白猫テニス(白テニ)におけるテニスのルールと解説について紹介しています!是非、参考にして下さい。

リセマラランキングはこちら
白猫テニスリセマラランキング

テニスのルールと解説

得点失点方法

主なルール

フォルト
※右から打つ場合
s_スクリーンショット_2016-07-31_22_17_15

サービスライン(矢印のライン)を超えてバウンドする場合、フォルトとなり、もう一度サーブを打たなければなりません。サービスラインは、自身がサービスを打つ場所から対角線上のラインです。

サイドアウト
※シングルスの場合
s_スクリーンショット_2016-07-31_22_48_36

※ダブルスの場合
s_スクリーンショット_2016-07-31_22_52_17

矢印のライン(サイドライン)からボールがノーバウンドで出るとサイドアウトとなり、得点を失ってしまいます。シングルスとダブルスでラインが違うので、注意しましょう。

バックアウト
s_スクリーンショット_2016-07-31_22_54_13

後方のライン(バックライン)からボールがノーバウンドで出てしまうとバックアウトとなり、得点を失ってしまいます。

ネット
s_スクリーンショット_2016-07-31_22_59_32

打ったボールがネットを越えなかった場合、得点を失う特になります。

得点失点の場面

・サーブを2回続けてフォルトしたとき(ダブルフォルト)
・サーブしたボールをノーバウンドでレシーバーが触れたとき
・自分のコートでボールが2回バウンドしたとき
・自分のコートに落ちたボールがバウンドしなかったとき
・アウト(サイド・バック)の場合
・ボールが体に触れたとき
・プレー中に、体やラケットがネットに触れたとき
・ボールがネットを越えなかったとき

通常のルール

ゲームとは?

4ポイント先取で1ゲーム取ったことになります。ゲームが変わる毎にサーブとレシーブを入れ替えながら行います。

ポイントのコール

1 2 3 4
15 30 40 ゲーム

40でポイントが並んだ場合

ポイントが40で並んだ場合は”デュース”と言い、デュースの状態から2ポイント先取したプレイヤーがゲームを制すことになります。

セットとは?

セットはゲームの大きい単位と考えれば大丈夫です。規定のゲーム数を先取したプレイヤーがセットを獲得することができます。

※例:7ゲーム1セットの場合
1セットのゲームが7ゲームの構成になっているので、先に4ゲーム獲得したプレイヤーの勝利となります。

タイブレイクのルール

タイブレイクとは?

タイブレイクは例えば、7ゲーム1セットの試合で、3ゲームで並んでしまった場合に行われる最終ゲームの試合の形式です。サーブを2最初のサーブ以外2回ずつ行い先に7点(5点の場合も)先取したプレイヤーの勝利となります。

タワーモードはタイブレイクを採用!

白猫テニスのタワーモードはこのタイブレイクのルールを採用しているため、1ゲームの試合になります。得点は基本的には5点先取のもになっているのでしっかり把握しておきましょう。

まとめ

テニスのルールについて、簡単に説明させていただきました。テニスのルールがわからないという方は是非、参考にしてください。

関連リンク

白猫テニス攻略wikiはこちら
白猫テニス攻略wiki