ブルアカ_アイキャッチ+

2020年配信予定の新作アプリ『ブルーアーカイブ』のCBTプレイレポートをお届け。気になるゲームシステムや魅力を余すところなくご紹介!

※記事内容および画像は開発中のものです。仕様は予告なく変更される場合がございます。

どんな作品?

先行プレイ動画公開中!

ミリタリー感あふれる「学園×青春×物語RPG」

概要2

大ヒット作『アズールレーン』で一躍有名になり、今年1月にリリースした『アークナイツ』は早くも700万DLを突破するなど、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いのYostar。そんな彼らが、満を持して送り出す最新作が『ブルーアーカイブ -Blue Archive-』だ。

銃火器を持った美少女が多数登場する本作は、「学園×青春×物語RPG」がテーマ。この度Android版クローズドβテストが実施され、その詳細が明らかとなった。本稿ではCBTで作品を実際にプレイした筆者が、ベールに包まれてきたその内容について紹介していきたいと思う。

銃を背負った生徒たちと絆を紡ぐ物語

銃が当たり前の学園都市が舞台

シナリオ1

本作の舞台は、幾千の学園が連邦を形成し作られた超巨大学園都市「キヴォトス」。驚くべきことに、そこの住民は銃火器を日常的に持ち歩き、トラブルが絶えず起こっているという。

シナリオ2

キヴォトスの行政は「連邦生徒会」によって担われ、生徒会直属の機関である連邦捜査部「シャーレ」が問題を解決するため日々奔走している。この街に赴任してきた教師である主人公は、赴任早々シャーレの顧問となり、トラブル解決に粉骨砕身する。

銃が当たり前の学園都市が舞台

シナリオ3

ある日、シャーレの元へ「アビドス高等学校」の生徒から助けを求めるメールが届く。かつては最大最強の学園であったアビドス高等学校は、自治区内に広がる砂漠化が深刻化し、今や生徒はわずか5人にまで減少してしまっていた。

シナリオ4

巧みな指揮によって暴力組織を撃退した主人公は、なお学園が莫大な借金という大きな問題を抱えていることを知る。主人公は学園を立て直すため、生徒たちに協力することを決意。逆境を乗り越えながら、彼女たちとの交流を深めていくことになる。

お手軽で爽快感抜群のバトル

デフォルメキャラが銃火器で大暴れ!

バトル1

バトルは、デフォルメされたキャラクターたちが銃火器をぶっ放す、可愛らしくも爽快感あふれるものとなっている。戦闘は基本的にオートで行われ、自動で生徒たちが攻撃し続けてくれる。

スキル

各キャラは範囲攻撃や回復といった固有のスキルを持っている。時間経過で画面右下のコストゲージが溜まっていき、キャラアイコン左上の数字(※必要コスト)分消費することで、スキルを発動することができる。つまり戦闘中プレイヤーに要求されるのは、スキルの発動タイミングだけというわけだ。

ド派手なカットインが最高

カットイン

キャラ一人ひとりに用意されたスキル発動時のカットインは『ブルーアーカイブ』のバトルにおける最大の見せ場だ。内容はコミカルなものから凛々しいものまで様々で、そのド派手ぶりには思わず見惚れてしまう。

便利機能でさくさくクリアも可能

オート

ちなみに、スキルを自動発動してくれるオート機能やお馴染みの倍速機能も完備されており、操作に関するとっつきにくさは一切ない。キャラクターの可愛らしさに惹かれてプレイを始めた方でも安心して遊べるゲーム性となっている。

勝利の鍵はチーム編成にあり

部隊

本作はデッキ制を採用しており、バトルに出撃するメンバー及び後方支援するメンバーは、所持キャラクターのそれぞれの枠から自由に選択することができる。加えて本作には陣形の存在や、「貫通」や「軽装備」といった属性的な概念もあり、戦闘中のお手軽さとは対照的に戦略性は抜群だ。

遊びごたえ満点のコンテンツ

任務

SLGパート

メインコンテンツにあたる任務はステージ制となっており、ステージをクリアしていくことで後述のメインストーリーが解放されていく。1つのステージはSLGパートと戦闘パートを交互に行う形で進行する。SLGパートはターン制となっており、味方と敵が交代でキャラを動かす。同じマスに敵と味方が重なったら戦闘パートに移行するという、単に敵を倒して次に進むだけにとどまらない、戦略性の強いモードとなっている。

ストーリー

ストーリー

本作には多様な種類のストーリーが用意されている。本筋に当たる「メインストーリー」では、キヴォトスでの事件を臨場感たっぷりに描く。キャラ一人ひとりにスポットライトを当てた「サブストーリー」では、普段見られない生徒たちの平凡な日常が覗けるのが嬉しい。また今回は見られなかったが「アーカイブ」では、一緒に過ごした思い出が描かれるとのことだ。

各種バトルコンテンツ

特別依頼

もちろん、任務以外にもバトルコンテンツは盛りだくさん。「特別依頼」では経験値やゲーム内通貨を荒稼ぎできるし、「レイドバトル」における強大なボスとの総力戦はたまらない。 「戦術対抗戦」では他プレイヤーとの非同期PvPにより、ランキング上位を目指すという楽しさも味わえる。

システムまわりを見てみよう

育成要素

育成

各キャラクターはレベルアップだけでなく、「スキル成長」や「装備」といった複数の方法で育成ができる。さらに「リミット解放」をすれば、キャラのレアリティまでも上げることが可能だ。

スケジュール

スケジュール

交流を楽しみたい貴方には「スケジュール」がおすすめだ。生徒たちからのメッセージを確認したり、カフェでリラックスする彼女たちを垣間見れたりする。生徒との仲が深まれば、ここでしか観られない「絆イベント」も発生するとのこと!

生徒募集

キャラクターは基本的に生徒募集(ガチャ)で入手することになる。生徒が被った場合には「神名のカケラ」という非常に有用なアイテムが手に入るため、被りを恐れずに引ける仕様となっているのは嬉しいところだ。

ショップ

ショップ

ショップでは課金石を用いてレポート(育成素材)をはじめとしたアイテムが購入できるほか、神名のカケラと交換でリミット解放に必要な「神名文字」を入手することも可能となっている。

CBT感想

まとめ

ここまでの画像をご覧いただければ分かる通り、作品全体から溢れんばかりの「爽やかさ」が強く印象に残るCBTだった。美少女キャラクターたちが多数登場する本作ではあるが、艶かしさなどは微塵も感じさせず、そこには一生懸命さがあるばかり。

可愛らしいキャラデザインとミリタリーとのギャップが目を惹く本作だが、プレイをすればするほど銃とはあくまでテーマの一つでしかないことに気付く。ただただ純粋に彼女たちの「青春」を応援したいと思わせる、そんな魅力が『ブルーアーカイブ』には確かにあった。

『ブルーアーカイブ -Blue Archive-』の基本情報

アプリタイトル ブルーアーカイブ -Blue Archive-
配信日 2020年配信予定
ジャンル 日常で奇跡を見つけるRPG
対応OS iOS/Android
価格 基本プレイ無料/アイテム課金制
会社 Yostar
公式サイト 『ブルーアーカイブ -Blue Archive-』公式サイト
公式Twitter 『ブルーアーカイブ -Blue Archive-』公式アカウント

©2020 Yostar, Inc. All Rights Reserved.
※記事内容および画像は開発中のものです。仕様は予告なく変更される場合がございます。

関連記事