幕張メッセで行われた東京ゲームショウのVRコーナーのブレイブウィッチーズをプレイしてみた感想を記載した記事です。VRの面白いところや操作性、使用感も記載していますので、東京ゲームショウに行かれる方や購入予定の方は参考にして下さい。

VRで遊んでみた

VRとは?

仮想現実世界に入る新しいゲーム!

VRは頭にヘッドセットを装着しプレイする斬新なゲームシステムです。ヘッドセットにはゴーグル型の液晶画面が付属しており、このゴーグルを通してゲーム内の画面を見ることができます。従来のゲームとは違い、画面から離れたりすることがなく、体を動かし、自分の視点を変えることで360度あらゆる方向を見ることができるので、常に臨場感のあるゲームを楽しむことができます。さらにヘッドフォンを装着することで臨場感のある音でゲームをプレイすることができるので、まるで仮想現実世界に入ったような錯覚に陥る新感覚のゲームシステムです。

ブレイブウィッチーズをプレイしてみた!

s_スクリーンショット 2016-09-15 18.25.55

ブレイブウィッチーズとは?

ブレイブウィッチーズとはテレビアニメ「ブレイブウィッチーズ」を題材としたVRゲームです。空を飛んでいるヒロインたちを操作し、敵航空艦隊を倒すとクリアとなります。

頭を動かしてキャラクターを操作!

ブレイヴウィッチーズは敵航空艦隊にターゲットを合わせて倒していくゲームです。従来のゲーム機ではコントローラーを操作してターゲットの標準を合わせていましたが、ブレイブウィッチーズでは頭を動かして敵を狙います。見ている視点にターゲットのアイコンがあるので、右に敵がいるときは右を、左に敵がいるときは左を向いて敵を攻撃します。

360度から敵艦隊が出現!

VRでは全ての方向の視点を見ることが可能で、それに伴い、敵も360度から出現します。今回東京ゲームショウで体験した内容では、敵が前後左右に出現することはもちろんのこと、真上にも敵艦隊が移動していたので、全ての方向に対応しなければいけません。

音の臨場感が凄い!

VRはヘッドセットを着用するため音の臨場感が凄まじく、立体的に聞こえます。プレイヤーと敵艦隊との距離に応じて音も変わってくるので、敵が近づいたら音が大きくなり、敵が遠のいたら音も小さくなっていきます。音の臨場感が凄いので、FPSゲームやホラーゲームなどもしてみたいですね!

VRをプレイしてみての感想

操作性が楽しい斬新なゲーム機!

これまでのゲーム機はコントローラーを操作し、座りながらプレイするゲームが主流でしたが、VRは体を動かし、キャラクターを操るゲーム機なので、操作性が新鮮で凄まじく面白いです。体を動かすゲームとしてはWiiやWiiUとも同じですが、視点を360度どの角度からも見ることができるので、立体的なプレイが可能で、ヘッドフォンで音も臨場的に聞こえるので、ゲームの新たな面白さを感じることができる非常に楽しいゲーム機だと思いました。

FPSなどは期待大!

VRはあらゆる方向を見ることができるので、FPSゲームなどは臨場感が増し、熱いゲームバトルをすることができると思いました。プレイ画面も非常にリアルなので、個人的には今後のFPSタイトルには期待が持てます。

ブレイブウィッチーズは今後PSVRで展開予定!

今回プレイしたブレイブウィッチーズは現段階ではVRゲームとしての試作ゲームでしたが、今後PSVRでの展開の可能性もあるそうです。操作性も快適で面白いゲームだったので、追加要素が加わりPSVRに参入するのが非常に楽しみなゲームです。

TGS関連リンク

TGS2016初日最速レポート!

遊戯王デュエルリンクスをTGSで先行プレイ!