黒猫攻略Wiki

コロプラが提供する「魔法使いと黒猫のウィズ」の攻略wikiです。最新のガチャ情報やリセマラ情報などを紹介しています。随時更新していきますので攻略の参考にしてください。

AppMedia

記事

【黒猫のウィズ】ルヴァルの評価とステータス/空戦のドルキマスガチャ

魔法使いと黒猫のウィズの空戦のドルキマスガチャで登場した「ルヴァル」のステータスと評価を紹介しています。ルヴァルのスキルや使い道も紹介していますので当たりかどうかの参考にしてください。

ルヴァル目次

ルヴァルのステータス/スキル

ルヴァルのステータス

yth (2)

破邪必滅の刃 ルヴァル・アウルム
最大レアリティ L
属性
種族 神族
最大コスト 46
ステータス
HP 攻撃
最大 2931 4132
レジェンド時 3431 4632

※ステータスの最大値は潜在能力の解放時の値

ルヴァルのスキル

アンサースキル
通常 5チェインで火属性の敵単体へ特効ダメージ(650%)
レジェンド 5チェインで火属性の敵単体へ特効ダメージ(750%)
スペシャルスキル
通常 5ターン味方全体を徐々に回復する(20%)
発動ターン 8(5)ターン
レジェンド 5ターン味方全体を徐々に回復する、HP50%未満でさらに回復する(20%/30%)
発動ターン 10(7)ターン

※()内は潜在能力の解放時の値

ルヴァルの使い道

トーナメント イベント
Bランク Aランク

ルヴァルの評価

スキルの詳細

AS 5チェインの属性特攻

ASは5チェインで火属性の敵単体へ特攻ダメージを与えることができます。倍率はレジェンド時750%とトップクラスの火力を誇ります。属性特攻かつチェインを要するため条件は多く、チェインがなくなったり、火属性以外の敵に対してはダメージが出ないので、連れて行く場所はしっかり選ぶ必要があります。

SS 5ターンのリジェネ

SSは5ターン味方全体を徐々に回復(20%)することができます。レジェンド時はさらにHP50%未満で1回の回復量が30%に増加するので、高いダメージを多く食らうような場所では助かりますね。

強い点、使える場面

アタッカー兼サポート精霊

アンサースキルが属性特攻でルヴァル自身の素の攻撃力が高いため、火属性の敵に対しては高いダメージを出すことができます。またアタッカー精霊ですがスペシャルスキルがリジェネなので回復もおこなえるアタッカー兼サポートができる万能な精霊になっています。

主な活躍場所

高チェインの属性特攻と回復スキルの組み合わせなので、あまりトーナメント向けとは言えないです。ステータスが高く攻守を兼ねているのでどちらかと言うと高難易度のイベントでの運用になります。アンサースキルの発動に5チェインを要するので長期戦などで活躍してくれそうですね。またリジェネ精霊なのでイベントによって、ピンポイントでデッキに入れるのもいいですね。

弱い点、使えない場面

高チェイン属性特攻

アンサースキルが5チェインで属性特攻と条件が多く、火属性以外の敵にダメージが出せないことや、チェイン解除や誤答に弱いことなどリスクが大きいです。

使えない場所

初速を必要とする場所や火属性以外の敵が多く出現するイベントでは満足に火力が出せないので使いづらいです。またレジェンドモードまでのターン数も長く、スペシャルスキルの発動ターンも他のリジェネ持ちの精霊に比べると遅めです。

ルヴァルの潜在能力

通常時

潜在能力
1 パネルブースト・水
2 水属性HPアップⅠ
3 ファストスキルⅠ
4 パネルブーストⅡ・水
5 水属性攻撃力アップⅠ
6 九死一生Ⅰ
7 ファストスキルⅡ
8 水属性ダメージ軽減Ⅱ
9 神族HPアップⅡ
10 神族攻撃力アップⅡ

レジェンドモード時

潜在能力
1 HPアップⅤ
2 攻撃力アップⅤ

ルヴァルの総合評価

神族デッキを組むのが望ましいですが、水の神族は限定ガチャの精霊が多いため、なかなかデッキ組むのが難しく、同じ神族のリュコスとアンサースキルが被ることから、現状は神族デッキというよりも必要によってアンサースキルの火力要員やスペシャルスキルのリジェネ要員としてピンポイントで運用していくことがメインになります。

空戦のドルキマスガチャ


ディートリヒ

プルミエ

キャナル

ローヴィ

ライサ

ルヴァル

ヴィラム

クラリア

【黒猫のウィズ】関連リンク

リセマラランキング!
リセマラランキング

【楽しく利用するためのルール】
  • 他人に不快な思いをさせるような内容の書き込み
  • 外部サイトへの誘導・宣伝する内容の書き込み
  • アカウントの売買など金銭が絡む内容の書き込み
  • 各ゲームのネタバレを含む内容の書き込み
上記の書き込みを禁止とし、コメント削除や書き込み制限措置を行う可能性もありますのでご了承ください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

注目情報