D4DJグルミク(Groovy Mix)に登場するホールドノーツの操作のコツを紹介しています!ホールドノーツが抜ける頻度を減らしてフルコンボを目指しましょう。

ノーツの種類と取り方まとめ

本記事の情報は、「D4U Edition」で確認できた情報になります。

ホールドノーツとは?

左右のターンテーブル専用のノーツのこと

D4DJ_ホールドノーツその1
ホールドノーツとは、スクラッチのレーンに降ってくる赤色のロングノーツのことです。ロングノーツ同様、終点までタップし続ける必要があります。ただし、スクラッチノーツとは違い、フリックする必要はありません。

離す必要はない

D4DJ_ホールドノーツその2
ホールドノーツは、ロングノーツと同様に終点で離す必要がなく、ずっと押しっぱなしで拾うことができます。また、連続でホールドノーツが降ってきたときは、一旦画面から指を離して再びタップし続けましょう。

スクラッチ以外の譜面が停止する

D4DJ_ホールド停止
ホールドノーツをタップし続けている間は、スクラッチ以外のすべての譜面の動きが停止します。画面のような状況では、ホールドノーツが終わったタイミングでスライドノーツが動き出します。

このように、タップノーツやスライドノーツが停止するため、攻略する際には同時押しの白線を意識することが大切になります。また、ホールド中でもスクラッチノーツ、ホールドノーツは停止せずに降ってくるため、見逃さないように注意しましょう。

ホールドノーツとロングノーツの同時押し

D4DJ_ホールド+ロング
ホールドノーツとロングノーツが同時に出てくるケースがあります。画面のようにロングノーツが少し短く見えますが、ホールドノーツによって譜面が止まっているため、実際はロングノーツの方が長いです。短いと勘違いして、指を離さないように注意しましょう。

ホールドノーツの注意点

初心者はバックスピンアシストを活用しよう

D4DJ_バックスピンアシスト
スクラッチノーツ同様、始めたばかりの人は「バックスピンアシスト」を使ってみましょう。ホールドノーツの譜面停止がなくなり、譜面を見やすくすることができます。また、高難易度の譜面のリズムを確認するときにも役立ちますので、ぜひ活用しましょう。

バックスピンアシストの注意点

「バックスピンアシスト」をONにしたままプレーしていると、フルコンボを達成したときに「アシストフルコンボ」となったり、ホールドノーツを取ったときのスコアが本来よりも下がりますので注意しましょう。

ホールドノーツの位置を覚えよう

D4DJ_ホールドノーツ注意2
ホールドノーツの特に難しいポイントは、ホールドノーツと同時に様々なノーツが降ってきたときです。特にタップノーツ、スクラッチノーツが同時に降ってくると、どのノーツから処理する必要があるのかを見極めていく必要があります。

そのためホールドノーツの降ってくる位置を覚えてしまうことが最大の攻略法となります。ホールドノーツによって停止する位置を暗記してしまえば、タップやスライド、スクラッチの処理に余裕を持つことができるようになります。

D4DJグルミク関連記事

リセマラ当たりランキング

AppMedia厳選ランキング