2016年12月1日より放送開始する『NARUTO(ナルト)疾風伝 サスケ真伝 来光編』のあらすじや時系列など、アニメをより楽しむための情報を紹介しています。

『サスケ真伝 来光編』とは?

サスケ真伝

どんなお話?

原作のその後、贖罪の旅を続けるサスケの物語

物語はサスケの視点で展開していきます。自らが壊そうとした世界はどのようなものだったのか。贖罪と大筒木カグヤの謎を追うため木ノ葉隠れの里を離れて世界を見て回る旅に出たサスケ。
その途中、立ち寄った先の村で賊に間違えられ奇襲を受けるも、誤解が解けその圧倒的な強さから用心棒を引き受けることになる。
一方、平和になったはずの木ノ葉隠れの里でも忍が行方不明になる事件が勃発していた。六代目火影となったカカシやナルトが危惧する中、サスケが事件の真相を暴くため動きだす。この贖罪の旅の果てに、サスケが見る未来とは――
 

気になる登場人物は?

■サクラとのその後は?
原作で登場した雷影や水影、もちろんカカシやナルトといった木の葉の仲間(同期)たち、更に大蛇丸や鷹のメンバーなど、多くのキャラクターがアニメでも登場するのではないでしょうか。
また、気になるのは、やはりサクラとの関係ですが、サクラは今回医療忍者として、忍たちの原因不明の爆発を解明する任にあたっておりサスケと接触する機会はないようです。しかし今回のアニメ化にあたり原作に何かプラスαがあるようならサクラとのストーリーも観れるかも?

 

時系列は?

■699話と700話の間の物語
映画の『THE LAST -NARUTO THE MOVIE-』と同様に、699話から700話に至るまでのお話。火影は6代目のはたけカカシであり、ナルトはまだ7代目に就任していません。ボルトら次世代の忍の登場はまだですが、ナルトとヒナタとは結婚いるようです。

 

放送局・放送日時

放送局 テレビ東京
放送開始日 2016年12月1日(木)
放送時間 19:25〜
製作 テレビ東京
studioぴえろ
声優 杉山紀彰、竹内順子、井上和彦、中村千絵、水樹奈々 他

原作小説

サスケ 作品名 「NARUTO-ナルト-サスケ真伝 来光篇」
原作 岸本斉史
小説 十和田シン
ISBN 978-4-08-703384-7
定価 本体650円+税
新書判
ページ数
226
発売年月日 2015年11月4日

あらすじ

大筒木カグヤの謎を追うため旅に出たサスケ。道中、復讐者だったサスケを信奉する忍の一団が人々を襲い、さらに、木ノ葉、霧、雲の隠れ里にも危機が!? 憎悪に燃える赤い瞳が、サスケのかつての闇を暴き出す! 忍の未来に光はあるのか? 木ノ葉隠れのメンバーや大蛇丸、「鷹」たちも登場! 真伝シリーズ第3弾!

真伝シリーズ

・NARUTO-ナルト- イタチ真伝 光明篇
・NARUTO-ナルト- イタチ真伝 暗夜篇
・NARUTO-ナルト- サスケ真伝 来光篇

 

アニメ関連記事

2016年の秋アニメおすすめランキングこちら
2016秋アニメおすすめランキング
2017年の冬アニメおすすめランキングこちら
2017冬アニメおすすめランキング
2017年の春アニメ放送タイトル一覧
2017春アニメ放送タイトル一覧
2016秋アニメ視聴おすすめ作品5選!
▶︎3話放送時点での暫定ランキング!