パズドラ攻略Wiki

ガンホーが提供するパズルRPG「パズドラ(パズル&ドラゴンズ)」の攻略Wikiです。最新のテンプレパーティーやモンスター情報、おすすめの最強リーダーなどパズドラがより一層楽しくなる情報を紹介しています。

Twitter

AppMedia

記事

【パズドラ】ドラゴンボールコラボが来ることが公式で発表されたぞ!

【パズドラ】ドラゴンボールコラボが来ることが公式で発表されたぞ!

ドラゴンボールコラボ

公式:http://mobile.gungho.jp/news/pad/dragonball.html

ドラゴンボールとは?

『DRAGON BALL』(ドラゴンボール)とは、集英社『週刊少年ジャンプ』に連載されていた鳥山明による漫画である。テレビアニメ化もされ、日本のみならず世界的に有名な作品となった。

7個集めて神龍を呼び出すとどんな願いでも叶えてくれる珠「ドラゴンボール」を探すギャグありの冒険物としてスタートする。
主人公の孫悟空という名前からも分かる通り、当初は西遊記を下敷きにした作品であった。

その頃も少なからず格闘要素は入っていたが、人気がいまいち伸びず路線変更。
第21回天下一武道会編から徐々にバトル漫画へと転向し人気を得るようになっていく。
その後、レッドリボン軍編、ピッコロ大魔王編、サイヤ人編、……、と、物語が展開されていくごとにギャグや冒険要素は少なくなり、ライバルや凶悪な敵と戦うシリアスな格闘バトル物へとなっていった。

テレビアニメは『ドラゴンボール』、『ドラゴンボールZ』、『ドラゴンボールGT』の3作品が放送された。
また、『ドラゴンボールZ』の一部分のうち、OPとED両方を一新したデジタルリマスター版『ドラゴンボール改』として、サイヤ人編~セル編は2009年4月5日から2011年3月27日まで放送され、魔人ブウ編は2014年4月6日から放送されている。

『ドラゴンボール』は原作最初からマジュニア編まで、『ドラゴンボールZ』および『ドラゴンボール改』はサイヤ人編から原作最終話(魔人ブウ編最終話)までをアニメ化したものである。
『ドラゴンボールGT』は、キャラデザインやプロット以外は原作者が一切関わっていないオリジナルストーリーで構成されている。
また、アニメスペシャルが全4作、アニメ劇場版が全18作ある。

さらに、OVAが1作、集英社が中心となって企画用に製作したアニメが2作、『ドラゴンボール レイジングブラスト2』に収録されているアニメが1作(OVAのリメイク)などがある。

テレビアニメの最盛期には毎週視聴率30%越えが当り前の超人気番組となり、放映していたフジテレビ有数のドル箱番組となった。
原作は作者の意向もあって1994年に連載終了となったが、連載終了後もリバイバルブームが起きており、様々な関連商品が発売されている。
さらに最近では、今までにはなかったストーリーや設定などが付け加えられている。
また、『ONE PIECE』(いわゆる『ドラゴンボール』の後継)や「プリキュアシリーズ」(こちらは女児向けではあるが初期作品で西尾大介が監督で手がける)などで『ドラゴンボール』の影響が及ぼした作品が少年ジャンプの作品を中心に多い。

実写版映画『DRAGONBALL EVOLUTION』が、日本では2009年3月13日に公開された。

そして、2013年3月30日には、完全新作となる劇場版『ドラゴンボールZ 神と神』が公開されている。
アニメ劇場版としては17年ぶり(『Z』としては第16作劇場版『ドラゴンボールZ 龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる』から18年ぶり)の第18作となった。
原作第517話の魔人ブウ戦終結から第518話までの10年の間に起こったエピソードが描かれた。
また、2013年4月7日にスペシャルコラボレーション番組『ドリーム9 トリコ&ワンピース&ドラゴンボールZ 超コラボスペシャル!!』が放送された。

引用:http://dic.nicovideo.jp/a/dragon%20ball

【PR】おすすめ事前登録ランキング
【PR】新作アプリおすすめランキング
【PR】人気アプリおすすめランキング

以下の書き込みを禁止とし、場合によってはコメント削除や書き込み制限を行う可能性がございます。 あらかじめご了承ください。


・公序良俗に反する投稿
・スパムなど、記事内容と関係のない投稿
・誰かになりすます行為
・個人情報の投稿や、他者のプライバシーを侵害する投稿
・一度削除された投稿を再び投稿すること
・外部サイトへの誘導や宣伝
・アカウントの売買など金銭が絡む内容の投稿
・各ゲームのネタバレを含む内容の投稿
・その他、管理者が不適切と判断した投稿


また、過度な利用規約の違反や、弊社に損害の及ぶ内容の書き込みがあった場合は、法的措置をとらせていただく場合もございますので、あらかじめご理解くださいませ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

注目情報