ウマ娘攻略Wiki

ウマ娘プリティーダービーの攻略wikiです。ウマ娘の攻略や、最新のガチャ情報、リセマラ情報、最強ランキング、イベント情報などをまとめています。随時更新中なのでウマ娘の攻略の際に参考にしてください。

リリース事前情報

AppMedia

記事

【ウマ娘】7話「約束」の感想と考察・元ネタ(史実)|プリティーダービー

ウマ娘プリティーダービー(うまむす)におけるアニメ第7話のあらすじや感想・元ネタ(史実)について、今後の展開の考察を紹介しています。(※ネタバレ注意)

◀︎前回 次回▶︎
第6R「天高く、ウマ娘燃ゆる秋」 第8R「あなたの為に」

アニメウマ娘の考察まとめトップはこちら

第7話「約束」の感想と考察

※ストーリーのネタバレを含みますので閲覧の際には注意してください。

作品情報

話数 第7話(7R)
時系列 天皇賞(秋)前〜天皇賞(秋)後
あらすじ
打倒リギルを目標にトレーニングを続けるチーム<スピカ>一同。
そんな中、サイレンススズカと走りたい気持ちが膨らむスペシャルウィークは、自分の気持ちをトレーナーにぶつけようとするのだが…。

登場するウマ娘/人物

スピカ
スペシャルウィーク_アイコンスペシャルウィーク サイレンススズカ_アイコンサイレンススズカ トウカイテイオー_アイコントウカイテイオー ダイワスカーレット_アイコンダイワスカーレット
ゴールドシップ_アイコンゴールドシップ ウオッカ_アイコンウォッカ メジロマックイーン_アイコンメジロマックイーン トレーナートレーナー
リギル
シンボリルドルフ_アイコンシンボリルドルフ エルコンドルパサー_アイコンエルコンドルパサー グラスワンダー_アイコングラスワンダー エアグルーヴ_アイコンエアグルーヴ
テイエムオペラオー_アイコンテイエムオペラオー タイキシャトル_アイコンタイキシャトル ナリタブライアン_アイコンナリタブライアン ヒシアマゾン_アイコンヒシアマゾン
フジキセキ_アイコンフジキセキ マルゼンスキー_アイコンマルゼンスキー 東条ハナ東条ハナ
天皇賞に出場するウマ娘
サイレンススズカ_アイコンサイレンススズカ エルコンドルパサー_アイコンエルコンドルパサー ヒシアマゾン_アイコンヒシアマゾン メジロライアン_アイコンメジロライアン
ナイスネイチャ_アイコンナイスネイチャ ウイニングチケット_アイコンウイニングチケット

アニメ内容

※ストーリーのネタバレを含みますので閲覧の際には注意してください。

スズカと一緒に走ることを約束

スクリーンショット 2018-05-08 14.49.19 スクリーンショット 2018-05-08 14.49.32スクリーンショット 2018-05-08 14.50.07-1

菊花賞でセイウンスカイに負けたことを悔しがるスペシャルウィーク。悔しさを忘れようと生八ツ橋をやけ食いする。

スクリーンショット 2018-05-08 14.50.59

スペシャルウィークはスズカが出場する「ジャパンカップ」に一緒に出たいと話すと、”私もスペちゃんと一緒に走って見たい”と返すスズカ。

スクリーンショット 2018-05-08 14.51.30 スクリーンショット 2018-05-08 14.51.35

スズカはジャパンカップが終わった後にアメリカに行くことを告げ、それまでに必ず一緒に走ることを約束する。

スピカ全員で旅館へと旅立つ

スクリーンショット 2018-05-08 14.58.15 スクリーンショット 2018-05-08 14.58.09 スクリーンショット 2018-05-08 14.58.28

旅行へ行くスピカメンバー。坂の特訓と体力をつけるトレーニングとして山奥に走って向かうこととなる。

スクリーンショット 2018-05-08 14.58.37 スクリーンショット 2018-05-08 14.58.54 スクリーンショット 2018-05-08 14.59.04

さらにトレーナーは「今は15時だ!18時までに着かないと夕食抜きな」と言い去り先に車で向かってしまう。時間を気にし一目散に走り出すスズカ。他のメンバーも後を追いかけるようにして走り出す。

これ以上スピカに負けられないと猛特訓するリギル

スクリーンショット 2018-05-08 16.57.25 スクリーンショット 2018-05-08 16.57.28 スクリーンショット 2018-05-08 16.57.57

“オペラオー腕の振りが弱い。これ以上スピカには負けられない!”と熱を入れて指導に当たるリギルのトレーナー。そんな中、毎日王冠で初めて負けた悔しさからか、グラスワンダーはマルゼンスキーとの並走トレーニングを懇願する。

スクリーンショット 2018-05-08 19.16.50 1 スクリーンショット 2018-05-08 19.17.20 スクリーンショット 2018-05-08 19.17.48 スクリーンショット 2018-05-08 19.17.59

エルコンドルパサーとヒシアマゾンは秋の天皇賞に向けてスズカに勝つことを目標にトレーニングに励むが、”気を抜くな。今のスズカはどんな距離でもタイムトライアルのように全力だ!他のウマ娘なんて関係ない。”とトレーナーはリギルメンバーに警戒と危機感を煽る。「後方で待機するのではなく、できるだけスズカに食らい付け」とのアドバイスを受け、俄然やる気となる。

アメリカ行きをスピカ全員に話すスズカ

スクリーンショット 2018-05-08 19.23.02 スクリーンショット 2018-05-08 19.25.45 スクリーンショット 2018-05-08 19.26.23 スクリーンショット 2018-05-08 19.26.30

山を走りきり旅館に到着するスピカのメンバー。旅館の前で待っていたトレーナーは、さっさと風呂に入って汗を流すよう指示する。「その前にお礼はさせてもらいますわ。」と言い放ったメジロマックイーンがトレーナーに関節技を決める。

スクリーンショット 2018-05-08 19.28.27 スクリーンショット 2018-05-08 19.28.37 スクリーンショット 2018-05-08 19.28.52

入浴後、スズカはスピカメンバー全員にジャパンカップの後にアメリカに旅立つことを告げる。トウカイテイオーが”いつ帰ってくるの?”と問うと、”それはまだ決めていなくて。でも自分が納得できるまでいるつもり”と返した。寂しくなるなとスズカとの別れを惜しむ。

ジャパンカップへの出場を懇願するスペシャルウィーク

スクリーンショット 2018-05-08 19.30.12 スクリーンショット 2018-05-08 19.30.47 スクリーンショット 2018-05-08 19.30.16 スクリーンショット 2018-05-08 19.31.16

スペシャルウィークがトレーナーにジャパンカップへの出場を懇願すると、”お前ら食い過ぎだろ!何だこの大量の料理は。”と食事の量に文句を言う。スペシャルウィークがもう一度お願いすると、”要するにスズカと走りたいんだろ。チーム的にはどちらかが負けるから本当は避けたいところだが、わかった!ただスズカが天皇賞で負けたらジャパンカップはわからんぞ”と約束する。

スズカの胸の内

スクリーンショット 2018-05-08 19.39.49 スクリーンショット 2018-05-08 19.39.55 スクリーンショット 2018-05-08 19.40.01 スクリーンショット 2018-05-08 19.40.20 スクリーンショット 2018-05-08 19.40.24

トレーナーの車で帰る中、スズカはトレーナーと今後のことやスピカのことについて語りだす。”私をチームに誘ってくださってありがとうございます”言うとそっと目を閉じる。

レース前のスズカ

スクリーンショット 2018-05-09 11.40.04 スクリーンショット 2018-05-09 11.40.41 スクリーンショット 2018-05-09 11.40.59 スクリーンショット 2018-05-09 11.41.18

11月1日東京レース場第11レースが始まる。1枠1番に入ったスズカはグッズが全て完売するほどの1番人気だ。レース前、スズカは靴に違和感を感じ、近くにいたメジロライアンに靴紐を止めてから行くことを言う。

スクリーンショット 2018-05-09 11.43.32 スクリーンショット 2018-05-09 11.43.59 スクリーンショット 2018-05-09 11.44.06 スクリーンショット 2018-05-09 11.44.37

スズカは割れんばかりの声援を浴びながら最後にレース場に登場する。会場で応援しているスピカメンバーの元へ向かうと、スペシャルウィークから日本ダービーの時に持っていた四つ葉のクローバーのお守りを手渡される。「みんな期待してて。楽しんできます。」と言うとゲートへと向かう。

天皇賞が始まる

スクリーンショット 2018-05-09 11.46.14 スクリーンショット 2018-05-09 11.46.19 スクリーンショット 2018-05-09 11.46.28

ゲートに向かうとそこにはエルコンドルパサーが。スズカに「私は同じ人に二度も負けません。今度こそスズカさんに勝って、堂々と凱旋門賞にチャレンジします。」と言い放つ。

スクリーンショット 2018-05-09 11.48.22 スクリーンショット 2018-05-09 11.48.34 スクリーンショット 2018-05-09 11.49.02 スクリーンショット 2018-05-09 11.49.33

ゲートが開き、天皇賞がついにスタートする。スズカは今までのレースと同様にスタートから先頭を位置し、エルコンドルパサーが後を追うようにして二番に位置する。しかしスズカはぐんぐん加速していきエルコンドルパサーとの差を離していく。解説が”1000mの通過タイムは57.4秒”と実況すると会場全体がどよめく。

突然のアクシデント

スクリーンショット 2018-05-09 11.51.08 スクリーンショット 2018-05-09 11.51.18 スクリーンショット 2018-05-09 11.51.53 スクリーンショット 2018-05-09 11.52.38 スクリーンショット 2018-05-09 11.52.51 スクリーンショット 2018-05-09 11.52.53

会場の誰もがスズカの勝ちを確信し最高潮に達している中、驚いた表情で目を見開くスズカ。そして失速してしまう。”サイレンススズカに故障発生です。”と解説が実況すると場内全体が驚きと心配の顔を浮かべて騒然とする。スペシャルウィークは何が起きているのかわからないと言わんばかりに放心状態の様子でスズカの走りを見つめる。エルコンドルパサーがレースで勝ったものの、リギルメンバーを含めその顔に笑顔はなかった。

レース後の病院にてスズカが目を覚ます

スクリーンショット 2018-05-09 11.55.33 スクリーンショット 2018-05-09 11.56.09 スクリーンショット 2018-05-09 11.56.14 スクリーンショット 2018-05-09 11.56.45 スクリーンショット 2018-05-09 11.56.48

レース後、リギルのトレーナーはスズカを心配しスピカのトレーナーに電話を入れるが応答がない。その頃トレーナーを含めスピカは病院でスズカの回復を願っていた。スズカが目を開けるとそこには心配そうな表情をしたスペシャルウィークがいた。スズカが目を覚ましたことを確認するとスペシャルウィークは待合室で待っているチームのみんなを呼びにいく。トレーナーとスペシャルウィークは入院室に入り、”なんにせよ、こうして話せてホッとしたよ”と言うが。他のメンバーは何て声を掛けて良いかわからず入院室に入ることを躊躇する。

スズカの今後

スクリーンショット 2018-05-09 11.58.19 スクリーンショット 2018-05-09 11.58.23 スクリーンショット 2018-05-09 11.59.17 スクリーンショット 2018-05-09 11.58.46

スズカはトレーナーから左足を骨折したことを聞かされ、しばらく休養を取ることを勧められる。”骨折と言うことは治りますよね?”とトレーナーに問うと、”ああもちろん”と返ってくる。再び”レースに出て全力で走れるようになりますか?”と問うと、トレーナーは深刻な表情をし”前と同じように100%力を出し切って走ることができるかどうかはわからない”を言うとスズカは悲しい表情を浮かべる。

スズカの怪我を治すことを決意

スクリーンショット 2018-05-09 12.00.53 スクリーンショット 2018-05-09 12.01.00 スクリーンショット 2018-05-09 12.01.13 スクリーンショット 2018-05-09 12.01.29

スズカが悲しい表情を浮かべる中、スペシャルウィークは”いえ、走れます!絶対レースに出られます。スズカさん私と約束したじゃないですか。スズカさんがレースで100%、いえ120%の力で走れるように私これから協力します”と鼓舞する。それを良く聞こうとしていた他のスピカメンバーが転びながら入室する。スズカの元に駆け寄り励ます。

スペシャルウィークの思い

スクリーンショット 2018-05-09 12.03.38 スクリーンショット 2018-05-09 12.04.11 スクリーンショット 2018-05-09 12.04.33 スクリーンショット 2018-05-09 12.04.44 スクリーンショット 2018-05-09 12.05.05 スクリーンショット 2018-05-09 12.05.07

ウォッカが口を開き、レースでのアクシデントを語りだす。レース当日、スペシャルウィークはスズカの故障を解説の実況で知ると、全力で走りスズカの元へ駆け寄る。”左足を下につけるな”とトレーナーが伝えると、スペシャルウィークは左足を庇うようにようにしてスズカを仰向けに寝かせた。

スクリーンショット 2018-05-09 12.07.16 スクリーンショット 2018-05-09 12.07.04 スクリーンショット 2018-05-09 12.07.58 スクリーンショット 2018-05-09 12.08.01 スクリーンショット 2018-05-09 12.08.17 スクリーンショット 2018-05-09 12.08.32

目を瞑りぐったりした様子のスズカに向かって”スズカさん安心してください、トレーナーさんもいますから。スズカさんはどんな時でも約束を守ってくれたじゃないですか。だから私と走るって約束も必ず守ってもらいますから。”と言うと、”ありがとう”と返ってくる。病室でアクシデント時のエピソードを聞いたスズカは”約束守らなくちゃね”と前を向くことを決意する。

第7話「約束」の元ネタ(史実)

八つ橋をやけ食いするスペ

スクリーンショット 2018-05-22 19.18.46京都競馬場

物語冒頭、菊花賞に負けて帰ってきたスペは買ってきたお土産である生八つ橋をやけ食いしています。なぜ生八つ橋なのか?
それは菊花賞が行われるレース場が京都にある京都競馬場だからです。

菊花賞のレース展開

スクリーンショット 2018-05-22 19.24.55スクリーンショット 2018-05-22 19.28.34

アニメでは詳しく描かれていなかった菊花賞ですが、レースは終始セイウンスカイが逃げる形で進みました。

序盤1000mを59秒台という暴走気味のハイペースで通過したかと思えば、中盤1000mは64秒台と一気にペースダウンし、終盤の1000mは再び59秒台で駆け抜け、当時の3000m世界レコードでセイウンスカイが見事優勝しました。

スペシャルウィークも最後の直線で必死に追いますが、3馬身半離され2着で3冠ラストレースを終えました。

1998年 菊花賞 結果(5着以内)
着順 馬番 着差 出走馬名
1着 4 セイウンスカイ
2着 17 3.1/2 スペシャルウィーク
3着 15 クビ エモシオン
4着 11 アタマ メジロランバート
5着 9 ハナ キングヘイロー

エアグルーヴがスズカに勝った天皇賞(秋)

スクリーンショット_2018-05-22_20_06_41

アニメでは昨年、実際には1997年の天皇賞(秋)にてサイレンススズカとエアグルーヴが直接対決しました。この時は大逃げをうったサイレンススズカに最後の直線でエアグルーヴが差し切り、バブルガムフェローとの叩き合いを制して優勝しています。

第118回 天皇賞(秋)

2000mで施行されて以来、中距離ということもあり、数多くの有力馬が出走してきた天皇賞(秋)ではあったが、当時は外国産馬に出場の権利が与えられてなく、実力馬が揃うことが少なかった。そのため、その年レース(1998年)は最大目標と定めていた内国産馬であるサイレンススズカのためのレースといっても過言ではありませんでした。

この年のレースは、中距離でサイレンススズカを相手に勝てないという理由で、多くの陣営がこのレースを回避したため、フルゲート(18頭)に満たない12頭での出走となった。

アニメではエルコンドルパサーが出場し、見事優勝をしたが、実際のレースでは天皇賞(秋)への出走資格はなかったため、走ることはなかった。

1998年 天皇賞(秋)の出走馬と枠順
枠番 馬番 出走馬名 騎手
1 1 サイレンススズカ 武豊
2 2 メジロブライト 河内洋
3 3 テイエムオオアラシ 福永祐一
4 4 ローゼンカバリー 横山典弘
5 5 ゴーイングスズカ 南井克巳
6 オフサイドトラップ 柴田善臣
6 7 サイレントハンター 吉田豊
8 サンライズフラッグ 安田康彦
7 9 シルクジャスティス 藤田伸二
10 ステイゴールド 蛯名正義
8 11 ランニングゲイル 四位洋文
12 グルメフロンティア 岡部幸雄

レース展開

絶好のスタートを切り、序盤から先頭に立ったサイレンススズカは、インコースに向かって伸びて行き、最初の1ハロン(約201m)はゆっくりだったものの、2ハロン、3ハロンを通過するごとにハイラップを刻んでいった。

第2コーナー辺りで同じ逃げ馬である”サイレントハンター”を8馬身ほどのリードで突き放し、3番手はそこから6,7馬身ほど離れる異様な展開となった。

1000mの通過タイムを57秒4というハイペースで飛ばし続け、第3コーナー辺りでは、2番手につけていたサイレントハンターに10馬身以上のリードを取っていたため、圧勝を予想するものも少なくなく、勝敗よりもサイレンススズカがどんなタイムで勝つかに変わりつつあった。

しかし、第3コーナーに差し掛かった辺りで、突然サイレンススズカが沈むように失速し、この時、左前脚手根骨粉砕骨折を発症したため、脚を止めた。転倒することはなく、サイレンススズカは必死にコース外側へ馬体を運んで行ったため、後続の馬との接触はなかった。

その後、3番手につけていたオフサイドトラップが進出し、サイレントハンターを交わすとステイゴールドの猛追を何とかしのぎ切り1着でゴールイン。史上初の旧8歳(現在は7歳)での天皇賞(秋)優勝となった。

1998年 天皇賞(秋) 結果
着順 馬番 着差 出走馬名
1着 6 オフサイドトラップ
2着 10 1 1/4 ステイゴールド
3着 8 3 サンライズフラッグ
4着 7 アタマ サイレントハンター
5着 2 1/2 メジロブライト
6着 5 1 1/2 ゴーイングスズカ
7着 11 1/2 ランニングゲイル
8着 9 クビ シルクジャスティス
9着 3 3 テイエムオオアラシ
10着 4 クビ ローゼンカバリー
11着 12 8 グルメフロンティア
中止 1 サイレンススズカ

沈黙の日曜日

スクリーンショット 2018-05-09 14.19.06

第3コーナーに差し掛かった辺りでサイレンススズカは失速し、当時の実況アナウンサーが異変に気が付き『サイレンススズカ故障、故障発生サイレンススズカ』と言った。コースを大きく外へ外れていくサイレンススズカ。競馬場を悲鳴が包む中、アナウンサーが『サイレンススズカは競争を中止。沈黙の日曜日!』と叫んだ。歓声の失われた競馬場を例えられた表現である。

サイレンススズカの騎手であった、ジョッキー武豊さんは下馬をして必死に同馬をなだめていた。検査の結果、左前脚手根骨粉砕骨折を発症した。速過ぎたスピードの代償である。

レース後の武豊騎手は、壁に頭を押し当てて、苦渋の表情を浮かべていた。あんな表情を見たのは最初で最後だという。また、そしてその日の晩、生まれて初めて泥酔したという。これらの行動から武豊騎手の非常に無念、そして悔しい思いが伝わってくる。

そして、サイレンススズカはもう生きることはできないと判断され、ならば、せめて楽に死なせてあげたいという関係者の配慮から安楽死処分となり、彼の子供たちの走りを見ることも叶わなかった。(1998年11月1日 4歳没/旧5歳)

ウマ娘プリティダービー攻略

ウマ娘プリティーダービー攻略&最新情報
umatoppu7
ウマ娘の各種情報
事前登録3▲事前登録情報▲ うまさいかわ3▲可愛いキャラ▲
ウマイベント3▲最新イベント情報▲ うまりせ 3▲リセマラ▲
【楽しく利用するためのルール】
  • 他人に不快な思いをさせるような内容の書き込み
  • 外部サイトへの誘導・宣伝する内容の書き込み
  • アカウントの売買など金銭が絡む内容の書き込み
  • 各ゲームのネタバレを含む内容の書き込み
上記の書き込みを禁止とし、コメント削除や書き込み制限措置を行う可能性もありますのでご了承ください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

注目情報

アプリ配信カレンダー

今月の配信アプリ

PUBG Corporation
iOSAndroid
エイチーム
iOSAndroid
BANDAI NAMCO Entertainment
iOSAndroid
Netmarble Games
iOSAndroid
NEXON/NAT Games
iOSAndroid
配信カレンダーをもっと見る