パズドラ攻略Wiki

ガンホーが提供するパズルRPG「パズドラ(パズル&ドラゴンズ)」の攻略Wikiです。最新のテンプレパーティーやモンスター情報、おすすめの最強リーダーなどパズドラがより一層楽しくなる情報を紹介しています。

Twitter

AppMedia

記事

【パズドラ】モンポ龍(MPドラゴン)性能比較ランキング

8/10(月)10時~コラボ開催!
坂田銀時銀魂コラボ最新情報まとめ
77時間限定配信!ボスはモワ!
闇の精霊王モワ_アイコン一度きりチャレンジの攻略情報

パズドラのモンスターポイント(モンポ)で購入可能なドラゴン(モンポ龍)の性能の比較と購入優先度を周回性能やダンジョン攻略性能などの観点から考察しています。どのモンポ龍(MPドラゴン)を購入するか迷われている方は参考にご利用下さい。

モンポモンスター全体の購入優先度を知りたい方はこちら
モンポモンスター購入おすすめランキング

その他ランキング
s_リセマラ用
リセマラ
s_最強リダラン用
最強リーダー
さいかわボタン
さいかわ
s_周回リダラン用
周回リーダー
究極・覚醒期待度ランキング
進化期待度
s_四君子性能比較用
四君子比較

TOPへボタン_パズドラ

シヴァ=ドラゴンの性能紹介

シヴァドラ_カットイン
s_評価用_アイコン s_テンプレ用_アイコン
シヴァドラの超究極に必要な素材一覧
リーダースキルの発動条件と倍率

リーダーとしての評価

周回性能が高い

火属性の神タイプモンスターで染めるだけで常時6.25倍(LFで39.06倍)の火力を出せるリーダー性能は周回リーダーとしてかなり優秀。五右衛門赤おでんで周回できない高階層ダンジョンなども高速周回できます。

赤おでんをサブに編成すれば、高防御対策やフロアスキップも行えます。

スキルの使いどころが少ない

味方へのスキルチャージのみとスキル効果の汎用性は高いとは言えず、フレンドと合わせて2枠がチャージ効果のみのスキルで埋まってしまうのは痛手です。ターン数もそこそこ重く、アシストベースとして向かないことも残念です。

パーティー編成難易度:中〜低

超究極によって覚醒はやや2体攻撃寄りになりましたが、火属性かつ神タイプであれば列・2体攻撃どちらの攻撃主体モンスターでも投入できる為、他のMPドラゴンと比べても編成難易度は比較的低め。ウルドアレス真田などが最適サブではありますが、2体攻撃主体の編成にするなら転生カグツチクヴィアも候補に挙がります。

相性の良いサブモンスター

ウルド 転生アレス クヴィア
刻火の時女神・ウルド(分岐ウルド)_アイコン 転生アレス_アイコン 究極クヴィア_アイコン
アテナヘリオス 転生カグツチ 火真田
アテナヘリオスアイコン s_転生カグツチ s_究極火真田

以前は光アレスを優先的に組み込む列編成が主体でしたが、超究極で2体攻撃が3個に増えたことで、2体攻撃を複数持ったクヴィアなどを組み込んだ方が周回する際にはお手軽です。加えて、ウルドと真田を編成しておけばボス戦での決戦火力も出しやすくなります。

サブとしての評価

サブには不向き

覚醒の並びはそこまで悪くありませんが、スキルの汎用性の低さからサブで採用されることは殆どないと言っても良いです。その為、サブでの用途には期待しないようにしましょう。

ネプチューン=ドラゴンの性能紹介

ネプドラ_カットイン
s_評価用_アイコン s_テンプレ用_アイコン
ネプドラの超究極に必要な素材一覧
リーダースキルの発動条件と倍率

リーダーとしての評価

列特化の周回リーダー

シヴァドラが列と2体攻撃どちらでもパーティーが組めるのに対し、ネプドラは列強化に特化したリーダー性能となっています。シヴァドラやラードラのように攻撃倍率の対象に神タイプが関与していないので、サブの範囲が広くパーティが組みやすいことが良い点です。

列主体で攻める性質上、コンボ吸収には弱く、最大倍率発動に大量のドロップを必要とするのも難点と言えます。

パーティー編成難易度:中

超究極進化によって神タイプへの倍率がHP・回復の両方にかかるようになりました。その為、できる限り神タイプに染めるのが良いです。

相性の良いサブモンスター

転生ヘルメス オナリス 毛利元就 水着エスカ
転生ヘルメス_アイコン 究極メリディオナリス_アイコン s_究極水毛利 究極水着エスカマリ_アイコン

目覚めで水ドロップの確保が狙える転生ヘルメスや水着エスカマリ、コンボ加算持ちのメリディオナリスも有力候補。神タイプを加味すると陣枠は毛利元就が良いですが、青ソニアは陣が偏った場合でも倍率が出せるので、十分採用可能となります。

マルチ周回で運用する際には日番谷やスキブ4個持ちの青オーディンも優秀なサブとして活躍してくれます。

ドットプレシオスの方が…

ドット進化を遂げたプレシオスは、HPへの補正こそありませんが、最大攻撃倍率100倍且つ、回復に4倍の倍率を水属性という緩い縛りのみで発動することができます。スキルターンも最短4ターンと短いので、変換スキルなどをアシストして攻撃色の供給を手助けすることも可能です。

わざわざモンポを消費してネプドラを購入するのなら、プレシオスをドット進化させてその分のモンポを他のモンスター購入に回した方が有益と言えます。

ドットプレシオスの性能詳細はこちら

サブとしての評価

スキルの汎用性が低い

覚醒は列に特化した性能でそこまで悪くありませんが、敵全体への毒+味方へのスキルチャージとスキル効果がかなりピンポイントです。スキルターンも最短で16ターンと重く、サブで採用される場面は殆どありません。

効率良くモンポを集める方法を考察
効率良くモンポを集めるには

オーディン=ドラゴンの性能紹介

超究極オデドラ_カットイン
s_評価用_アイコン s_テンプレ用暗転_アイコン s_評価用_アイコン s_テンプレ用_アイコン
オデドラの超究極に必要な素材一覧
リーダースキルの発動条件と倍率

リーダーとしての評価

光槍型のリーダー性能がなかなか強力

モンポ龍の中で唯一、分岐超究極を獲得。究極時の性能が純粋に強化された「嵐翼型」とリーダースキルが攻撃的になり覚醒も大きく変更された「光槍型」と、それぞれ異なった使い方が可能です。

今までリーダーとしては激減が活かせるダンジョンでしか活躍できませんでしたが、「光槍型」はサブの自由度が高く、ドロップを消した際の自動回復効果により、攻略可能なダンジョンの幅が広がりました。

パーティー編成難易度:中

「嵐翼型」は神タイプの指定がありますが、「光槍型」はサブの指定がありません。ただし、「光槍型」は木と光の十字消しがメインとなるので、これら2色を消す変換や木と光を含まない陣スキルは採用対象外となるので注意しましょう。

相性の良いサブモンスター

トーリエアナ 転生メイメイ シルヴィ
トーリエアナ_アイコン 転生メイメイ_アイコン s_シルヴィ進化後アイコン
馬超 転生アルテミス ソルジャー
馬超_アイコン 転生アルテミス_アイコン s_究極ソルジャー

リーダーがギミック対応スキルを持つので、サブには変換・陣を優先的に編成しましょう。十字消しがメインとなるので、ドロップ強化を多く搭載できるメイメイやコンボ加算も可能なトーリエアナなどが活躍できます。

サブとしての評価

モンポ龍トップクラスのサブ性能

HPの即時回復に加え、バインドと覚醒無効を全回復できるスキルの利便性がかなり高いです。サポート系のサブモンスターが欲しいのなら迷わずオデドラを購入しましょう

「嵐翼型」と「光槍型」どっちに進化させるべき?

リーダー・サブどちらで運用する場合であっても基本的には「光槍型」の方が優秀です。2体購入するのなら1体ずつ作成しておくのも良いですが、作成優先度としては圧倒的に「光槍型」の方が高いです。

ラー=ドラゴンの性能紹介

s_超究極ラードラ_カットイン
s_評価用_アイコン s_テンプレ用_アイコン
ラードラの超究極に必要な素材一覧
リーダースキルの発動条件と倍率

リーダーとしての評価

高い耐久性能を持つリーダー

144倍という高倍率を持ちながら、可変倍率によりダメージ吸収や根性への対応も可能で「極限の闘技場」実装後に安定して攻略できる初のモンスターとしてパズドラ界に君臨していたモンスターです。

超究極により、弱点であった封印耐性不足問題も改善され、パーティー編成の幅が広がりました。現環境の最高難易度では火力不足が目立ちますが、補助スキルを駆使すればまだまだ戦える性能は持っています。

パーティー編成難易度:激高

倍率条件のために闇カーリー(クリスマスカーリーを含む)2体はほぼ必須でぶチョコボなどで代用は可能ですが、封印耐性が不足してしまうので基本的に妥協枠での編成となってしまいます。他の妥協枠としてはリンシアラグドラなども良い。

相性の良いサブモンスター

闇カーリー 転生イシス 水着風神 闇アテナ
s_分岐闇カーリー_アイコン 転生イシス_アイコン 水着風神_アイコン 闇アテナ_アイコン
覚醒ヘスティア 水ウルカ オデドラ
覚醒ヘスティア_アイコン ウルカ_フェス限ヒロイン_アイコン 起源神・オーディン=ドラゴン・光槍型

当然闇カーリーのような陣枠は必須級。水着風神は操作時間の確保と7コンボ時の火力UP、ダメージ吸収への対策が行えます。根性対策を考えるならバインドが効かないヘスティアを編成してあげると良いでしょう。

サブとしての評価

サブ性能は低い

覚醒の並びは悪くありませんが、操作時間延長+スキルチャージとスキルの汎用性は決して高いものではありません。サブとして優先的に採用されるようなパーティーは無いと言っても良いので、サブモンスターが欲しいのならオデドラやラグドラなど他のモンスターを購入しましょう。

ヨミ=ドラゴンの性能紹介

ヨミドラ_カットイン
s_評価用_アイコン s_テンプレ用_アイコン
ヨミドラの超究極に必要な素材一覧
リーダースキルの発動条件と倍率

リーダーとしての評価

倍率発動しやすいお手軽リーダー

サブの入れ替えで、周回向け・高難易度向けと多様に使い分けられるリーダー性能を持ちます。エスカマリを筆頭とした強力なサブが多く、良い意味でも悪い意味でもサブの影響を受けやすいです。

バインドが効かず、スキルチャージ付きの変換とモンポ龍の中ではかなり優秀なスキルを所持しています。超究極進化により攻撃・回復倍率が増加したことで、さらに快適な周回と高難易度攻略が可能となりました。

パーティー編成難易度:中〜高

ドロップ強化覚醒を大量に持っているエスカマリを編成できるかできないかで火力にかなり開きが生まれます。エスカマリを所持していない場合は闇ドロップ強化を最低限5個以上確保し、サブを2体攻撃やキラー寄せにして火力を増強しましょう。

相性の良いサブモンスター

エスカマリ 光カストル 転生ハク
s_闇光エスカマリ_アイコン s_光カストル アイコン 転生ハク_アイコン
オオクニ 火ハク 光明智
s_オオクニ s_焔月輪の白虎・ハク s_究極光明智光秀_アイコン

闘技場安定周回を目指す場合、パールやカグツチ対策の遅延要員としてオオクニがかなり有用です。エスカマリは持っているなら確実に編成しましょう。ボス戦ではハク→明智の組み合わせが強力なので、両方所持しているなら是非一緒に編成してあげましょう。

ハクに関してはダブルキラーを活かせる火ハクがオススメですが、キラーにとらわれずに4個消しや7コンボ以上で火力が出せる転生ハクも良いです。

サブとしての評価

サブ性能もなかなか

完全バインド耐性にスキブ、操作時間延長を2個ずつと覚醒ラインナップも優秀ですが、闇と回復を同時に生成しつつ、チャージ効果も持ち合わせたスキルの汎用性が高く、闇パであればサブとして採用できる場面も多いです。

ラグナロク=ドラゴンの性能紹介

超究極ラグドラ(ラグナロクドラゴン)
s_評価用_アイコン s_テンプレ用_アイコン
ラグドラの超究極に必要な素材一覧
リーダースキルの発動条件と倍率

リーダーとしての評価

キラーで火力を増強

ラグドラ自身が神キラードラゴンキラーを持つので、サブにもキラー持ちを編成しキラー主体で編成を組むことでバラけがちな火力を補うのが良いでしょう。

パーティー編成難易度:中〜高

マシンタイプという縛りに加え、多色と相性の良いスキルや覚醒となるとサブの候補がだいぶ絞られていまします。リーダー性能をフルに活かせるサブの少なさが難点と言えます。

相性の良いサブモンスター

ラグドラ バルディン アナジャス
破神機・ラグナロク=ドラゴン(超究極ラグドラ)_アイコン 獄刃の龍機神・バルディン_アイコン s_アナザージャスティス究極
ウィンリィ エレン ボルメテ
s_ウィンリィ_アイコン 分岐エレン_アイコン s_ボルメテウス・蒼炎・ドラゴン(火水ボルメテ)_アイコン

スキルや覚醒の内容的にサブにも1体はラグドラを編成しておきたいです。キラーを主体とした編成にするならバルディンはほぼ必須級です。1体で2色を埋められる火水ボルメテウスは貴重な存在と言えるでしょう。

サブとしての評価

多色パのサブとしてかなり優秀

完全バインド耐性に加え、操作時間延長×2に2体攻撃やキラーと覚醒スキルの構成も良く、スキルも多色パに適した6色陣となっています。木の単色パでも十分採用でき、総じてサブ性能は高いです。

効率良くモンポを集める方法を考察
効率良くモンポを集めるには

モンポ龍(MPドラゴン)の性能比較

モンポの概要と販売履歴を紹介!
モンスターポイントとは?
モンポモンスター販売履歴

周回性能ランキング

ラードラ、オデドラはそもそも周回に向かない為、間に大きな壁があります。

順位 モンスター 詳細
rank1 超究極シヴァドラ
シヴァドラ
パズルやHPなどに依存せず、常時6.25倍の倍率を出せることが強み。
rank2 超究極ヨミドラ
ヨミドラ
強化ドロップを含めて5個消しという面でシヴァドラよりお手軽さは劣るが、闘技場の周回はお手のもの。
rank3 超究極ネプドラ
ネプドラ
高難度降臨周回の安定感は抜群で、マルチという観点なら上2体を上回る。
4 破神機・ラグナロク=ドラゴン(超究極ラグドラ)_アイコン
ラグドラ
キラーである程度ゴリ押せる部分はあるが、LSの特性上、周回にはあまり適さない。
5 s_超究極ラードラ
ラードラ
ここから周回には向かないモンスター。攻略性能は高いが、LSの特性上、周回には不向き。
6 起源神・オーディン=ドラゴン・光槍型
オデドラ
十字消しでの高火力は魅力だが、十字消し複数を組むのは周回の際は手間となる。

攻略性能ランキング

単体のリーダースキルのみでなくサブの強さも関わってきます。

順位 モンスター 詳細
rank1 s_超究極ラードラ
ラードラ
様々なダンジョンを攻略可能。最近は火力不足も目立ってきたが、耐久性能が高くまだまだ現役。
rank2 破神機・ラグナロク=ドラゴン(超究極ラグドラ)_アイコン
ラグドラ
全パラメータ補正による安定した攻略が可能。現環境では火力不足に陥る場面もあるが、キラーである程度補強できるのも強み。
rank3 超究極ヨミドラ
ヨミドラ
HP倍率がかからないため高ダメージ先制などには対策が必要。ネプドラに比べて火力は劣るが、コンボ吸収やバインド耐性が強み。
4 起源神・オーディン=ドラゴン・光槍型
オデドラ
自身のスキルでバインド/覚醒無効をケアできるのが大きく、LSの自動回復でスキル溜めも容易。火力は高いがコンボ吸収が辛く、HP倍率がないため大ダメージ先制には対策が必要。
5 超究極ネプドラ
ネプドラ
全パラメータに倍率がかかるようになったため、安定感が増した。ただ、必要ドロップ数が極端に多いので、どちらかというと2人マルチ向き。
6 超究極シヴァドラ
シヴァドラ
周回パとしては強力だが、攻略で重要な瞬間火力という面では上位に劣り気味となる。

モンポ龍(MPドラゴン)購入優先度ランキング

手持ちのモンスターにより優先度が変動

リーダーとしての運用を考える場合、サブとして編成できるモンスターをどの程度所持しているかにより購入優先度が変わってきます。更に、初級者の方にとってはコスト問題究極進化素材の問題なども出てきます。

順位 モンスター 詳細
rank1 s_オーディンドラゴン進化前
オデドラ
超究極に必要な素材
覚醒無効とバインドが回復できる優秀なスキルに加え、光槍型は操作時間延長2個+コンボ強化と覚醒も非常に優秀。リーダーとしてはある程度のパズルスキルが必要となりますが、サブ性能を重視するならこちらを購入しましょう。
rank2 s_ラグナロクドラゴン進化前
ラグドラ
超究極に必要な素材
リーダーとして運用するにはある程度サブ候補が揃っている必要がありますが、サブで採用できるパーティーも多いので、多色パをメインで使用しているなら購入する価値は十分にあります。
rank3
同率
s_ラードラ進化前
ラードラ
超究極に必要な素材
全盛期ほどの猛威は振るえませんが、サブさえ揃っていれば現在でもリーダーとして十分に活躍してくれます。サブがある程度揃っていて、強力なリーダーがいないなら購入する価値はあるでしょう。
ヨミドラ進化前
ヨミドラ
超究極に必要な素材
リーダーとして使われることは少なくなりましたが、スキルが優秀なので闇パのサブとして十分に活躍できます。
5 ネプチューンドラゴン_進化前
ネプドラ
超究極に必要な素材
最大倍率を出すために必要なドロップが膨大で、現環境では倍率に見合っていないリーダー性能です。マルチ周回で採用される場面もあるので、マルチをよくプレイする方は購入しておくのも良いでしょう。
6 シヴァドラ
シヴァドラ
超究極に必要な素材
スキル上げなどでダンジョンを周回する際に使えるモンスターです。スキル効果がチャージのみなので、サブ性能はあまり期待できません。

総評

最終的には自身の手持ちと相談

周回や攻略様々な用途があるとはいえ、リーダー運用する場合、サブが揃っていなければ真価を発揮出来ないモンスターも多いです。その為、自身のBOXを再度確認してから最終的な判断を下しましょう。

TOPへボタン_パズドラ

パズドラ攻略情報

最強リーダー-min
最強リーダー
周回リーダー
周回リーダー
リセマラ-min
リセマラ
最新究極-min
最新究極
モンポ龍性能比較
モンポ龍比較
四君子性能比較
四君子比較
モンポとは
モンポとは
モンポ効率
モンポ効率
ギミック-min
ギミック一覧
アシスト-min
継承おすすめ
潜在覚醒
潜在おすすめ
さいかわ-min
さいかわ

属性別モンスター一覧

属性ボタン_火_修正後
属性ボタン_水
属性ボタン_木
属性ボタン_光
属性ボタン_闇
【楽しく利用するためのルール】
  • 他人に不快な思いをさせるような内容の書き込み
  • 外部サイトへの誘導・宣伝する内容の書き込み
  • アカウントの売買など金銭が絡む内容の書き込み
  • 各ゲームのネタバレを含む内容の書き込み
上記の書き込みを禁止とし、コメント削除や書き込み制限措置を行う可能性もありますのでご了承ください。

コメント一覧

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

注目情報