パズドラ攻略Wiki

ガンホーが提供するパズルRPG「パズドラ(パズル&ドラゴンズ)」の攻略Wikiです。最新のテンプレパーティーやモンスター情報、おすすめの最強リーダーなどパズドラがより一層楽しくなる情報を紹介しています。

Twitter

AppMedia

記事

【パズドラ】ディアデムのテンプレパーティ(ディアデムパ)

パズドラにおけるディアデム(刻滅機導龍・ディアデム)のテンプレパーティやステータスを紹介しています。ディアデムの無課金テンプレパーティも紹介しているので、無課金の方もパーティ構成の参考にしてください。

ディアデムパ目次

    ディアデムのテンプレパーティ(ディアデムパ)

    ディアデムシステムパーティ

    s_ディアデムs_ディアデムs_ディアデム12072128s_ディアデム

    LF 刻滅機導龍・ディアデム
    S 刻滅機導龍・ディアデム
    S 刻滅機導龍・ディアデム
    S 五機龍融合・デモンハダル
    S 闇の機神将・ハイスフェルゼン

    このディアデムパの使い方

    毎ターンディアデムのスキルが使えるため毎ターン最大倍率を出すことができます。
    また防御要員として最近究極進化したハイスフェルゼン、ドロップ強化要員としてデモンハダルを編成しています。

    サブ候補

    ※モンスターのアイコンをタップすると詳しい評価へ飛びます。

    モンスター 理由
    new_704 カヲル&Mark.06
    回復要員および属性強化要員として使えるでしょう。

    無課金パーティ

    s_ディアデム2128212812071207s_ディアデム

     

    LF 刻滅機導龍・ディアデム
    S 闇の機神将・ハイスフェルゼン
    S 闇の機神将・ハイスフェルゼン
    S 五機龍融合・デモンハダル
    S 五機龍融合・デモンハダル

    このディアデムパの使い方

    ハイスフェルゼンのアマブレループでダメージを押さえつつ、デモンハダルのドロップ強化で火力を出すという形のパーティです。

    あくまで無課金で作るならという編成ですが、現状マシンタイプが少ないためあまり有用なパーティが作れないのが実情でしょう。

    闇属性に倍率がかかるリーダーにディアデムをサブとして入れる方がいいですね。

    【各種リンクはこちら】
    ▶︎パズドラリセマラランキングはこちら

    ▶︎パズドラ降臨ランキングはこちら

    ▶︎パズドラ最強ランキングはこちら

    刻滅機導龍・ディアデム

    s_ディアデム

    モンスター名 刻滅機導龍・ディアデム
    レア度 ☆5
    属性 闇/闇
    タイプ マシン/ドラゴン
    コスト 20
    最大レベル 99
    スキル
    ファントムチャージ
    最上段横一列を闇ドロップに変化。
    自分以外の味方スキルが1ターン溜まる。
    ターン数(13/8)
    覚醒スキル
    バインド耐性
    バインド耐性
    スキルブースト
    闇属性強化
    闇属性強化

    刻滅機導龍・ディアデムの評価

    リーダースキル

    スキルを使ったターン、闇属性のマシンタイプの攻撃力が9倍になり、また常時回復力が4倍になるというリーダースキルです。

    倍率自体はよく、ディアデム4体でシステムを組めれば毎ターンスキルを発動することも難しくないのですが、いかんせんマシンタイプが現状少なすぎますね。

    スキル

    今流行りのヘイスト効果を付けた、最上段横1列の変換です。パーティ内に4体ディアデムを並べれば、毎ターン使用が可能なので強いスキルですね。

    刻滅機導龍・ディアデムの総合評価

    リーダーとして使う場合、システムを組んだとしても残り2枠に悩むところです。
    とはいえノーマルダンジョンの周回などではシステムとしての力を発揮してくれるでしょう。

    サブとしてはパンドラのサブに4体並べたりするといいと思います。
    毎ターン最低9倍以上の火力を出すことができ、最高倍率はディアデムリーダーよりも高いのでこちらのほうが使いやすいかと思います。

    今後強力なマシンタイプモンスターが増えてくることに期待しましょう!

【楽しく利用するためのルール】
  • 他人に不快な思いをさせるような内容の書き込み
  • 外部サイトへの誘導・宣伝する内容の書き込み
  • アカウントの売買など金銭が絡む内容の書き込み
  • 各ゲームのネタバレを含む内容の書き込み
上記の書き込みを禁止とし、コメント削除や書き込み制限措置を行う可能性もありますのでご了承ください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

注目情報