Switch廉価版5選_アイキャッチ

Nintendo Switchで楽しめる、おすすめ「廉価版」タイトル5選を紹介しています。ゲームタイトルはもちろん、各作品の魅力についても掲載しておりますので、ぜひご覧ください。

はじめに

Nintendo Switch

2月に入り、ますます寒さが厳しい今日この頃。外に出るのが億劫になってくるこの季節こそ、オールシーズンで全く変わらない面白さが味わえるテレビゲームの強みが際立つ季節…と筆者は勝手に考えたりしています。こたつにもぐりながらぬくぬくとゲーム、最高ですよね!

さて、おそらくこの記事を開いた皆さんは、『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』や『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』といったNintendo Switchの定番タイトルは既にご存知のことかと思います。こうしたソフトはその価格から「フルプライス」とも呼ばれ、税込6000~9000円程度の高価格ながらも、(例外はあるものの)それに見合うだけのボリュームを有しています。

開発費というものがある以上当たり前ではありますが、作品の価格とボリュームは緩やかな相関関係にあります。ですが、高いお金を出さないと上質な体験を得ることが出来ないのか、というと決してそうではありません。出費を抑えながら、フルプライスと同等の体験が楽しみたいという欲張りな貴方にオススメしたいのが「廉価版」です。

廉価版とは文字通り「値段が安くなった版」のソフトのことで、オリジナル版のリリースから大体1~2年後に発売されることが殆どです。中身は一切、オリジナル版と変わらない(どころかDLC全部入りのものさえある)ため、お財布への優しさといったらありません。そこで本稿では、そんな廉価版にスポットライトを当て、コストパフォーマンスに優れた5つの作品をご紹介したいと思います。

〔新価格版〕ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S

〔新価格版〕ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S

オリジナル版(ゴージャスVer.) メーカー希望小売価格 9,980円(税別)
廉価版 メーカー希望小売価格 4,980円(税別)

堀井雄二氏が生んだ、日本におけるロールプレイングゲームの“始祖”である「ドラゴンクエスト」シリーズ。ナンバリング最新作『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』は、王道の物語とオールドスタイルのバトルという不変のゲーム性にありながら、今だからこそ実現した美麗グラフィックで広大な世界を描ききり、日本だけでなく世界中から高い評価を受けました。

そんなドラクエ11のNintendo Switch版である本作は、仲間たちの新ストーリーや、ナンバリング初となるキャラクターボイス、3Dモードと2Dモードの切り替え、臨場感あふれるオーケストラ音源など様々な追加要素を収録。ゲーム本編では描かれなかった書き下ろしのシナリオが楽しめるボイスシナリオまでもが収録されており、まさに完全版と呼ぶに相応しいタイトルとなっています。

ご購入はこちら

〔新価格版〕ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島

〔新価格版〕ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島

オリジナル版 メーカー希望小売価格 7,800円(税別)
廉価版 メーカー希望小売価格 4,980円(税別)

ゲームにおけるボリュームと一口に言っても、色々な切り口があるかと思います。ストーリーが長い、クエストが多い、やり込み要素が豊富などなど。しかし単純に「長い時間遊べる」という意味で捉えるなら、本作に勝る作品は中々ないでしょう。ブロックメイクRPG『ドラゴンクエストビルダーズ2』は、世界を救う大冒険と砂場遊びのようなモノづくりが同時に楽しめる、「プレイ時間:無限」と言っても過言ではないタイトルです。

ブロックでモノづくりをする作品は他にもありますが、本作の強みはズバリ「ドラクエであること」。本編に勝るとも劣らない骨太な物語が用意されており、それを進めるだけでクラフトが上達していく巧みなゲームデザインとなっています。広大な本拠地「からっぽ島」では気の向くまま自由に建築できるほか、本作から新たにマルチプレイも導入されており、システム面においても大幅な進化を感じさせる作品です。

ご購入はこちら

バイオハザード リベレーションズ コレクション Best Price

バイオハザード リベレーションズ コレクション Best Price

オリジナル版 メーカー希望小売価格 4,990円(税別)
廉価版 メーカー希望小売価格 3,990円(税別)

「廉価版」×「2本入り」 という、小学生でもわかる“コスパの方程式”を現実のものとしたのが『バイオハザード リベレーションズ コレクション Best Price』です。本作には「バイオハザード」本編の合間に起きた出来事を描いた『リベレーション』の1と2が両方入っているだけでなく、エクストラエピソードをはじめとした追加コンテンツまでもが完全収録されています。

バトルアクションとしての側面が色濃くなってきたバイオにおいて「原点回帰」をテーマとして制作された本シリーズは、豪華客船や絶海の孤島という絶望的状況の中での脱出劇を描き、そのクオリティも高く評価されています。限られた弾数の中でいかに生き延びるかというプレイフィールは、どこかの洋館での体験そのもの。同時収録されたレイドモードではハクスラ的楽しさも味わえるなど、ソフト自体が“化け物”じみた作品となっています。

ご購入はこちら

ひぐらしのなく頃に奉 EG THE BEST

ひぐらしのなく頃に奉 EG THE BEST

オリジナル版 メーカー希望小売価格 7,980円(税別)
廉価版 メーカー希望小売価格 3,980円(税別)

昨年10月より新作アニメ『ひぐらしのなく頃に業』が放送されるなど、誕生から18年の時を経てなお、その勢いはとどまることを知らない『ひぐらしのなく頃に』。寒村で起こる連続怪死・失踪事件を「出題編」「解答編」の各4編に渡り描いた本作は、その複雑に入り組んだシナリオと魅力的なキャラクターにより、多くの熱狂的なファンを生み出しました。

本作『ひぐらしのなく頃に奉』は、そんな「ひぐらし」を外伝を含めて23シナリオも収録した決定版的作品です。基本的に「読み進めるだけ」という性格上、テキストADVはそこまでプレイ時間が長くならない傾向にありますが、本作は驚愕の200時間超。この1点だけを見ても、18年という長い年月の中でいかに「ひぐらしワールド」が広がってきたかが判ります。なかなか遠出が難しい今のご時世だからこそ、週末休みにはゆっくり雛見沢村で過ごしてみては如何でしょうか。

ご購入はこちら

スーパーボンバーマン R スマイル プライス コレクション

スーパーボンバーマン R スマイル プライス コレクション

オリジナル版 メーカー希望小売価格 4,980円(税別)
廉価版 メーカー希望小売価格 2,760円(税別)

ここまで「超重量級」とでも呼ぶべき、暴力的なまでのボリュームを誇る作品ばかりを紹介してきましたが、脂物ばかりを食べていると胃もたれしてしまうのと同様に、たまにはサクッと遊べるライトなゲームも挟みたいもの。最後に、そんなさっぱりとした作品をお探しの方向けに『スーパーボンバーマンR』をご紹介したいと思います。

「マス目状のマップに爆弾を置いて敵を吹っ飛ばす」という、もはや説明不要のゲーム性が病みつきになるボンバーマン。本作ではインターネットで世界中のプレイヤーと対戦できるほか、全50面以上のステージを攻略する「ストーリーモード」、2チームに分かれて得点を競い合う「グランプリ」も収録されており、思う存分ボンバーマンを楽しめます。

ご購入はこちら

おわりに

おわりに

「面白いゲームソフトを探そう!」と、ネット通販サイトの人気ランキングに目を通してみると、そこに並んでいるのは「新作」か「ミリオン超えのド定番作品」のどちらかであることが殆どです。これはメディア露出に関しても同様で、旧作のタイトルというのは(ゲームに限らず当然ではありますが)日の目を見る機会はそう多くありません。

しかし発売が数年前だろうと、面白いゲームは面白いことに変わりありません。そんな過去の名作を手ごろな値段で楽しめる廉価版の発売は、例えるなら大人気小説の文庫化のような位置付けと言えるでしょう。玉石混交の基本無料ゲームが市場を席巻する中で、変わらず高クオリティと低価格を両立し続ける「廉価版」は、ゲーム業界を縁の下で支える影の主役なのかもしれません。

新作ゲームソフト関連リンク

ゲームソフト発売日カレンダー

おすすめの新作ソフトを動画で紹介

2021年注目Switchソフト 2020年注目プレステゲーム
2021年注目のSwitchソフト 2021年注目のPSソフト

AppMedia厳選ランキング