トップランカーのデッキを公開中!
▶マスターランクのデッキレシピ一覧

シャドウバース(シャドバ)の「ロイヤル」の生成おすすめカード一覧です。有用なカードをまとめていますので、ランクマッチ戦/対人戦の参考にして下さい。

お役立ち情報はこちら
最新リセマラ当たりランキング!
分解おすすめカードまとめ


ロイヤルの生成おすすめ定義

生成おすすめ度について

おすすめ度の定義はこちら
生成おすすめ度

ランク 解説
SS 文句なし!非常に強力な生成して損のないカード
S 必須ではないが所持しておきたい強力なカード
A 一部のデッキで使えるカード

ロイヤルの生成おすすめランキング

SSランク

カード名 解説
レヴィオンセイバーアルベールレヴィオンセイバーアルベール 【疾走】【ファンファーレ】エンハンス9;「このフォロワーは、1ターンに2回攻撃できる」を持つターン終了まで、このフォロワーへのダメージは0になる。中盤に疾走持ちフォロワーとして出しても強く、後半はエンハンス効果を活かしてバーストダメージを叩き出す事もでき、除去としても使える強力フォロワー。
メイドリーダーメイドリーダー ファンファーレ 指揮官・カードをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。ファンファーレでデッキから指揮官をサーチできる便利なカード。アグロ系デッキからコントロール系デッキまで全てのロイヤルデッキに採用されるため、持っていない場合は生成しておきましょう。
渾身の一振り渾身の一振り 「相手の場のフォロワーの数」が自分より多いなら、ナイト1体を出す。相手のフォロワー1体に2ダメージ。非常に使いやすい除去でありながら、後攻時にはナイトを出して逆盤面で優位に立つことができる。シルバーのため入手しやすいので、持っていない場合は生成しておきましょう。

Sランク

カード名 解説
海底都市王・乙姫海底都市王・乙姫 ファンファーレ 乙姫お守り隊を場が上限枚数になるまで出す。(上限は5体)
盤面にフォロワーを限界まで展開することができる圧倒的な展開力を誇るフォロワー、ロイヤル特有の全体強化との相性が非常に良くミッドレンジロイヤル等のデッキを組む場合必須のカードです
ロイヤルセイバーオーレリアロイヤルセイバー・オーレリア 守護 ファンファーレ 「相手のフォロワーの数」と同じだけ+1/+0する。相手のフォロワーが3体以上なら、「相手の能力で選択できない」を持つ。
ファンファーレ時の効果で相手フォロワー数に応じて火力が上がるアタッカー兼ブロッカー。相手3枚時に能力で選択できない追加効果が非常に強力でウィッチが相手の時に効果が発動すればそのまま殴り勝つことも可能。
ツバキツバキ 潜伏 ファンファーレ 攻撃力5以上の相手のフォロワー1体を破壊する。
ファンファーレで攻撃5以上の相手フォロワーを1体破壊することができる潜伏フォロワー、相手の除去と潜伏フォロワー展開することができるので非常にアドバンテージをとりやすい強フォロワー。対ドラゴンデッキでも活躍は素晴らしいものがあります
アルビダの号令アルビダの号令 パイレーツ」1体と「ヴァイキング」1体を出す。
3/2疾走フォロワーと2/3守護フォロワーの2体を出すスペル。出てくるフォロワーのステータスを合計すると5/5フォロワーになるため疾走守護を考慮すると非常に強力です

Aランク

カード名 解説
フロントガードジェネラルフロントガードジェネラル ラストワード 「フォートレスガード」1体を出す
非常に優秀な守護フォロワー。ラストワード効果により2回耐えられる点が超強力。出してしまえば最低限の仕事はする安定感が魅力
白銀の騎士エミリア白銀の騎士エミリア ファンファーレ サブリーダー・ゲルト1枚を手札に加える。相手の場にフォロワーが3体以上いるなら、そのコストを0にする。
先攻4ターン目に出す動きが強力で、様々なロイヤルのデッキに採用される汎用性の高いフォロワー。生成しておいて損のないカードです。

まとめ

シンプルこそ強い

ロイヤルのカード群はシンプルでわかりやすいカードが多く、その分構築の妙や使い手のデッキ構築センス問われます。全コストに優秀なフォロワーが多いため、いろいろなデッキを試してみると自身に相性の良いデッキを見つけることができるでしょう

シャドウバース攻略情報

デッキレシピ

人気記事_14最強デッキ TOPランカートップランカー
クラス別
エルフデッキ一覧エルフ ロイヤルデッキ一覧ロイヤル ウィッチデッキ一覧ウィッチ ドラゴンデッキ一覧ドラゴン
ネクロデッキ一覧ネクロ ヴァンパイアデッキ一覧ヴァンプ ビショップデッキ一覧ビショップ

カード作成

人気記事_分解分解おすすめ 人気記事_デッキ生成おすすめ
シャドウバース攻略TOPへ戻る
スマホゲームの常識を超えた大作RPG!
▶アナザーエデン攻略Wiki