D4DJグルミク(Groovy Mix)に登場するスライドノーツの操作のコツを紹介しています!スライドが抜ける頻度を減らしてフルコンボを目指しましょう。

ノーツの種類と取り方まとめ

本記事の情報は、「D4U Edition」で確認できた情報になります。

スライドノーツとは?

スライダー専用の紫色のノーツのこと

D4DJ_スライドノーツとは
スライドノーツとは、タップノーツの判定ラインの下にあるスライダー専用の紫色のノーツです。スライドノーツは判定ラインと同じ位置にスライダーを動かすことで拾えます。

画面のようにスライドノーツがスライダーに触れているときは、つまみ本体や判定ライン付近をスライドすることでスライダーを動かすことができます。ノーツが降ってきていない場面では、つまみに触れない限りスライダーは動きません。

スライドノーツの判定位置

D4DJ_スライドノーツ放置
スライドノーツの判定は、ノーツ本体とスライダーが重なった時のみ判定されるため、画像のような紫色の線には判定が存在しません。そのためノーツ本体とスライダーを重ねることができていれば手を離してもコンボは途切れません。

ノーツを直接タップする必要はない

他のノーツとは違い、ノーツ本体をタップする必要はありません。焦らずに紫色のラインに沿ってスライダーを動かし、スライドノーツに合わせていきましょう。

また、スライダーを一切動かす必要のない譜面もあります。どのような軌道でスライドする必要があるのかを見極めて対応しましょう。万が一動かしてしまっても、次のノーツ本体に合わせることができればコンボが途切れることはありません。

特殊なスライドノーツ

D4DJ_スライドノーツ2
スライドノーツの中には、矢印がついたものが存在します。このノーツは矢印の方向に向かってフリックすることで拾うことができます。ただし、スクラッチノーツとは異なり、フリック方向は矢印の方向のみになりますので注意しましょう。

スライドノーツの注意点

他ノーツとの判定の重なりに注意

Screenshot_20200928-125707
譜面によっては、スライドノーツを動かしながらタップやスクラッチの操作を求められる譜面が存在します。タップやスクラッチを操作したつもりがスライダーを動かしてしまい、ミスに繋がることがあります。

もしもこのようなミスが多発してしまうならば、オプションの「ライブ設定」より判定モードを「分離」に設定しましょう。スライダーを直接触れない限り動くことがなくなりますので、操作は難しくなりますが精度をあげることができます。

「統合」と「分離」の違い

統合 分離
特徴 つまみを触らなくとも判定ライン付近でスライダーを動かせる。 つまみを触らないとスライダーが動かせない。
長所 初めてゲームに触れた人でも操作がしやすい。 つまみが他ノーツに反応することがないため、精度を出しやすい。
短所 他のノーツを操作したときにつまみが一緒に反応してしまうことがある。 慣れないと操作が難しい。
総評 初、中級者向き。リズムゲームに慣れていない人はこちら。 上級者向き。フルコンボやハイスコアを狙う人はこちら。

特殊なスライドノーツのテクニック

D4DJ_スライドノーツ3
特殊なスライドノーツの中にはタップノーツと重なったものが存在します。矢印の通りに動かそうとするとタップノーツとぶつかってしまいます。この場合、矢印の大きさ分だけスライダーを動かす必要がないため、タップノーツを拾いつつ、矢印方向に少しだけフリックすることで問題なく拾うことができます。

D4DJスライドノーツ連続
また、連続でスライドを求められる譜面も存在しますが、スライドノーツの判定がそこまでシビアでないため、指を離さずに矢印通りにスライドすることで問題なくコンボを繋げることができます。

D4DJグルミク関連記事

リセマラ当たりランキング

AppMedia厳選ランキング