シャドウバース(シャドバ)の2pick(アリーナ)でピックしない方が良いカードをまとめていますぜひアリーナ(2pick/2ピック)攻略の参考にして下さい。

▶︎2pick(アリーナ)とは?
2pickとは?/アリーナについて

アリーナ(2pick/2ピック)でピックしてはならないカード

アリーナで弱い選定基準

単体では使えないカード

アリーナ(2pick/2ピック)では複数のカードを組み合わせて真価を発揮するカードは扱い辛く、アドバンテージを失いやすいため、ピックは極力避けるべきです。そのため、効果を持たないニュートラル専用カードでも、単体で扱えるカードが優先されます。

構築戦でのみ強いカ―ド

シャドウバース(シャドバ)には専用のデッキを組んで初めて強いカードが多く存在します。アリーナ(2pick/2ピック)では安定して専用のカードをピックすることは難しいため、特定のデッキでのみ使われるカードのピックは避けるべきです。

エルフのピックしない方が良いカード

カード 解説
森の聖域森の聖域  強化対象が攻撃力1のフォロワーのみのため、安定して効果を発動させることが難しく、盤面を埋めてしまうためピックは避けるべきカード。
まどろみの森まどろみの森  一時的に攻撃を止める事が出来るが、安定して止めたいフォロワーを止められるとは限らない。アドバンテージを失ってしまうカードでもあるので、ピックすべきではない。
エルフの弓術エルフの弓術  2Pickでは複数枚のカードを安定してプレイする事は難しいので、使い勝手の悪いカード。
ぺタルフェンサーペタルフェンサー  フェアリーを安定して並べられない2Pickではスタッツの低い4コストフォロワーになってしまうため、ピックすべきではない。
▶︎エルフのピックおすすめカードはコチラ

アリーナ(2pick/2ピック)で強いエルフのカード

ロイヤル

カード 解説
最前線最前線  ロイヤルは複数のフォロワーを場に出せるカードが多いので、盤面を圧迫してしまう。すぐに効果が発動するわけでもないため、ピックすべきではない。
武装強化武装強化  押されている状態で弱く、アドバンテージを取れる場面が少ない。
盗賊の極意盗賊の極意  潜伏デッキを組むのは殆ど不可能で、潜伏を持つカードはスタッツが低めのため、デッキパワーが下がってしまう。ピックは避けるべきカード。
激励の舞激励の舞  押されている状態で弱く、アドバンテージを取れる場面が少ない。
騎士王の威光騎士王の威光  5コストと重く、盤面を圧迫してしまう。
▶︎ロイヤルのピックおすすめカードはコチラ

アリーナ(2pick/2ピック)で強いロイヤルのカード

ウィッチ

カード 解説
魔力の蓄積魔力の蓄積 2Pickでは対象となるスペルブーストのカードを安定して複数ピックできないため使いにくいカード。
ルーンブレードサモナールーンブレードサモナー スペルを多くピックするよりも、フォロワーのピックが優先されるため活躍し難い。
ファイアーチェインファイアーチェイン スペルカードを多くピックする事が難しいため、使いにくいカード。
運命の導き運命の導き 優秀な除去が多くピック出来た際には活躍するが、フォロワーのピックが優先される。
白霜の風白霜の風 スペルブーストを重ねる事が難しく、バウンスが活きる場面も少ない。
ドラゴンメイジドラゴンメイジ スタッツが低く、効果を活用するのが難しいため、ピックするべきではない。
▶︎ウィッチのピックおすすめカードはコチラ

アリーナ(2pick/2ピック)で強いウィッチのカード

ドラゴン

カード 解説
黄金竜の住処黄金竜の棲家 序盤に欲しい低コストのカードをランダムで捨ててしまうため使いにくい。盤面に影響を与えるカードでもないため、2Pickでは安定感に欠けるカード。
竜巫女の儀式竜巫女の儀式 自ら手札を捨てるカードがないと何の意味もない。専用デッキが組めない2pickでは避けるべきカード。
竜化の秘法竜化の秘法 アドバンテージを失っている割にはリターンが少なく、使いにくいカード。
鳳凰の庭園鳳凰の庭園 専用デッキが組めない2pickではピックするべきではない。盤面に影響を与えるカードでもないので、足を引っ張る事が多くなる。
▶︎ドラゴンのピックおすすめカードはコチラ

アリーナ(2pick/2ピック)で強いドラゴンのカード

ネクロマンサー

カード 解説
集団埋葬地集団埋葬地  ネクロマンスが余りがちな2Pickでは効果を活かせない。カードパワーの低さが足を引っ張ってしまう。
死への近道死への近道  大型フォロワーに対しては効果的だが、2対1交換になってしまうため、アドバンテージを失ってしまう。
幽体化幽体化  アドバンテージの取り合いになる2Pickでは、守護をすり抜ける事が有効に機能する場面は少ないため、ピックすべきではない。
死者の帰還死者の帰還  2ターン目にプレイできるカードではないので、他のカードを優先してピックしたい。序盤に引くとテンポロスにもつながってしまう。
汚れた再生汚れた再生 使うタイミングがあまりない上にアドバンテージを失っているためピックは避けたいカード。
死霊の宴死霊の宴 2pickではネクロマンスは余りがちになるので必要のないカード。
再生の呪印再生の呪印  うまく機能する場面もあるがコストが重い。体力は上がらないので、アドバンテージを得難い。
▶︎ネクロマンサーのピックおすすめカードはコチラ

アリーナ(2pick/2ピック)で強いネクロマンサーのカード

ヴァンパイア

カード 解説
鮮血の花園鮮血の花園  場に影響を与えないので、デッキのパワーが下がってしまうためピックを避けるべきカード。
リミルの秘密リミルの秘密  ライフを回復するだけの効果は活かせる場面が少ない。
復讐の悪魔復讐の悪魔 序盤全く活躍しないためピックするべきではない。
▶︎ヴァンパイアのピックおすすめカードはコチラ

アリーナ(2pick/2ピック)で強いヴァンパイアのカード

ビショップ

カード 解説
気高き教理気高き教理  カウントダウンアミュレットが多く引けた場合後半でピックするのはありだが、場にカウントダウンアミュレットが無い場合は手札で腐ってしまう。
愛の福音愛の福音  ライフを回復するだけのカードは2Pickでは避けるべきカード。
詠唱:天喰らう聖竜詠唱:天喰らう聖竜  発動まで時間がかかるため、序盤に出しても効果的に機能しにくい。
守護の力守護の力  体力を上げる効果は有効な場面は多いが、直接場に影響を与えられないため極力ピックは避けるべき。
治癒の祈り治癒の祈り  単体ではライフ回復効果しか機能しないため、2pickでは使いに難いカード。
エイラの祈祷エイラの祈祷  エイラの祈祷を基点としたデッキを作る場合は2pickではあまり効果的ではない、回復効果を持つカードを複数ピックする必要があるため、デッキのパワーを下げてしまう。
ダークオファリングダークオファリング  単体では機能しない上に、強力なフォロワーをコストにする必要があるため、ピックは避けるべきカード。
▶︎ビショップのピックおすすめカードはコチラ

アリーナ(2pick/2ピック)で強いビショップのカード

ニュートラル

カード 解説
忌むべき悪魔の像忌むべき悪魔の像  効果を発動することは殆ど不可能なので、場に出しても一方的に破壊されてしまうため、アドバンテージを失ってしまう。
研磨の魔法研磨の魔法  攻撃力を上げる効果は2pickでは評価は低い。フォロワーを優先してピックするべき。
新たなる運命新たなる運命  使用しても単純に手札の枚数を減らしてしまっただけ、ということになりやすい。
天上の楽曲天上の楽曲  体力を上げる効果は悪くないが、直接盤面に影響を与えないので、ピックするべきではない。
アークエンジェルレイナアークエンジェル・レイナ  8ターン目まで進化権が残っている事が殆どないため、効果を活かしづらい。

ピックしない方が良いカードまとめ

アリーナ(2pick/2ピック)では、強いカードを多くピックする事も重要ですが、使えないカードをピックしない事も重要です。使えないカードを引いてしまうと、実質手札が1枚少ない状態で戦う事になってしまいます。アリーナ(2pick/2ピック)をプレイする際には、是非ピックしない方が良いカードを意識してプレイしてみてください。
アリーナ(2pick)で5勝するコツ

シャドウバース攻略情報

人気記事一覧
人気記事_リセマラリセマラ 人気記事_14最強デッキ 人気記事_ダークネスエボルヴ新環境デッキ
人気記事_798無課金デッキ 人気記事_分解分解おすすめ バハムート新カード
クラス別デッキレシピ一覧
エルフデッキ一覧エルフ ロイヤルデッキ一覧ロイヤル ウィッチデッキ一覧ウィッチ ドラゴンデッキ一覧ドラゴン
ネクロデッキ一覧ネクロ ヴァンパイアデッキ一覧ヴァンプ ビショップデッキ一覧ビショップ

お役立ち情報

▶︎初心者序盤攻略 ▶︎ルール解説
▶︎リーダーは誰がおすすめ? ▶︎用語集
▶︎2Pick報酬一覧まとめ ▶︎デイリーミッション報酬
▶︎ストーリー報酬 ▶︎アチーブメントミッション報酬
▶︎ハースストーンとの共通点