AppMedia

記事

新型iphone6とiPhone5sを比較してみた!違いと魅力を解説!

つい先日、2014年9月19日に「iPhone6・iPhone6 Plus」が発売されました!

相変わらずの行列で人気が出ていますが、いち早く手に入れた方もいるでしょう。

新型iphone6とiPhone5sを比較し、違いと魅力をまとめていきます。

◆iPhone6/6Plus

1
特にユーザーに振れやすい点をピックアップしてご紹介いたします。今回は変更されたもの・向上されたものが多いので注目です。

iPhone5と違う点

・RetinaHDディスプレイへと進化し、より綺麗に
・また厚みがなくなってスタイリッシュに!角も丸く!
・画面サイズが6は4.7インチ、6Plusは5.5インチ(5s:4インチ)
・64bitアーキテクチャ搭載A8チップを内蔵
・M7からM8モーションコプロセッサへ
・新しいiSightカメラ
・パワーアップしたオートフォーカス・顔検出・パノラマ
・フレームレートが上がり、より綺麗な動画撮影可能
・ビデオ撮影中の連続オートフォーカス
・ビデオの手ぶれ補正も向上
・バッテリーの持ちもアップ!
・容量128GBの追加!

見た目が大きく変わりました!よりスタイリッシュでシンプルなイメージです。

カラーは、スペースグレイ・シルバー・ゴールドの3種類で、iPhone5Sと同じくなっています。
キャプチャ
<左から6Plus:ゴールド、6:シルバー、5S:スペースグレイ>

コネクタは、iPhone5から使用されているLighningを使用することができます。付属のヘッドフォンも同じ型のものになります。

従来の指紋認証も搭載しているので、AppStoreでのアプリインストールもはかどりますね!

電源ボタンは、上部から右側へと移動しています。画面が大きくなっているので側部の方が押しやすいですね。

カメラ関係の向上が多く見て取れます。
カメラは幅広い年代で活用されますのでありがたいですね。
iPhone5Sのようにカメラ部分がフラットになっておらず、飛び出ている形になっています。
6
A8チップとありますが、処理能力が上がり、通信速度が向上しています!より速い通信を望む方は多いと思います。

更には今回新しくM8モーションコプロセッサが搭載され、従来あったiPhone の「動き」に関しての処理や反応で、加速度センサーや環境光センサー、近接センサーなどの処理が強化されました。
外の明るさに応じて画面の明るさが変わったり、電話するときに画面が消えるものですね。
これらの動作に加え、「気圧センサー」が加わりましたので、登山などでも役に立つかもしれませんね!

バッテリーは6・6Plusともに伸びていますが、使用感としては6はさほど変わりがなさそうです。6Plusはとても稼働時間が伸びていて使いやすくなっています!

iPhone6/6Plusから、新しく128GBの容量タイプが追加されました。そのかわりに32GBがなくなり、16GB.64GB.128GBの三種類になっています。

キャリア

キャリアは今まで通りで
・ソフトバンク
・au
・docomo
の3社で扱われています。

iPhone6と6Plusの違い

名前は似ていますが大きな違いがあります。
以下が大きな違いになっています。

・画面のインチ(対角)つまり大きさ
・6Plusのカメラは光学式手ぶれ補正搭載
・6Plusはバッテリーがより強い!
・6Plusのほうが少々重い

6Plusの方がサイズは大きく、ユーザーによっては画面のすべてをタッチすることは難しいかもしれません、ですが新しいRetinaHDディスプレイで大画面でのゲームや映画は、臨場感があり手軽で良いかもしれませんね!

重量は、iPhone5Sが112gでiPhone6が129gと大きく変化はありませんが、iPhone6Plusが172gと大きく変わっています。片手で持って歩くには手がつかれてしまう、なんてこともあるかもしれません。

カメラの手ぶれ補正は、お子さんがいらっしゃる方などはうれしいかもしれませんね。とてもデジカメに近づいてきているので、iPhoneに思い出をたくさん残すのも悪くないかも?

6Plusはバッテリーの駆動可能時間が、様々な場面においてもかなり伸びています!仕事や旅行先などで充電ができない場面などに直面することも少なくなりそうです!

iphone6、6plus、5sのどれがおすすめ?

自分の好みに合ったものを使うのが一番快適です。なのでここにそれぞれ一言ほどオススメなどを記載しますので、参考にしてみてください。

iPhone6

サイズはやや大きいものの、従来に比べて処理速度も上っている。とてもいい点なのは、従来よりハイスペックなカメラ周辺の機能、画面が大きくなって見やすく、そして綺麗になり、外見も新しくシンプルなビジュアルになっていること。気に入るのであれば個人的には一番のオススメです。

iPhone6 Plus

上記のことももちろんですが、更に大きい画面となっています。カメラがiPhone6よりもさらに手ぶれ補正などがつき、使いやすいものになっていて、大きくきれいな画面はゲームや映画鑑賞など様々なことに使えます。資料の閲覧など、ビジネスにもいいかと思います。大きすぎると思う方もいるかもしれません。

iPhone5S

機能こそ劣るものの、他に比べてコンパクトでタッチ操作も片手で快適なサイズ。この外見が好きだという方もいると思います。とくに上記二つに魅力を感じなければこれでも十分快適です。

◆まとめ

大きくなり、デザインも大きく変わり、新しいiPhone感が大きいですね!
丸みを帯びていてシンプルに、尚且つ背面のiPhoneらしさを残しています。

サイズについては、持ってみた感じでもかなり大きいです。6Plusとなるとかなりの大きさに感じる方が多いかもしれません。ですが意外にも6Plusはポッケにも入るしいい感じ!といった声も聞こえています。中には画面端まで手がいかないなんて方もいるみたいです。

写真・ビデオ周りが強化されていて、趣味や思い出づくりなどいろいろな場面で活躍してくれそうですね!デジカメに近い性能になってきているので、それがiPhoneについているというのはうれしいですね!

処理速度の向上も注目すべきところですが、何より今回の面白いところが「気圧」を感知できるセンサーが追加されたことですね。これはまたiPhoneの活動域が広がったのかなと感じます。

そこまでの大きさは要らないと感じたり、カメラなって使わないと思う方もいると思います。処理速度の面でいえばiPhone6/6Plusのほうが早くなっているので、自分に合った機種を使っていくというのも大事ですね。

以上のような点がありましたが、画面サイズもちょうどよく使いやすいiPhone5/5Sももちろん良い機種だと思います。上記の新要素を参考に、機種変更など検討してみてください!

【楽しく利用するためのルール】
  • 他人に不快な思いをさせるような内容の書き込み
  • 外部サイトへの誘導・宣伝する内容の書き込み
  • アカウントの売買など金銭が絡む内容の書き込み
  • 各ゲームのネタバレを含む内容の書き込み
上記の書き込みを禁止とし、コメント削除や書き込み制限措置を行う可能性もありますのでご了承ください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

注目情報