ファイトリーグ攻略Wiki

ファイトリーグ(FIGHT LEAGUE)の攻略Wikiです。事前情報や配信日、またリリース後のリセマラランキングや最強ファイターランキングなど、ファイトリーグの最新情報をお届けします。

攻略情報一覧

  • ゲーム権利表記

  • ©XFLAG
    ※当サイトが掲載しているデータ、画像等の無断使用・無断転載は固くお断りしております。
AppMedia

記事

【ファイトリーグ】そらうみん氏によるBO3立ち回りの解説!

今度はアスクリ!
ヘッドライン最新情報まとめ
能力調整情報をチェック!
ナーフ・能力調整情報まとめ

ファイトリーグのそらうみん氏より、公式大会ルールBO3の立ち回りの考察を詳しく頂きました。リーグ攻略やデッキ作成の参考にしてみてください。

ブランド別デッキレシピ一覧
十八番街十八番街 GGGGGG アスリートクリーチャーズアスクリ
ジャスティスプロフェッショナルズJP トイズオブザデッドトイズ

▶︎「ブランド」の詳細についてはこちら

そらうみん氏によるBO3使用デッキの紹介

そらうみん氏使用GGGデッキ

gateway-2

構築は安定を求めたGGGデッキそのものです。リンの採用で、盤面を作りやすく、返しやすくなっています。

そらうみん氏使用JPデッキ

gateway-1

ホイップやノンノの採用により、リーダーやメンバーを守り自陣を埋める立ち回りを目指した構築になっています。

そらうみん氏使用ToDデッキ

gateway

かなり攻めよりに構築されています。守りは少年やクイーンに任せることが出来ます。

そらうみん氏のBO3の立ち回り解説

デッキを選んだ理由

BO3ルールを考えたデッキ選択

今回のTLAは予選からBo3でした。この点が、BO1が予選だった前回までのTLAと大きく違う部分だと思います。
ソロで出場する場合には、単射メインのブランドを確定で持って行かなければならないわけです。

そらうみん氏がTLAへ持ち込んだブランド
GGG JP トイ

▲単射ブランドをJPのみにした構成▲

タッグにも勝てる要素の「カウンター」

上記の点を踏まえ、各ブランドのマンパワーではさすがにタッグ相手には勝てないと思い、持ち込んだ3ブランドに「カウンター」という攻めのテーマを置いて戦っていました。
持っていく3ブランドにカウンター要素としてのファイターを確定で入れています。シャッフルシステムの仕様変更により、ある程度次の手札が読みやすくなった今、カウンター要素として採用しているファイターを上手く使用できるかどうかで勝率は大きく変わって来ると考えています。

カウンター要員のキャラクターは後ほど重要なファイター部分で紹介します。

BO3での戦い方

相手デッキの読み合いが大切

Bo3での戦いですから、どのブランドが来るかの読み合いが大事だと確信してます。そこから戦いは始まっていると言っても過言ではありません。

1本目に勝率の高い長射ブランドのGGGorトイズを使用し、勝った後に確実に勝てるよう相手のデッキ構築を覚えて、相手ファイターの配置にうまく刺さるブランドを2本目以降選択しました。

なので、1本目の勝率は高いわけではないです。ですが先に1本取ることが出来れば少し無理やりでも勝ちに行く選択ができるので、1本目を取れるに越した事はないでしょう。

処理、そして攻めのタイミングを考える

準決勝のタマピロ戦はまさに作戦勝ちでした。
例に出すとToyで勝った試合は「UFOクイーンを次のターン引く可能性が高い、だからハナちゃんは無視しよう」と思えました。
かなり深いのですが1戦目、ハナちゃんが場に残っているから縦埋めの安定を求め、3戦目もヨーコがいるからギリギリのカウントで攻めたくなったんだと思います。まさにカウンターデッキだからこそ出来た考えですね。

「次ターンにJ9もしくはデミーが来る。だからどちらが来てもいい準備を」といった次のターンに対するプランがある事が大切な立ち回りかもしれません。

BO3で勝つポイント

シャッフルシステムを読む能力があるとゲームを有利に進めることができます。

・1ブランドづつ見ると絶対ピリオド上位に残っている方のデッキの方が強いです。

・強いと言われていないブランドを使うことになっても、テーマを揃えて単純さを足せばBo3も難しく考えなくなり迷走はしなくなるかなと思ってます。

以上が2回勝つキーポイントです。

3デッキのキーファイター

各デッキごとのキーファイターを紹介します。先ほど書いた「カウンター」に重きを置いています。

GGGデッキのキーファイター

レアリティ アイコン/ファイター名 理由
S-min WewDWkWR8BxG20170816_2g第110番小隊 通信兵リン 今回タッグがTLA史上1番多い大会となりました。
タッグの殆どがアスリートクリーチャー、GGGを絡めた編成ですのでリンはかなり刺さると思って採用しました。
A-min medal_184_hp_off_mアジャスト・G・レンチ GGGの火力の源なので、単純に強く重要なファイターです。

JPのキーファイター

レアリティ アイコン/ファイター名 理由
US-min peP6UHUuEriV20170728_1c大魔法少女 ハーモニー JPが強いと言われない理由は処理能力が低いからと考えています。
それを踏まえ現環境のJPですとハーモニーが必須というおかしな状況なので、新しい環境に期待しています。
S-min fPwk2PRMCy6m20171212_2j聖夜の労働力 クリボッチン 自陣に配置する立ち回りが多めなJPですと、クリボッチンが出すメイリーフは3.5.6に確立的に出やすく、アドバンテージを取る上で重要なファイターです。1.4以外のメイリーフは全て強いと思っています。

ToDのキーファイター

レアリティ アイコン/ファイター名 理由
US-min s_medal_349_none_心揺さぶるUFOクイーン_l心揺さぶるUFOクイーン UFOクイーンは処理能力が高く、さらに相手の次のターンの動きに制限を与えます。2ターン分の働きがこのファイターで出来るのが強みです。
敵ファイターを誘い込む配置をUFOクイーンを引く前にしておくとかなり戦いやすいです。まさに獲物を誘い込む蜘蛛ですね。
S-min 反発する青い少年icon反発する青い少年 このデッキはUFOクイーン以外の処理キャラクターが少なめです。そこにクマちゃんやかぐわしが入っており、自傷のリスクを軽減する為に採用しています。

そらうみん氏BO3解説のまとめ

そらうみん氏のコメント

Bo3では負けない自信がありました!その自身の中にはたくさんの方々のアイデアやプレイング研究、悔しい思いの積み重ねがあったからです。

今回また一つ悔しい思いをしました。なので僕はまた一つ強くなることができます。次は嬉し涙を出せるよう頑張ります!

攻略班めーやのコメント

めーや

誰よりもファイトリーグに対して真剣なそらうみん氏の考えは非常に参考になりました!今後とも色々な考えをご教授頂きたいです!TLA、お疲れ様でした!

攻略班うめっちのコメント

うめっち

TLA、ファイトリーグに対する熱い思いを感じました!結果は惜しくも2位でしたが、予選から終始カッコ良かったです!!そらうみん最高っ!!

ファイトリーグ関連記事

ファイトリーグ関連動画

週刊ぷちファイ

週刊ぷちファイ

ファイトリーグ関連記事

ファイトリーグ攻略トップページファイトリーグ攻略トップページ
ランキング記事
worldリセマラランキング world最強デッキランキング
world最強リーダーランキング world全ファイター評価
最新情報記事
N8pzcR5V20180313_2aヘッドライン情報 N8pzcR5V20180313_2aアップデート情報
N8pzcR5V20180313_2aナーフ・能力調整 N8pzcR5V20180313_2a開催中のガチャ情報
ブランド別デッキレシピ一覧
十八番街-min_ファイトリーグ十八番街デッキ GGG-min_ファイトリーグGGGデッキ アスクリ-min_ファイトリーグアスクリデッキ
JP-min_ファイトリーグJPデッキ ToD-min_ファイトリーグToDデッキ タッグ_icon_ファイトリーグタッグデッキ
ブランド別ファイター覧
十八番街十八番街 GGGGGG アスリートクリーチャーズアスクリ
ジャスティスプロフェッショナルズJP トイズオブザデッドトイズ フリーランスフリーランス
各ブランドの対策と要注意ファイター
十八番街_対策_icon_ファイトリーグ十八番街 GGG_対策_icon_ファイトリーグGGG アスクリ_対策_icon_ファイトリーグアスクリ JP_対策_icon_ファイトリーグJP トイズ_対策_icon_ファイトリーグToD
レアリティ別ファイター一覧
US-minUS級 S-minS級 A-minA級 b-minB級
各種掲示板
fight-league_logo雑談掲示板 fight-league_logo質問掲示板
fight-league_logoフレンド募集 fight-league_logoガチャ報告
【楽しく利用するためのルール】
  • 他人に不快な思いをさせるような内容の書き込み
  • 外部サイトへの誘導・宣伝する内容の書き込み
  • アカウントの売買など金銭が絡む内容の書き込み
  • 各ゲームのネタバレを含む内容の書き込み
上記の書き込みを禁止とし、コメント削除や書き込み制限措置を行う可能性もありますのでご了承ください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

注目情報