FFコラボのドット究極キャラはどれがおすすめ?
▶ドット究極キャラおすすめランキング

パズドラのダンジョンでモンスターが使ってくる防御ギミックをまとめています。コンボ吸収や根性などの詳しい効果や、対策法なども記載しておりますので、ダンジョン攻略の参考にご活用下さい!

系統別ギミック一覧
盤面妨害ギミック スキルと覚醒妨害ギミック
即時効果の無いギミック 全ギミック早見表

TOPへボタン_パズドラ

防御ギミックとは?

s_グラト

モンスターが自分自身を守る為に使ってくる行動です。モンスターを倒す際に一番気にするべきポイントであり、そのモンスターへの基本的な対策方法はここで決まります。どれも1個だけなら大した驚異にはなりませんが、複数組み合わせる事で厄介なモンスターへと早変わりします。

防御ギミック一覧

画像 名称 詳細
s_状態異常無効 状態異常無効 ▼詳細と対策方法
s_ダメージ吸収 ダメージ吸収 ▼詳細と対策方法
s_コンボ吸収 コンボ吸収 ▼詳細と対策方法
s_属性吸収 属性吸収 ▼詳細と対策方法
s_ダメージ無効 ダメージ無効 ▼詳細と対策方法
s_ダメージ軽減 ダメージ軽減 ▼詳細と対策方法
s_属性軽減 属性軽減 ▼詳細と対策方法
- 属性変化 ▼詳細と対策方法
s_根性マーク 根性 ▼詳細と対策方法
- ターン変化 ▼詳細と対策方法

全てのダンジョンギミック一覧はこちら

防御ギミックの効果と対策法

状態異常無効

s_マイティ

どんなギミック?

威嚇(遅延スキル)と毒によるダメージと、防御ダウン効果を無効化します。初めて使ってきたモンスターのスキル名が「マイティガード」だった事から「マイティ」とも言われます。

毒はダメージのみを無効化

威嚇に関しては完全に無効化しますが、毒スキルはダメージのみ無効化され、内部では毒になっています。その為、状態異常無効を張ったモンスターに毒スキルを使った後に敵の状態異常無効が解けた場合、敵モンスターは毒にかかった状態になっています。

他のギミックとの組み合わせが多い

ギミックが状態異常無効だけというモンスターは高難易度ではほとんどありません。威嚇が使えれば簡単に対処できるモンスターでも状態異常無効をつけるだけで一気に強敵となる場合が多いです。他ギミックの引き立て役といった感じでしょうか。

対策法は?

威嚇、毒、防御ダウンは効かないので該当スキルがある場合は使わないようにしましょう。他のギミックを対処する際に状態異常無効があるかないかで対処が変わるので、パズドラで最も基本となるギミックだと言えます。

▲防御ギミック一覧に戻る

ダメージ吸収

s_さよならー

どんなギミック?

指定された数値よりも高いダメージを与えると、そのダメージの量だけHPを回復します。

個別のダメージで計算

パーティ全体のダメージではなく、モンスター単体ごとにダメージが超過していないかチェックされます。その特性上、攻撃力が高いモンスターだったり、2体攻撃やコンボ強化などを持っているモンスターは引っかかりやすくなります。

キラーに注意

ダメージ吸収は最終的なダメージ量を参照にします。実際の数値より、弱点属性であれば2倍、キラー対象であれば3倍の補正がかかる事を意識する必要があります。ダメージ吸収を持った相手が何タイプで何属性なのかしっかりと把握する必要があります。

対策法は?

可変倍率があるリーダーは最大倍率を出さないように調整したりと「どの程度のコンボを組んだらどの程度のダメージが出る」という事を把握しておく事が重要です。落ちコンなしのリーダースキルを持っているモンスターだと事故がなくなるので突破が楽です。最終手段としてダメージ吸収無効スキルを使う対策法があります。

ダメージ吸収無効スキル持ちモンスター一覧

▲防御ギミック一覧に戻る

コンボ吸収

s_コンボだ山田

どんなギミック?

指定されたコンボ数を上回れなかった場合、すべての攻撃ダメージを吸収しHPを回復します。

君のパズル力を見せてもらおう!

少ないコンボ数でも火力が出せるパーティにとってかなり厄介なギミックと言えるでしょう。特に6個消しや8個消しといった特定ドロップを繋げる事で倍率が発動するタイプでは、これらの条件を満たしながら指定コンボを上回る必要があり、かなり難易度が上がります。

アイコンに指定コンボ数が表示

敵モンスターを長押ししないと確認出来ないダメージ吸収や無効のギミックと違い、こちらは何コンボをする事でダメージが通るかいつでも目視する事が可能です。いずれも書かれている数字以下のコンボを吸収するので、表示数字より1コンボ以上多いコンボをする必要があるという事を間違えないようにしましょう。

対策法は?

操作時間延長の覚醒を多く積みコンボをしやすくするだけでなく、2色陣などの変換スキルでコンボ数が稼ぎやすい盤面にしたり、コンボ加算系スキルを使うなど対策法は色々と存在しています。

コンボ加算スキルを所持しているモンスターは?
コンボ加算スキル持ちモンスター一覧

▲防御ギミック一覧に戻る

属性吸収

s_属性吸収

どんなギミック?

指定された属性ダメージのみを吸収し、HPを回復します。

闇や光が多い

パズドラにおいて闇と光属性は苦手な相手(半減になる相手)がおらず、非常に汎用性の高い属性です。しかしその分この属性吸収の対象になる場合が多く、闇や光に染めたパーティで挑むと思わぬ足止めを食らう可能性があります。また、流行りの属性のトップメタとして配置される事が多いギミックです。

有効なターンは短め

長いモンスターでも10ターン程度と吸収状態になっているターンはそこまで長くありません。吸収が終わるまで耐久や遅延スキルで凌いだりという事も十分可能です。ただしモンスターによっては吸収が解けたターンに即死クラスのダメージが飛んでくる場合もあるので、注意が必要です。

対策法は?

一番有用な対策法は、属性吸収無効スキルの使用でしょう。このスキルを持つモンスターが極端に少ないことが難点ですが…。また、吸収される属性がわかっているのなら、それらの属性をパーティに採用しないか該当属性のモンスターをパーティの左側に寄せておく事で、ある程度の吸収までには対処可能です。これはパーティメンバーの攻撃順序がリーダーからフレンドの主属性→リーダーからフレンドの副属性という順番になっているからです。

属性吸収無効スキルを持つモンスターは?
属性吸収無効スキル所持モンスターを有効な敵

▲防御ギミック一覧に戻る

ダメージ無効

s_ダメージ無効

どんなギミック?

指定された数値よりも高いダメージを与えると、そのダメージを無効化(0)にします。

HPは回復しない

ダメージ吸収と違いHPが回復される事はありません。ダメージ吸収と比べると優しいギミックだと言えるでしょう。

見逃した日も安心

ダメージ吸収とダメージ無効の数値は敵が使ってきたタイミングでも表示されますが、万が一それを見逃してしまったとしても敵モンスターを長押しする事でいくつのダメージがダメなのかを確認する事が可能です。

高難易度モンスターは大体搭載

壊滅級クラスのダンジョンであれば大体のモンスターがこのギミックを搭載しており、ワンパン回避の手段となっています。ダメージ吸収と違い、高難易度で使われるダメージ無効の指定数値は全体的にかなり高めなラインになっている場合が多いです。

対策法は?

耐久力があるパーティであればダメージ無効が終わるまで耐久する方が良いです。しかし高難易度ダンジョンでは999ターンのダメージ無効などダメージ無効を切らす気のない敵も数多く存在しています。そういったモンスターでの耐久は気が遠くなる作業なので、倒すには的確なダメージ調整をしたほうが良いでしょう。クシナダオナリスといった落ちコンが発生しないリーダーだと事故がありません。

落ちコンなしリーダーモンスター一覧

新覚醒「ダメージ無効貫通」

ver12.0から新しくダメージ無効貫通の覚醒が追加されました。特定の消し方をする事でダメージ無効を無視してダメージを与える事が出来る覚醒です。今後はこの覚醒を利用する事で快適に周回出来るダンジョンが増えていきそうです。

ダメージ無効貫通所持モンスター一覧

▲防御ギミック一覧に戻る

ダメージ軽減

s_ダメージ軽減

どんなギミック?

指定ターンの間、受けるダメージを指定の割合で軽減します。

ダメージカット率は様々

低いものは35%軽減だったり、高いものだと99%軽減だったりとその軽減率は様々です。盾アイコンの中に書いてある数字が軽減率なので、軽減率はいつでも確認が可能です。

防御力計算後に適用

ダメージを与えた時、相手の防御力の影響を受けた後に指定のダメージカット率が適用されます。防御力5,000のモンスターが50%軽減を張ってきた時に20,000ダメージで攻撃した場合、先に防御力の5,000が引かれ15,000となりその数字が50%軽減の影響を受けて、与えるダメージは7,500となります。

対策法は?

50%以下の軽減はそこまで気にする必要はありません。弱点属性で攻撃すれば実質等倍になりますし、火力で十分ゴリ押せます。75%ともなるとかなりの硬さになるのでパーティによって耐久するか火力で押すか決めるのが良いでしょう。稀に出現する99%軽減のモンスターはそのターンを他のギミックのクッションにしてくる傾向があるので、耐久する場合でもそれなりに身構える必要があります。

▲防御ギミック一覧に戻る

属性軽減

s_属性軽減

どんなギミック?

指定の属性によるダメージだけを軽減します。

アビリティスキル

状態異常無効やダメージ吸収と違い、モンスター出現時から元々付いている能力で「特性」とも呼ばれています。特に演出もないので、注意してなければ見逃してしまう可能性もあります。パズル前に敵のターン数の下に軽減マークがないか確認しましょう。

基本は半減

このギミックによる軽減率は50%軽減がほとんどです。覚醒メイメイなどの一部モンスターは35%軽減になっています。これらの判別方法はそのモンスターのリーダースキルを知っているかどうかにかかっていると言えるでしょう。いずれにしろアイコンのマークから軽減率を判断する事は現状不可能です。

対策法は?

該当の属性で攻撃しなければ普通通りのダメージが出せます。また、こちらもダメージ軽減と同じく防御力を計算した後に軽減率が適用されるので、覚醒メイメイなどの高防御属性軽減持ちモンスターは、軽減属性であっても突破はそこまで難しくありません。

▲防御ギミック一覧に戻る

属性変化

s_属性変化

どんなギミック?

敵の属性が特定の属性に切り替わります。

副属性も丸ごと変化

主属性光、副属性闇のようなモンスターであっても、このギミック発動時にはすべて一括で属性が変更されます。該当モンスターが再び属性変化を使って光属性に戻ったとしても副属性の闇は帰ってきません。

軽減潰し

転生ミネルヴァなどの特定の属性からのダメージをほぼ無効化するパーティへの対策ギミックと言えます。パーティ単位でなくてもジーニャやタナトスなどの、指定した属性からのダメージを無効化するスキルへの対策にもなっています。

対策法は?

ランダムに属性が変わる物と決まった属性に変化するものがありますが、どんな属性にも必ず弱点属性という物が存在するのがパズドラです。自分にとって有利な属性に変化するまで耐久したり、変わる色がわかっているなら最初からそれの弱点属性のパーティで挑むなどで対策が可能です。いずれにしろ指定色軽減系リーダーでの挑戦はやめておいたほうが良いでしょう。

▲防御ギミック一覧に戻る

根性

s_イルシックス

どんなギミック?

一定のHPが残った状態から倒されると、HPが1残り生き残ります。

アビリティスキル

属性軽減と同じくこちらもモンスターが行動する前から持っているアビリティ(特性)です。これら特性に該当する属性軽減と根性は敵スキルによって後付けされる事がないという特徴もあります。

敵によって根性ラインは様々

根性のラインは非常に多く、90%、80%、55%、50%、30%と敵によって様々です。難易度によって根性ラインが変化する事はないので、一度出たモンスターは何%の根性なのかしっかりと把握しておけると良いでしょう。ほとんどのモンスターはHP50%で根性が消えます。

根性発動時の行動も様々

根性が発動した時に敵がやってくる行動も様々です。HPが全回復するタイプだった場合は最初からやり直しになるだけなので被害がない場合が多いですが、敵によっては根性発動と同時に即死クラスの発狂攻撃をしてくるモンスターもいるので、その点の行動把握も重要です。

30%根性持ちモンスター

モンスター s_イルシックス
イルシックス
イービルセレス
イービルセレス
出現ダンジョン 伝説の雪渓
ドラゴンラッシュなど
ヘラドラゴン降臨

対策法は?

HPをちょうどよく減らせるダメージ調整が出来るか出来ないかでだいぶ変わります。可変倍率のあるリーダーだと調整がしやすい場合が多いです。状態異常無効がないモンスターであれば毒や威嚇も有用ですし、追い打ち効果持ちリーダーを使ったり、追加攻撃の覚醒を持つモンスターを採用したりと意外と対策法は多いです。

▲防御ギミック一覧に戻る

ターン変化

s_ターン変化

どんなギミック?

一定のHP以下になると敵の行動ターン数が変化します。

敵によって変化するターンは違う

基本的に行動ターンが2ターン以上のモンスターが自身のターンを縮める目的で使用してきます。2ターン行動が1ターン行動になるモンスターもいれば5ターン行動が2ターン行動になるモンスターもおり、モンスターによって様々です。

威嚇潰し

威嚇や威圧といった遅延スキルがかかっている状態であっても、一定のHPを下回ると強制的にターン数が0になって行動+ターン変化を行います。変に削りすぎなければ威嚇は有用ですが、エンハンスの代わりに威嚇を入れているようなパーティだと威嚇の良さを発揮出来ません。

対策法は?

ターン変化は一定のHPになった瞬間に行われますが、パズルをしなければ相手のターンにはなりません。HP50%以下になった段階でターン変化をするモンスターが多いので、割合スキルなどでHP50%以下に出来れば相手のターンに回さずに行動ターン変化を促す事が可能です。この状態であれば状態異常無効が貼られていない場合が多く、ターン変化した後に威嚇スキルを使う事も可能です。

▲防御ギミック一覧に戻る

まとめ

防御ギミックを複数組み合わせてくるモンスターは総じて強力です。それぞれのギミックへの対策法を把握すれば、そういったモンスターの「穴」となる部分が見つかり、攻略が楽になります。

系統別ギミック一覧
盤面妨害ギミック スキルと覚醒妨害ギミック
即時効果の無いギミック 全ギミック早見表

TOPへボタン_パズドラ

パズドラ攻略情報

最強リーダーランキング
最強リーダー
モンポ龍性能比較
モンポ龍比較
四君子性能比較
四君子比較
☆6以下強化おすすめ
星6以下強化
曜日Dボス対象スキル
曜日Dスキル
モンポ効率
モンポ効率
潜在覚醒
潜在おすすめ
スキル継承
継承おすすめ

属性別モンスター一覧

属性ボタン_火_修正後
属性ボタン_水
属性ボタン_木
属性ボタン_光
属性ボタン_闇