの、後者が戦う力が込められた衣装と認識してもらえばOKだ。

ミストレ_17

本作ではその両方に育成要素が用意されている。具体的には、戦闘をこなしてベースのステータスを上げつつ、所持しているレイヤーにリソースを注ぎ込んで強化。「ベース能力×レイヤー補正値」の計算式でどんどんキャラが強くなっていくというわけだ。このシステムにより、新たなレイヤーを入手してもそれまでの育成が無駄にならないというのは非常に嬉しいところだ。

ミストレ_18_

なお、バトルで使用できるスキルはレイヤーと紐づいているのだが、本作ではレイヤーごとに修得するスキルに加えて別レイヤーのスキルを一つセットすることが可能だ。これは往年のRPGにおける「転職システム」にも大いに通ずるものであり、やり込みプレイヤーが切望する「自由度」を飛躍的に高めている。

ミストレ_19

もちろん、そうした育成の後には手強いモンスターたちが待ち構える。本作には3段階の難易度がある「メインクエスト」に加えて、報酬の旨みが際立つ「素材クエスト」、勲章を集めるとことで超強力な装備が入手できる「討伐任務」、己の限界に挑む「試練の塔」といった複数のバトルコンテンツが用意されており、育成をしたものの肝心の戦う相手がいないといった問題とは無縁だ。

ミストレ_20

「バトルもいいけど、トレインナイトたちの魅力をより知りたい!」という方には「キャラシナリオ」がおすすめだ。好感度にあたる「思い出ランク」を上げることで、そのキャラクターのストーリーが解放。メインでは描かれなかった新たな姿が垣間見える。また、期間限定の「イベントシナリオ」もあり、リリース後も世界はどんどん広がっていくことが容易に想像できた。

ミストレ_21

なおアプリ版は、現在配信中のPC版とのクロスセーブに対応しており、詳細は割愛させて頂くが“ブラウザでしか閲覧できないEXシナリオ”も用意されていたりする。出先ではアプリ版で戦闘や育成をこなしつつ、帰宅後は大きなモニターでシナリオを堪能するといった取り回しの良さも、実際に遊ぶ上ではとてもありがたい要素と言えるだろう。

『ミストトレインガールズ』先行プレイ感想

ミストレ_22

ここまでストーリーやバトルシステムの面白さに重きを置いて作品を紹介してきたが、そういった美点と同等かそれ以上に印象に残ったのが“テンポ感”であったということを最後に記しておきたい。そもそも「PCで好評を得ているゲームが、必ずしもスマホで受けるとは限らない」というのは、皆様も経験則としてご存知のことだろう。

ミストレ_23

根本の操作性が全く異なるデバイスにそのまま移植したところで、UIの面で歪みが出てくるのが当然であり、それはプレイヤーの不快感に直結してしまう。そして、だからこそ『ミストトレインガールズ』の触り心地の良さは際立って見える。三倍速や細やかなオート機能によってサクサク戦闘は進み、プレイヤーのテンポ感を阻害することはない。

ミストレ_24

作り込まれたキャラクターデザインや世界設定が、仕様一つでぶち壊されるといった例には枚挙がないスマホゲーム。スムーズにゲームが遊べるというのはそれすなわち、良質な作品であることの証左に他ならない。ブラウザ版で気になっていたけど何となく遊んでいなかった…というあなたも是非、アプリ版リリースを機に始めてみてはいかがだろうか。

『ミストトレインガールズ』事前登録情報

ミストレ_25

現在、アプリ版『ミストトレインガールズ』の事前登録が実施中だ。事前登録者数は15万人を突破しており、最大150連分のガチャ切符の配布が決定しているぞ。

事前登録のやり方

『ミストレ』の事前登録は、以下の方法で行うことができます。

google GooglePlayにて事前登録
apple AppStoreにて予約注文

【ミストレ】の事前登録はこちら

【ミストレ】事前登録特典一覧

事前登録者数 特典
5万人達成 5日間×10連ガチャ切符
10万人達成 10日間×10連ガチャ切符
15万人達成 15日間×10連ガチャ切符

『ミストトレインガールズ』基本情報

タイトル名 ミストトレインガールズ~霧の世界の車窓から~
配信予定日 【iOS/Android】
2021年9月9日配信予定
【PC(ブラウザ版) /DMM GAMESストア】
好評配信中
ジャンル ファンタジックレールRPG
価格 基本プレイ無料/アイテム課金制
対応機種 iOS/Android/PC(ブラウザ版) /DMM GAMESストア
会社 EXNOA
公式サイト 『ミストレ』公式サイト
公式Twitter 『ミストレ』公式アカウント
権利表記 ©️2020 EXNOA LLC / KMS,inc.

提供: EXNOA

関連記事