アイキャッチ

2021年2月16日配信予定の新作アプリ『ブレイブルー オルタナティブ ダークウォー(BBDW)』の先行プレイレポートをお届け。気になるゲームシステムや魅力を余すところなくご紹介!

※記事内容および画像は開発中のものです。仕様は予告なく変更される場合がございます。

『BBDW』とは

01

2008年に産声をあげた2D格闘ゲーム『BLAZBLUE』。スタイリッシュを体現したようなビジュアルと操作性、そして重厚なストーリーで多くのゲーマーを虜にした本シリーズは、格ゲーの枠を飛び越えた「総合エンターテインメント作品」として、小説・コミック・アニメなどの多角的なメディア展開で好評を博している。

02

今年2月16日にリリースを迎える『ブレイブルー オルタナティブ ダークウォー』は、そんな『BLAZBLUE』シリーズの“正統続編”に当たるスマートフォン向けRPGだ。本稿では、格闘ゲームからロールプレイングゲームへと華麗なる転身を遂げた『BBDW』の魅力を、余す所無くお伝えしていきたいと思う。

先行プレイ動画公開中!

AppMediaゲーム情報局でチェック

ゲーム紹介

03

それまで世界観としては淡白なものが多かった格闘ゲームというジャンルにおいて、世界観の練りこみやキャラクターの深掘りなど物語性を強く推すことで格ゲーに興味がなかったファンをも獲得してきた『BLAZBLUE』。そんなシリーズの中にあって「ストーリー特化型BB」と位置付けられた、本作における物語への注力度は生半可なものでは無い。

04

プロデューサー・森利道氏の完全監修による、シリーズ最多200万文字以上のボリュームで描かれるメインストーリーでは、絶海の孤島「イシャナ」に建てられた世界中の叡智が集う魔道学園を舞台に、『BLAZBLUE』シリーズの物語の中核となる「暗黒大戦」の詳細がついに明かされることになる。

05

ネタバレを避けるため触りだけの紹介になったが、より世界観を理解するには公式サイトに記載されているプロローグを読むのが早いかもしれない。こちらでは約7000字にも及ぶ前日譚が、本編第一話に綺麗につながる形で書かれているため、雰囲気をつかむ意味でもぜひ一度目を通しておくことをお勧めしたい。
プロローグはこちら

22

『BLAZBLUE』シリーズの魅力を語る際に抜きにして語れないのが、魅力的な登場人物たちの存在である。本作にはCSタイトルだけでなくノベルやコミックなど様々な媒体から、実に100体以上ものキャラクターが勢ぞろいする予定とのこと。正統続編でありながらオールスター作品でもあるという非常に豪華な内容となっている。

07

本作ではパーティ制を採用しており、お気に入りのキャラを最大4体まで編成できる。また各キャラクターには魔道書という装備品を持たせることも可能だ。魔道書はステータスを底上げしてくれるのは勿論、スキル効果を持っていたりキャラ性能をブーストしてくれたりと、極めて有用な存在である。但しユニットと魔道書にはコストが存在し、トータルコスト(プレイヤーレベルと連動)を超えて編成はできない点には注意が必要だ。

08

ただ自由に編成できるとなると「折角のオールスター作品なのに、最高レアが用意されたキャラクターしか使わなくなっちゃうのでは…?」と不安に思われる方もいらっしゃるかもしれないが、安心してほしい。本作では全ユニット最高レアリティまで育成可能であり、キャラ愛がそのままバトルの強さへと繋がるのだ。

09

加えて本作では、本筋の物語が描かれる「ストーリークエスト」に加えて、キャラクターの魅力を掘り下げるクエストやイベントが随時配信されるとのこと。今回は先行プレイということで触れることは叶わなかったが、メインストーリーでは描きづらいキャラの新たな表情を垣間見れることに期待したい。

10

さて、『BLAZBLUE』という作品がRPGとなるにあたって、気になってくるのはやはり戦闘だろう。本作のバトルシステムは、一言でいえば「ターン制のコマンドバトル」である。しかし、皆様がこの一文から想像する戦闘とは大きく異なっていることが予想されるため、少ししっかり目に解説をしていきたいと思う。

11

リアルタイムなアクション要素は一切なし。プレイヤーのパーティと敵のパーティが交互に行動し、HPを削りきって敵を全滅させたら勝利、というのは皆様のイメージ通りだ。ただバトル画面をご覧いただければ分かる通り、本作には「たたかう」や「アイテム」といった直接的な命令系統は存在しない。

12

ではどのように攻撃をするのかというと、画面下に並べられたアイコンに着目してほしい。これが本作のコマンドにあたり、プレイヤーが好きなように4つ選択することでパーティによる攻撃が始まる。基本となるコマンドには「R」「D」「SP」の3つが存在するのだが、その順番が非常に重要になってくる。

内容 「チェイン」が繋がる
コマンド先
ダメージ量
R
(リボルバー)
敵にダメージを与えつつ、ODゲージを溜める 「R」もしくは「D」
D
(ドライブ)
敵にダメージを与えつつ、HEATゲージを溜める 「D」もしくは「SP」
SP
(スペシャル)
敵に大ダメージを与えつつ、追加効果を得られる 「SP」もしくは「DD」

上記の表を見て頂ければ分かる通り、各コマンドには「チェイン」が繋がるコマンド先がある。現状のコマンドスロットと左下のコマンドロール(※ここから補充される)を鑑みつつ、4つのコマンド全てを「チェイン」で繋げることで、4つ目のコマンドが強力な「EX」コマンドに変化するのだ。

13

ではチェインだけに気をつけて、あとは何も考えず選べばいいかというとそういう訳でもない。表にもあるようにそれぞれのコマンドには特色があり、「R」コマンドならODゲージ、「D」コマンドならHEATゲージが溜まる。またダメージ量の観点からいけば、「SP」コマンドが最も強力だったりもする。

14

それではここで各ゲージについて解説していこう。ODゲージを溜めると任意のタイミングで「オーバードライブ」が発動でき、通常4個までしか選べないコマンドを、50%以上なら6個、100%なら12個まで選べるようになる。チェインの存在により手数の重要性が高い本作のバトルにおいて、その威力は圧倒的だ。

15

そしてHEATゲージだが、これは必殺技発動のトリガーとなるもので、最大3個まで溜めることができる。プレイヤーがゲージをタップすれば、HEATゲージ100%以上で「ディストーションドライブ(DD)」コマンド、300%で「アストラルヒート(AH)」コマンドへと、画面下のコマンドの内一つが変化するのだ。

16

必殺技の「DD」コマンド、超必殺技の「AH」コマンドはダメージの威力もさることながら、「敵単体にDEF80%ダウンを付与」「敵全体に確率で燃焼を付与」といった強力な追加効果を持っている。そして「AH」コマンド発動時に拝める大迫力の演出は、“これぞBLAZBLUE”とでも評すべき本作一番の見所だ。

17

加えて各キャラクターは最大二つのスキルを持っており、好きなタイミングで発動することができる。スキルには味方を回復するもの、敵をデバフするもの、状態異常を与えるものなど様々で、上手く活用すれば勝利がグッと近づく。ただ一度使用するとクールタイムが発生する点にはご注意を。

18

他にも属性による相性や、前衛・後衛のポジションの概念など、様々な要素が絡み合った戦闘システムは戦略性の塊のような内容となっている。しかしながら本作には、長く遊ぶ上で欠かせない高速やオート機能、スキップチケットが完備されており、気軽にプレイできるということもしっかりと記しておきたい。

19

最後に軽く、育成要素について触れておこう。全てのユニットを最高レアリティへ「進化」できるのは前述した通りだが、レベルアップ、スキルの強化、更にはキャラに装着できるオーブの存在など“育てしろ”は極めて大きい。魔道書も「覚醒」でステータスを上げられたりと、やり込みに関しても抜かりはなさそうだ。

先行プレイ感想

20

元々『BLAZBLUE』シリーズは、「簡単コマンド」や「連打でOKのコンボ」を積極的に採用するなど、プレイのハードル下げに尽力していることで知られているが、それでもやはり格闘ゲームというジャンルそのものがシビアな競技性を孕んでいるため、中々手が出ない人が少なからずいたというのも事実だろう。その意味において、スマートフォンというゲーム史上最も手軽なプラットフォームかつ、RPGという馴染み深いスタイルでBBを遊べることの意義深さは計り知れない。

だが本作の一番凄い所は、コンマ一秒が生死を分ける格ゲーからじっくりと考えるターン制RPGへと、ある意味対極に位置したゲームジャンルへと移りながらも、しっかりと『BLAZBLUE』であることをプレイヤーが実感できる点にある。戦闘においてチェインを繋げていくプレイフィールは格闘ゲームにおけるコンボに通ずるものであり、過去作からの遺伝子が脈々と受け継がれていることが見て取れる。ストーリーや演出に関してはもはやいうまでもないだろう。

それでいて本作で初めてシリーズに触れた方にとっては、某「手札がラスト一枚になったら発声をしなければいけないゲーム」を一人で遊んでいるかのような、むしろカードゲーム的な親しみやすさを感じるのではないかと思う。シリーズファンにとっては全く新しい『BLAZBLUE』として、入門者にとっては無限に広がる『BLAZBLUE』ワールドの入り口として。両者の架け橋になり得る可能性を『ブレイブルー オルタナティブ ダークウォー』は秘めている。

『BBDW』の事前登録情報

21

『BBDW』では現在、事前登録を実施中だ。登録者数に応じて正式サービス開始後に配布される特典が豪華になり、10万人達成で★4魔道書「風になびく詩」と「EXP結晶(大) ×10」が全員にプレゼントされるぞ。

事前登録のやり方

公式サイトから入力フォームにメールアドレスを登録
Twitterの公式アカウントをフォロー
LINEの公式アカウントを友だち追加
GooglePlayにて事前登録
AppStoreにて予約注文
予約トップ10にて事前登録

事前登録はこちら

『BBDW』事前登録特典一覧

事前登録者数 特典
全員プレゼント S級ノエル(学生服)
3,000人 150,000P$
AL回復剤(小) ×5
EXP結晶(中) ×5
5,000人 蒼の結晶 ×400
EXP結晶(中) ×10
10,000人 ガチャチケット ×2
EXP結晶(大) ×5
30,000人 蒼の結晶 ×800
500,000P$
50,000人 蒼の結晶 ×1000
ガチャチケット ×2
100,000人 ★4魔道書「風になびく詩」
EXP結晶(大) ×10

『BBDW』の基本情報

アプリタイトル ブレイブルー オルタナティブ ダークウォー
配信日 2021年2月16日配信予定
ジャンル チェーンコンボ × ノベルRPG
対応OS iOS/Android
事前登録 あり
価格 基本プレイ無料/アイテム課金制
会社 アークシステムワークス
公式サイト 『BBDW』公式サイト
公式Twitter 『BBDW』公式アカウント

© ARC SYSTEM WORKS
※記事内容および画像は開発中のものです。仕様は予告なく変更される場合がございます。


関連記事