2019年6月30日、都内にておこなわれたリネージュ2レボリューション(リネレボ)における血盟王者を決めるイベント『LRT 血盟王者決定戦 SEASON3 FINAL』に取材として参加させていただきました。また本イベントは東京、大阪、名古屋の3会場でのパブリックビューイングも実施され、そちらの様子もまとめておりますので、ぜひチェックしてみてください。

『LRT 血盟王者決定戦 SEASON3 FINAL』を現地取材!

『LRT 血盟王者決定戦 SEASON3』の概要

血盟王者決定戦_0702
『LRT 血盟王者決定戦 SEASON3』は全サーバーから、過去最大の128血盟が参加。

大会特別ルールの【要塞戦】にて、2019年6月8日から順次トナーメント戦を行い、2019年6月30日におこなわれた決勝トナーメントには、「Bianco」、「Walts」、「ぱんどら」、「Vertex」の4血盟が駒を進めた。

要塞戦とは

血盟王者決定要塞戦_0702
血盟同士が要塞を賭けて戦う大規模なPvPモード。本大会では30人vs30人、制限時間30分の特別ルール。

MAP詳細と勝利条件

血盟王者決定要塞戦MAP_0702
本MAPについて、解説のS嶋氏は「勝敗を左右するのは、マップ中央の自陣側と敵陣側に一つずつある強化の祭壇。このオブジェクトに15秒間手をかざすことで、祭壇を3分確保でき、その間強力な攻撃バフがかかる。そのため、序盤から終盤までこの祭壇の攻防を意識的にみるとより楽しめる」と語られた。

【勝利条件】
1、聖物の刻印に成功した血盟が勝利
2、聖物の刻印の累積時間が長い血盟が勝利
3、キル数が多い血盟が勝利
4、上記条件が同じ場合は、血盟員の戦闘力上位30人の合計戦闘力の低い血盟が勝利(5/22メンテ時点)

報酬内容一覧

血盟王者決定戦報酬_0702
優勝の報酬はシーズンを重ねるごとに豪華に!!

パブリックビューイング会場の雰囲気

本イベントは東京、大阪、名古屋の3会場でのパブリックビューイングも実施しているとのことで…トーナメント会場の近くにあるという東京会場「スリーモンキーズカフェ秋葉原店」に潜入!

IMG_4479 IMG_4480
参加者同士で語り合えるテーブル席 飲み放題のバーカウンター
IMG_4477 IMG_4478
とても美味しそう…おなか減ってきた。。

会場は100名弱が入れる広さ。ビュッフェ形式でドリンクや食べ物が提供され、プロジェクターによる大画面、各所に設置されたモニターで生配信の様子を見ることができる模様だ。

ベスト4血盟紹介

ワルツ ビアンコ
「Walts」
血盟主:はーりー選手
「Bianco」
血盟主:masaki選手
ぱんどら バーテクス
「ぱんどら」
血盟主:タコタコ選手
「Vertex」
血盟主:りゅみ選手

準決勝1回戦 「Walts」vs「Bianco」

解説のS嶋氏曰く、血盟員の合計戦闘力はやや「Bianco」側が高いものの、戦力的には「五分」とのこと。

開始早々に「強化の祭壇」周りの攻防からはじまり、両血盟とも自陣側の祭壇を確保したことで互角の展開が続く。

血盟戦1▲累積刻印時間は「Waltz」が優勢だが、キル数は「Bianco」が優勢といった互角の展開。

しばらく互角の熱い攻防が続いたが、中盤(残り時間15分ごろ)に両祭壇を獲得した「Waltz」が聖物に刻印をして激戦を勝利した。

準決勝2回戦 「ぱんどら」vs「Vertex」

血盟員合計の戦闘力でみると「Vertex」が優勢。この戦闘力差を「ぱんどら」がどういった戦略で覆しを狙うのかが見どころとなるだろうと解説のS嶋氏は語る。また、各チームの特徴として「ぱんどら」は弓職が少なく、近接職業が多い。近接職を多くすることで集団戦の圧力(突破力による素早い展開)を狙っていくようだ。対して「Vertex」は職業バランスが良く、相手の戦術・戦略に合わせて柔軟に対応できる布陣。

開始直後、「パンドラ」が西側に特攻するも「Vertex」がすぐさま対応。「Vertex」はそのまま大地の祭壇(自陣)を獲得し先手を取った。

血盟戦2▲開始わずか3分で両方の祭壇を獲得した「Vertex」。

「Vertex」はそのまま安定した防衛で両祭壇を押さえ続け、刻印の累積時間とキル数を積み、見事勝利した。「ぱんどら」も逆転のチャンスを掴むべく奇襲を試みていたようだが、それをさせない「進撃のVertex(Vertexの攻め)」が凄い。。。

3位決定戦 「Bianco」vs「ぱんどら」

3位決定戦は先ほどの戦いで惜しくも敗れてしまった同士(「Bianco」と「ぱんどら」)での対戦。

開始直後、両チームとも自陣側の祭壇の確保に走り、これを確保。スタートは互角の展開となりました。その後「Bianco」がベスト8戦で見せた勝ちパターンの一つである左右の相手城門を開け、東西の両方から攻められる体制を構築。
また、「Bianco」の血盟主であるmasaki選手は敵陣刻印すると見せかけ、相手にスキルを打たせた後に意気揚々と戻るというテクニックプレーを見せてくれた。

3位決定戦1 3位決定戦2
「ぱんどら」の全突を防衛した「Bianco」 カウンターで「ぱんどら」側の祭壇を奪取

中盤(残り時間19分)に「ぱんどら」がほぼ全員で敵陣地に攻撃を仕掛けてきたのを「Bianco」が防衛し、そのままカウンターで「ぱんどら」側の祭壇に圧力をかけ奪取した。

「Bianco」は二つの祭壇を確保したことで50%攻撃バフの有利を得て、そのまま聖物の刻印を決めて勝利した。

決勝戦 「Walts」vs「Vertex」

決勝戦は3戦中2勝した段階で勝利が決まるルールでおこなわれる。

第1試合

開始直後、「Vertex」が自陣の祭壇を確保しつつ、同時に「Walts」側の祭壇を狙う動きを見せたが、「Walts」がこれを防衛し、両血盟とも自陣の祭壇を確保する形でスタート。しかし、序盤から「Vertex」が集団戦における高い統率力を魅せ、キル数でも2倍近い差をつけた。

残り15分時点で「Vertex」が「Walts」側の祭壇を奪取。その後も「Vertex」は両祭壇を獲得し続ける戦略を展開し、「Walts」は苦しい展開が続きました。

決勝戦1▲怒涛の攻めでキル数、刻印累計時間数も圧倒的な差をつけた「Vertex」

「Vertex」はそのまま怒涛の攻めを見せつけ、残り18分時点に聖物の刻印を決めて1回戦目を勝利した。

1回戦目の振り返りでは「Vertex」について、解説のS嶋氏が「挟みこみような防衛が見事だった」「対処の仕方が凄く綺麗」と絶賛。

第2試合

1試合目と同様に、「Vertex」が先制して自陣側の祭壇を確保。1バフを受けた勢いのまま「Walts」側の祭壇にも攻め入り、開始早々に「Vertex」が両祭壇を獲得。

「Vertex」の素早い防衛に「Walts」は攻めの展開が作れない状況が続きました。

残り時間23分時点で西の城門を攻めていた「Vertex」メンバーが東に合流し人数差を作り東城門を突破。途中、両祭壇が空く状況もありましたが、「Vertex」が圧倒的な統率力で再び両祭壇を獲得した。

「Waltz」は聖物の刻印を残り1秒の所でカットするという粘りをみせたが、最後は「Vertex」が刻印を決め優勝を飾りました。

優勝
▲「ぱんどら」「Waltz」を下し、見事優勝を決めた「Vertex」。

4血盟インタビュー

本イベント終了後に決勝トーナメントを参加した4血盟にインタビューすることができた。

第4位:「ぱんどら」

P1120326
左から「☆Star_豆☆」さん、「とと☆@(とと)」さん、「ケルト」さん

Q1.次の大会へ向けてのどのような取り組みをされる予定ですか?(4GEMER様の質問)
今回の戦いでやっぱり戦闘力の差が如実に出たかな、というのが一番の印象です。戦術的にはまだ細かい動きは詰められると思うのですが、やっぱり大戦闘力の差は大きいですね…今後は外交というか、うちに来てくれる人を探す(スカウト)することが大切かなと思います。

Q2.SEASON3の練習から決勝まで、印象に残っていることはありますか?(AppBank様の質問)
保有するだけで戦闘力があがる「アガシオン」が実装されたことで、課金できる人とできない人の戦闘力差が大きく開いた印象です。全ユーザーが平等というわけにはいかないかと思いますが、戦闘力差を広げる部分については、課金もそうですが、他にイベントなり、なにかシステムを作ってもらえたら、うちとしては嬉しかったかなぁ~と思います。

Q3.血盟を運営していく中でモチベーションを保つ・上げるために意識してきたことはありますか?(AppMediaの質問)
リリース当初からある血盟で、血盟方針というのが最初から現在に至るまでブレずに運営しております。そのため、戦争とかする面でもイン率がみんな高いです。また、毎日何十人も繋がって会話しているので、モチベーションという部分ではみんな維持してここまで来れていると思います。

第3位:「Bianco」

P1120330
左から「PinkCat(ピンクキャット)」さん、「ぴい」さん、「いず(イズ)」さん

Q1.次の大会へ向けてのどのような取り組みをされる予定ですか?(4GEMER様の質問)
次の大会までに、サーバー移動がおそらくあると思いますので、その際にはTwitterなどでメンバー募集をしていけたらなと思います。

Q2.SEASON3の練習から決勝まで、印象に残っていることはありますか?(AppBank様の質問)
元々同じ血盟・サーバーじゃないメンバーが割と多いのに加えて、過去に在籍していた方や必要な職の方を集めたりしてきましたので、戦い方がだいぶ変わってきた。

その中で、ハイネスというサーバーがすごい過密になり、周りがすごい強豪という状況で今まで戦ったことのない戦術を知ることができ、日頃からアツい戦いをさせていただいていたのが印象に残っています。

Q3.血盟を運営していく中でモチベーションを保つ・上げるために意識してきたことはありますか?(AppMediaの質問)
LRTの本番直前までNBGというNero、Bianco、Grigioの3血盟を運営しており、その3つを同じぐらいの強さになるようにチーム分け、日々切磋琢磨して練習、本番のタイミングで移籍してといった感じの運営体制をおこなっております。周りが同じぐらいの強さなので、それがモチベーションを上げるいい方向になったかと思います。

準優勝:「Waltz」

P1120333
左から「Y2J.」さん、「Mizzle(ミズル)」さん、「BraNdish(ブランディッシュ)」さん

Q1.次の大会へ向けてのどのような取り組みをされる予定ですか?(4GEMER様の質問)
新しい仕様がどうなるのか…ですね。新しい種族も来ますので。出るかどうかは今後の血盟内での話し合いなんですが、出るとしたらその辺から準備しておく必要があるかと。決勝ではかなりの壁を感じたので、大会前だけじゃなく、もっと前から準備して、頑張るなら頑張っていきたいなと思います。

Q2.SEASON3の練習から決勝まで、印象に残っていることはありますか?(AppBank様の質問)
本大会の前の大会で、「ぱんどら」血盟さんと対戦したんですけれども、カウンターで負けてしまいまして…そこからカウンター対策もおこない、戦闘力的に勝っているぶん、セーフティにプレイできたかなと。その負けがかなり僕たちを強くしてくれたと考えておりますので印象的です。

Q3.本大会に向けて特別に準備したことはありますか?(AppMediaの質問)
パーティを5人ずつで組んでいくゲームということもあり、5人ずつしっかりスキルを合わせたり、5人ごとの連携を複数作った。うちは固まって動くというよりは、少数の塊がいくつもあるような血盟なので、その塊の連携を作ることを強みにする方向で練習しました。

優勝:「Vertex」

P1120336
左から「ちゃっぴぃ@(チャッピィ)」さん、「リスター」さん、「ライジンパンチ」さん

Q1.次の大会へ向けての意気込み等ありますか?(4GEMER様の質問)
個人的に言えば、1回目も優勝できて、3回目も優勝できたので、とりあえず満足かな、と思っているんですけれど。血盟全体としては、まだ今後のことは考えられないです。

第4回のLRTに関しては、もう少しゆっくり考えてから、出るか出ないかを決めさせていただきたいと思っています。ただ、とても楽しいゲームなので、今後も続けていきたいなと思っています。

Q2.SEASON3の練習から決勝まで、印象に残っていることはありますか?(AppBank様の質問)
決勝トーナメントが、因縁とお世話になっている思い入れのある血盟さんが多かったので、トーナメントの組み合わせのくじ引きの時、いろんな複雑な思いがありましたね。決勝戦の「Waltz」さんには2回負けていて、泣くほど悔しかったです。その悔しい思いでスタートして、今回勝てたというのは、一番印象に残りました。

Q3.本大会に向けて特別に準備したことはありますか?(AppMediaの質問)
本大会にフルパワーを出してもらいたいなぁ~という思いがあり、血盟員のモチベーションには気を使いました。

前回のLRTから今日まで半年ぐらいありましたが、その間、チームを抜けるという血盟員が出たりして、それを阻止しようとみんなで地方まで行ったりと(笑)。また、強い人をスカウトするために大阪まで行って一緒にお酒を飲んでスカウトしたりとか。そこまでやってきたおかげで、本大会を最高の状態で迎えられたかなと。

また、モチベーション以外には血盟員のプレイング向上にも力を入れてきました。

『リネレボ』の要塞戦は30人というものすごい人数でプレイするので、メンバーそれぞれゲームのうまさが違うんですよね。今回、そこを全員うまくするということで、練習の時の動画を録って、全血盟員に共有。その人の「ここが悪かった」とか、「ここを直したほうがいい」といったことを、1回10分〜20分の試合に対して3〜4時間かけて議論しながら修正を入れて、全員のうまさを引き上げた結果が、今回の統率力(集団戦の精度)の高さにつながっていったのかなと。

アップデート情報が公開!

準決勝2戦目終了後のインターバル、運営プロデューサーの山下氏が7月、8月のアップデート情報知らせるために登場した。

新イベント「Alice in Wonderland」7月5日のアップデートで実装!

アリス
会場では公式トレーラー映像とコンテンツ紹介映像が公開された。
▼「Alice in Wonderland ~トレーラームービー~」
https://youtu.be/oBTMaUgdNME

▼「Alice in Wonderland」のコンテンツ紹介映像
https://youtu.be/1QX2HVOROKg

日課の改善

日課
日課に費やす時間を短縮できるようになり、より快適なプレイが可能!様々な戦略・戦術に対応できるように複数の職業を育成することが必要なリネレボでは大変うれしいアップデートだ!

山下氏は日課について、「今後もユーザー様の意見も取り入れつつ、改善を務めていきたい」とコメントした。

リネレボ初の公式女子会の実施

女子会

遂にカマエル実装!時期は8月を予定!

カマエル
8月は「リネレボ」が2周年となる月。会場では一部の映像が公開され、新種族「カマエル」が登場することが明らかになりました。

プロデューサーの山下氏はリネレボ2周年について、「”ゲームを作り変える”ぐらいの意識で様々な準備をしている」とコメントした。

アプリ概要

タイトル名 リネージュ2:レボリューション
ジャンル MMORPG
対応OS iOS/Android
サービス提供 Netmarble Corporation
公式サイト https://l2.netmarble.jp/
公式ツイッター https://twitter.com/Line2Revo

ダウンロード先

btn_google btn_app

おすすめゲームランキング
  • FFBE幻影戦争 WAR OF THE VISIONS
    【FFシリーズ最新作】2人の王子と鉄の美姫―『 幻影戦争 』と呼ばれる物語が、今はじまる
    配信中
  • 大軍師
    【インストール不要】有名な三国武将たちが多数登場し、本格派のSLG体験を得られる硬派な作品
    配信中
  • メルヘン・オブ・ライト
    【新作スマホゲーム】ちょいと策を練ろう、後は時間に任せよう!放置系RPG!
    配信中
  • コード:ドラゴンブラッド
    【超大作MMORPG】RPGの近未来が、やって来る!近未来感溢れる世界を自由に駆け巡り、Cyber Tokyoを遊びつく...
    配信中
  • 絵師神の絆
    【本格RPG】手塚治虫作品のキャラクターがまさかの美少女化!
    配信中