錬神のアストラル(錬スト)攻略Wiki

錬神のアストラル(錬スト)の攻略Wikiです。キャラ情報からゲームシステム・おすすめデッキ、クエスト攻略など最新の情報をお届けします。錬ストをプレイする際は、是非参考にしてください。

AppMedia

【錬神のアストラル】プロデューサーレターvol.9

2019年11月14日リリースされたNCJAPANの対戦型デッキバトル『錬神のアストラル(錬スト)』のプロデューサーより、パラメータ調整に関する情報をまとめた「プロデューサーレター」第9弾が公開されました。

プロデューサーレター
vol.1 vol.2 vol.3 vol.4 vol.5
vol.6 vol.7 vol.8 vol.9 vol.10

<以下,発表内容の原文>

プロデューサーレター Vol.9

いつも「錬神のアストラル」をプレイしていただきありがとうございます。

Vol.7のプロデューサーレターにて発表したパラメータ調整について、対応方針が決まりましたのでお伝えさせていただきます。

パラメータ調整について

現在ゲームを楽しんでいただいているユーザー様にとって最適なバランスとなることを目標に、現環境におけるトップランカーのユーザー様にもテストプレイにご協力いただきつつ、調整後パラメータにて試行を繰り返し行い、結果、ロンドンシリーズのパラメータの下方修正に加え、パリシリーズの一部キャラの上方修正も行うことになりました。

※本調整をするに至った背景に関しては、Vol.7のレターをご覧いただければと思います。

プロデューサーレターvol.7はこちら

調整対象・項目は下記となります。

シャーリーン・ホームズの術師スキル、アビリティの下方修正
シャーリーン:ライブ仕様の術師スキルの下方修正
「ファントムナイト」を錬成するバトルスキルの下方修正
「ファントムホース」の一部パラメータの下方修正
ロンドンシリーズのSP蓄積値の最小値の下方修正
バトルスキル「グラン・イリュージョン」の上方修正
バトルスキル「グラン・アンコール」の上方修正

また、パラメータ調整に伴い、下方修正の対象となる術師・ユニットを所持されている方には、覚醒やバトルスキルLvアップなどに要した素材の返還も含めたお詫びを補填させていただきます。内容の詳細については「お詫び・補填について」の項目をご確認ください。

また、調整内容の適用タイミングは12/27(金)メンテナンス後を予定しております。

パワーリーグ開催中、そして、年末の微妙な時期にはなりますが、1/19開催予定のチャンピオンシップに向け、新環境に少しでも早く触れていただくためとなります。

それぞれの変更内容の詳細について

①シャーリーン・ホームズの術師スキル、アビリティの下方修正

・術師スキル「グレートオーダー」の効果値(スキルLv10の時)

修正前 自陣の縦2列を選び、範囲内の全てのユニットを即座に攻撃させる。ATK / KILLはターン終了まで0%弱化。
修正後 自陣の縦2列を選び、範囲内の全てのユニットを即座に攻撃させる。ATK / KILLはターン終了まで50%弱化。

今回に調整によって、どれだけ押されていても空いているラインに縦弐陣を積んでスキル発動すればOK、という勝ち方は難しくなりました。

しかし、それ以外の戦法においては決して弱いわけではなく、実質1.5回攻撃分のスキルとなりますので、ロンドンのバランスタイプ術師としての強さが損なわれた訳ではございません。

一部の、理不尽とも思える勝ち方を防ぐための調整となります。

・アビリティ「私に触れるとはな」の効果値(スキルLv5の時)

修正前 術師被ダメ時:ユニット配置可能な場所のどこかに、Lv30(ATK1100/KILL1100)のファントムナイトを錬成。
修正後 術師被ダメ時:ユニット配置可能な場所のどこかに、Lv18(ATK540/KILL540)のファントムナイトを錬成。

修正前は、1陣の攻撃を受けて約2倍の性能を持つユニットで錬成し返す、という被弾コスパが非常に高い性能でしたが、効果に極端な差が出すぎない値になるよう調整しました。

②シャーリーン:ライブ仕様の術師スキルの下方修正

修正前 自陣の縦1列を選び、範囲内の全てのユニットのATK / KILLを100%強化し即座に攻撃させる。ただし、攻撃と共に天に召される
修正後 自陣の縦1列を選び、範囲内の全てのユニットのATK / KILLを0%弱化し即座に攻撃させる。ただし、攻撃と共に天に召される

シャーリーン通常版と同様の修正理由となります。

③「ファントムナイト」を錬成するバトルスキルの下方修正

・ランスロットのバトルスキル効果(スキルLv6の時)

修正前 合体時:ユニット配置可能な場所のどこかに、Lv18のファントムナイトを2体錬成。合体は出来ず、攻撃と共に天に召される
修正後 合体時:ユニット配置可能な場所のどこかに、Lv18のファントムナイトを1~2体錬成。合体は出来ず、攻撃と共に天に召される

圧倒的にコスパの良かった錬成体数を半々の確率で1~2体とさせていただきました。パーシヴァルのスキルも同じ箇所のみの修正となります。

・ランスロットのバトルスキルレベル上昇時のファントムナイトの出現レベル

修正前 修正後
Lv6時の出現ファントム Lv18 Lv18
Lv12時の出現ファントム Lv36 Lv30
Lv18時の出現ファントム Lv54 Lv42
Lv24時の出現ファントム Lv60 Lv54
Lv30時の出現ファントム Lv60 Lv60

修正前は、同じスキルを持ったユニット同士によって合体した際に上昇するスキルレベルに応じて出現するファントムナイトのレベルの上がり幅が強く、ある一定ラインから急激にファントムが強くなっていたため、ファントムの出現レベルの上昇値を緩和する調整を入れてさせていただきました。

④「ファントムホース」の一部パラメータの下方修正(HPは変更なし)

修正前 修正後
ATK KILL ATK KILL
Lv12 1100 1000 800 350
Lv24 2280 2000 1500 700
Lv36 3120 2600 2460 1300
Lv48 3960 3200 3600 2500
Lv60 4800 3800 4800 3800

修正前は、サポートスキルと装備品を組み合わせることで、一撃でスピードタイプの術師を落とすほどの火力がありました。また、錬成も非常にお手軽なので、序盤の盤面における圧倒的な優位性はもちろん、後半におけるフィニッシャーとしても猛威を奮っていたためATK/KILL値(特にKILL値)にそれぞれ調整を入れさせていただきました。

Lv60帯におけるパラメータに変更はありませんので、アイザック・アドラーの術師スキル(Lv10)には影響はありません。

⑤ロンドンシリーズのSP蓄積値の最小値の下方修正

現状、ロンドンのSP蓄積量の最も小さい値は「2」となります。対して東京は「1」となります。

例えば、平均Lv60同士のデッキで、東京がロンドンに700未満のダメージを与えた際、東京が得るSPは1で、ロンドンが得るSPは2となっております。

当初の設計思想としては、受け手の方が不利になることを考慮し、ロンドン側にハンデを与えるカタチにしておりましたが、これを、東京と同じ数値「1」に変更いたします。

最も小さい値のみの変更で、それ以外の蓄積値に関してはこれまでと同様となります。
これにより、ファントムナイトを一掃した際にロンドン側に多量のSPが入る、ロクサンヌのアビリティによりダメージを与えた際にロンドン側に多量のSPが入る、というような状況が緩和されます。

⑥「グラン・イリュージョン」のバトルスキルの上方修正

・アスタロトのバトルスキル(スキルLv6の時)

修正前 配置時:自身の1つ前にいる味方ユニットの色を自分と同じ色に変化させるが、Lvは現在の50%まで下がってしまう。
修正後 配置時:自身の1つ前にいる味方ユニットの色を自分と同じ色に変化させるが、Lvは現在の65%まで下がってしまう。

Lv低下値を抑える変更を入れました。これにより、イリュージョンを使って合体した大型ユニットの生存率・攻撃威力がこれまでよりもあがります。

⑦「グラン・アンコール」のバトルスキルの上方修正

・ベルゼブブのバトルスキルの発動率とその効果

修正前 修正後
Lv6時の発動率・効果 40%の確率でLv18のサポートユニット2体を錬成 44%の確率でLv22のサポートユニット2体を錬成
Lv12時の発動率・効果
※2体含んで合体した際
70%の確率でLv30のサポートユニット2体を錬成 80%の確率でLv34のサポートユニット2体を錬成
Lv18時の発動率・効果
※3体含んで合体した際
100%の確率でLv42のサポートユニット2体を錬成 100%の確率でLv46のサポートユニット2体を錬成

もともと、バトルスキルLv6のユニットを3体含んだ合体を行うことで100%の発動率となるスキルでしたが、1体の時の発動率、2体合体の時の発動率もアップしました。

Lv6を2体含んだ状態で合体することで、ターン開始時の発動率がかなり安定するようになります。また、呼ばれるユニットのLvもアップしたので、呼ばれたユニットを含んだ合体を行った時のLv低下率も軽減されるようになります。

お詫び・補填について

2019年12月26日13:00以前にゲーム始めていて、かつ、同様の日時以前に該当の術師・ユニットを獲得&育成されているユーザー様を対象に、各術師・ユニットの所持&育成状況に応じて下記補填をさせていただきます。

※上記日時以降に獲得&育成された方は対象とはなりませんのでご了承ください。

対象ユーザー様が多いため、各対応に時間がかかってしまうことを何卒ご了承いただければと思います。

対象 お詫び・補填内容 対応時期
全員 ブルーダイヤ100個(無償) 12/27より順次対応
※完了次第アナウンス致します
シャーリーン・ホームズを所持している方 賢者の霊石6000個 上記と同様
シャーリーン・ホームズを覚醒させている方 覚醒回数に応じた覚醒獣 上記と同様
シャーリーン:ライブ仕様を覚醒させている方 覚醒回数に応じた覚醒獣 上記と同様
ランスロットを所持している方(ログボでの取得は除く) 所持数に応じた★5ユニット確定ガチャチケット(お詫び専用)
※ランスロット・トリスタンは出ません
来年1月上旬~中旬にかけてガチャを準備予定。
時勢の関連もあり、時間がかかってしまい大変申し訳ございません。
トリスタンを所持している方 上記と同様 上記と同様
ランスロットのバトルスキルLvをアップしている方 スキルLv数に応じた神の見えざる右手 12/27より順次対応
※完了次第アナウンス致します
トリスタンのバトルスキルLvをアップしている方 上記と同様 上記と同様
ランスロットを★6に進化させている方 1体あたりテラオーパーツ90個 上記と同様
トリスタンを★6に進化させている方 上記と同様 上記と同様

 

日々、より良いゲームになるよう改善を続けていきますので、引き続き「錬神のアストラル」をよろしくお願いいたします。

プロデューサーレター
vol.1 vol.2 vol.3 vol.4 vol.5
vol.6 vol.7 vol.8 vol.9 vol.10

錬神のアストラル関連リンク

錬神のアストラル攻略トップ
おすすめデッキレシピ
アストラル_東京デッキ アストラル_ロンドンデッキ アストラル_パリデッキ
初心者必見!オススメ記事
▶︎リセマラランキング ▶︎最強術師ランキング
▶︎リセマラのやり方 ▶︎序盤の効率的な進め方
▶︎シリーズごとの特徴 ▶︎デッキ編成のコツ
▶︎毎日やるべきことまとめ ▶︎使える星3ユニット
各種お役立ち情報
▶︎ワンパン可否早見表 ▶︎週刊錬ストかわら版
▶︎毎日ミッション ▶︎週間ミッション
▶︎術師育成まとめ ▶︎ユニット育成まとめ
▶︎アストラルエンド ▶︎プレミアムユニット
アイテム情報
▶︎ブルーダイヤ ▶︎ゴールド
▶︎ゴールド ▶︎賢者の霊石
▶︎金醒丹 ▶︎スクロール
▶︎モルトエーテル ▶︎被りユニットの使い道
掲示板
▶︎質問・雑談掲示板 ▶︎-
一覧データ
術師アイコン01術師一覧 錬スト、獅子ユニット一覧 練神アイコン錬神一覧
おすすめゲームランキング
  • ラストオリジン
    人類の滅亡を阻止する次世代美少女×戦略RPG!
    事前登録中
  • 大軍師
    インストール不要ですぐに遊べる!共に大軍師となり、国戦を制そう!
    配信中
  • ロストディケイド
    緻密に描かれる各大陸の風景や重厚な建造物、躍動感のあるアクションは必見!
    配信中
  • Rise of Kingdoms―万国覚醒
    全世界で4000万ダウンロード突破!リアルタイム戦略シミュレーション
    配信中
  • アッシュアームズ
    戦車、駆逐戦車、火砲、戦闘機、攻撃機、爆撃機等を女の子に擬人化!
    配信中

以下の書き込みを禁止とし、場合によってはコメント削除や書き込み制限を行う可能性がございます。 あらかじめご了承ください。


・公序良俗に反する投稿
・スパムなど、記事内容と関係のない投稿
・誰かになりすます行為
・個人情報の投稿や、他者のプライバシーを侵害する投稿
・一度削除された投稿を再び投稿すること
・外部サイトへの誘導や宣伝
・アカウントの売買など金銭が絡む内容の投稿
・各ゲームのネタバレを含む内容の投稿
・その他、管理者が不適切と判断した投稿

コメントの削除につきましては下記フォームより申請をいただけますでしょうか。

https://appmedia.co.jp/delete_post/

※投稿内容を確認後、順次対応させていただきます。ご了承ください。
※一度削除したコメントは復元ができませんのでご注意ください。

また、過度な利用規約の違反や、弊社に損害の及ぶ内容の書き込みがあった場合は、法的措置をとらせていただく場合もございますので、あらかじめご理解くださいませ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

【AppMedia ゲーム情報局】
始めるなら今!周年&コラボアプリ特集!
youtube_appmedia
アプリ配信カレンダー
もっと見る
配信カレンダーをもっと見る