シャドウバース(シャドバ)のランプドラゴンのレシピや回し方、マリガンガイドについて解説しています。現環境の最強デッキ/最強構築を考察していますので、是非昇格戦の攻略に役立てて下さい。

▶︎リセマラランキングはこちら
最新リセマラ当たりランキング!

ランプドラゴンのデッキレシピや解説、マリガンガイド

ランプドラゴン

生成エーテル数  19450
プレイング難易度 ★★★・・
デッキ相性 良い ▶︎-
▶︎-
悪い ▶︎-
▶︎-

ランプドラゴンのデッキレシピ

ドラゴンのカード

コスト カード名 枚数
10 ジェネシスドラゴン 3
8 ジルニトラ 3
7 神龍 3
7 ドレッドドラゴン 3
6 騎竜兵 2
6 ドラゴンガード 2
4 グリムリーパー 2
4 ドラゴンウォーリア 3
3 プリズンドラゴン 3
3 ドラゴンナイト・アイラ 3
2 変化する魔術師 2
2 ファイアリザード 2
2 ドラゴンライダー 2
2 竜の託宣 3

ニュートラルのカード

コスト カード名 枚数
5 ゴブリンマウントデーモン 3
3 シールドエンジェル 1

▶︎デッキレシピのデッキコードはこちらから発行できます
公式シャドウバースポータル

ランプドラゴンの解説や回し方

キーカード/おすすめカード

カード 解説
ジェネシスドラゴン修正後
ジェネシスドラゴン
超大型フォロワーでありながら、高い耐久力と7点もの高打点を疾走によって叩き出す、ドラゴンデッキのフィニッシャー。このカードの強力さがランプドラゴンをランプドラゴンたらしめている。
ドレッドドラゴン
ドレッドドラゴン
7コスト4/4とややサイズは低いが、それを補って余りある4点焼きを持つ。進化も含めるとタフネス10のフォロワーを処理でき、またドレッドドラゴン単体でアグロデッキのアタッカーを押さえる事が出来るため非常に強力。
騎竜兵
騎竜兵
ファンファーレで自分手札のフォロワーのコストを下げられる。ジルニトラ神龍ジェネシスドラゴンが主な対象だが、守護持ちのコストを下げることで結果的な防御力と対応力を高めるという運用もある。
神龍
神龍
終盤腐った低コストを捨て2枚ドローするドラゴンデッキの貴重なドローソース。自身の戦闘力も高く、腐りにくいのが特徴。
竜の託宣
竜の託宣
PPブーストのために最優先キープすべきドラゴンデッキの重要カード。覚醒後は1ドロー効果を持つため、無駄になることもない超強力なカード。
ファイヤーリザード
ファイヤーリザード
1点の焼きを持つ2コスト2/1カード。同コスト帯のドラゴンライダーと比べ非常に処理されやすいが、アグロの足を止めたり、ドレッドドラゴン及びドラゴンウォーリアの焼きを補助する等、後半になっても腐りにくい点が非常に優秀。

ランプドラゴンの強い点/勝ち方

ジェネシスドラゴン

サタン/フレイムデストロイヤーと並ぶ最大型フォロワー、ジェネシスドラゴンが3積みされています。ジェネシスドラゴンは7/9というサイズでありながら疾走を持っており、相手の大型を即座に除去したり、即ライフを減らしたりと非常に汎用性の高い使い道があります。このカードの強襲こそがランプドラゴン最大の魅力となります。

PPブースト

現状他職にはない、ドラゴンクラスだけが持つ特色としてPP加速があります。竜の託宣は1ターン先のPP即座に得ることができ、ドラゴンナイト・アイラはラストワードにてPPを+1します。この特色はドラゴンデッキの超優秀な特色となります。

制圧力が高い!

上記PP加速とのシナジーで大型のドラゴンが通常より早く出てきます。大型のドラゴンはサイズもさることながら非常に優秀なフィールド制圧力を持つため、盤面を取りやすく、シャドウバースは盤面を取ることが勝利に繋がりやすいゲームであることがこのデッキの強力さを後押ししています。

引き勝負に強い!

相手と盤面を奪い合うような泥試合の展開になった場合、ドラゴンデッキの強みが発揮されます。1サイズ大きなカードで1対2交換、最悪でも1対1交換に持ち込める可能性が高いため、再度盤面を奪い返すことが比較的容易となります。

ランプドラゴンの弱い点/要注意カードなど

手札事故

デッキの半数が重いカードで構成されています。デッキの性質上低コストカードを大量投入する事がないため、手札事故による序盤のライフアドを奪い返す事がなく敗北するが、ままあります。

アグロ(速攻)デッキ

上記手札事故とも関係がある項目となります。デッキの半数が重いカードのため、アグロデッキがブン回ると手も足も出ず負けてしまうことがあります。対策として低〜中コストの守護持ちを搭載しているので、竜の託宣と合わせてマリガンで狙っていきましょう。

ランプドラゴンの動きや回し方

序盤(1~3)の理想的な動き

1ターン目
1コストカードを採用していないため、初ターンする事はありません。
2ターン目
2コストから始動となります。ファイアリザードドラゴンライダー変化する魔術師は対アグロの頭潰しに、竜の託宣が手札にあるなら即出しで構いません。
3ターン目
ドラゴンナイトアイラ等が使用できるターンです。アグロ対策の場合はプリズンドラゴンを。託宣が打てている場合、このターンでPP4なためグリムリーパーやシールドエンジェルをプレイしておきたいですね。

中盤(4~7)の理想的な動き

4ターン目
グリムリーパー、ドラゴンウォーリアがプレイ可能なターンです。ドラゴンウォーリアは非常に盤面を取りやすいカードなので積極的に進化して構いません。ブーストがかかっている場合、ゴブリンマウントデーモンをプレイするのも良いでしょう。
5ターン目
5コスト帯はゴブリンマウントデーモンのみです。まだこの段階は守備に回ることが多い展開が多いはずなので、守備をしつつ相手を消耗させておきましょう。
6ターン目
騎竜兵ドラゴンガードをプレイ可能なターンとなります。守護持ちが生存している場合や、盤面を取りたい場合は騎竜兵を、守護が必要なタイミングではドラゴンガードをプレイします。PPブーストされているならドレッドドラゴンで盤面を取りに行くことも可能なターンです。
7ターン目
神龍、ドレッドドラゴンがプレイ可能です。どちらも効果が強力かつ、進化まで見据えると非常に多くのフォロワーを処理可能なため状況に合わせてプレイする事となります。

終盤(7~9)の理想的な動き

8ターン目
ジルニトラをプレイ可能となります。疾走を持ちながら5/5のドラゴンを生み出すジルニトラは非常に強力かつアドを取りやすいフォロワーで、プレイしやすい点も強力です。8ターンめともなると相手も相応のカードをプレイしているため該当ターンの攻防が勝負を分ける事も多いにあります。
9ターン目
9ターン目は相手も大型をプレイしている、または守護持ちが展開しており、熾烈な攻防が繰り広げられています。雑な言い方ですが盤面を取るのか、殴るのか守るのかを見極めつつ、次ターンのジェネシスドラゴンに繋ぐ手を考えておきます。
10ターン目
フィニッシャーであるジェネシスドラゴンがプレイ可能となります。7点疾走は驚異的な爆発力な為、ただ出すだけでも非常に強力です。ここまで来てしまえば総力戦。ドラゴンのパワーを叩きつけ合い、ライフを削りに行きましょう。

ランプドラゴンのマリガンガイド

マリガンとは最初にカードを任意の枚数デッキに戻して引き直すことです。ここではランプドラゴンで初手に持っておきたいカードについて解説します。

先行時のマリガン

竜の託宣

竜の託宣が手札にある場合必ずキープ。アグロ相手ならプリズンドラゴンやゴブリンマウントデーモンをキープする場合もあります。ですが何は無くともPP加速をしなければデッキが回らないため、大型中型問わず、竜の託宣(アイラ)を引きに行きましょう。

後攻時のマリガン

竜の託宣

竜の託宣が手札にある場合必ずキープ。アグロ相手ならプリズンドラゴンやドラゴンウォーリア(後攻時)をキープする場合もあります。ですが何は無くともPP加速をしなければデッキが回らないため、大型中型問わず、竜の託宣(アイラ)を引きに行きましょう。

ランプドラゴンのまとめ

強大なドラゴンの力をフル活用したデッキ!

某世界的TCGで、マナ加速(PP加速)デッキを○○Rampと呼びます。そのコンセプトをシャドウバースに流用したのが「ランプドラゴン(Dragon Ramp)」となります。

PP加速することにより、1つ上のコスト帯のカードを相手より早く使用できるのが何より強力な点です。ドラゴンはサイズが大きかったり、強力な効果を持つフォロワーが多く、PPブーストした際の恩恵が非常に大きいためフォロワーの質で盤面を取り勝利します。強力ではありますがデッキの性質上事故は避けられず、アグロデッキのスピードに対応しきれない場合があったり、コントロール系デッキに不利がつく等、明確な弱点があります。当デッキレシピを参考にして頂き、ランク戦や昇格戦攻略に役立てて頂ければと思います。
▶︎上のデッキレシピのデッキコードはこちらから発行できます
公式シャドウバースポータル

クラス別デッキレシピ一覧

デッキレシピ一覧
アリサエルフ エリカロイヤル イザベルウィッチ
ローウェンドラゴン ルナネクロマンサー ユリアスヴァンパイア
エリスビショップ

▶︎リセマラランキングはこちら
最新リセマラ当たりランキング!

▶︎最強デッキランキングはこちら
最強デッキランキング/環境デッキ

シャドウバースの各種掲示板

雑談掲示板 フレンド募集掲示板
デッキレシピ掲示板 質問掲示板