魔法少女まどかマギカ(まどマギ)のアニメ第10話〜12話までのあらすじまとめです。マギアレコードのプレイする際、予習もしくは復習にご活用ください!

まどマギのあらすじ紹介
第1〜3話 第4〜6話
第7〜9話 第10〜12話
劇場版《新編》叛逆の物語 まどマギ外伝一覧

第10話『もう誰にも頼らない』

まどマギあらすじ10話
ほむらの回想シーンからスタート。

見滝原中学に転入初日のほむらは、今までのイメージと異なる三つ編みと眼鏡姿で登場。
まどかは転入してきたばかりで、気弱な性格のほむらを何かと気に留めます。

まどかが魔法少女だと知る

まどマギあらすじ10話
下校中、偶然にも魔女の結界の中に足を踏み入れてしまったほむら
そこに魔法少女の姿のまどかマミが現れ見事魔女を撃破。

ここでほむらは、初めて魔法少女の存在を知ることになります。

「ワルプルギスの夜」出現

まどマギあらすじ10話
恐れていた、大物魔女「ワルプルギスの夜」が出現し、マミは倒され、まどかを失いたくないほむらは、まどかに逃げようと訴えますが…
まどかは「ワルプルギスの夜」と戦うことを決意。

しかし、結果は敗北してしまう。

まどマギあらすじ10話

まどかを失い絶望するほむらの前にキュゥべえが現れ契約を迫ります。

『私はかなめさんとの出会いをやり直したい!彼女に守られる私じゃなくて、彼女を守る私になりたい!!』

魔法少女・暁美ほむらが誕生

ほむらの能力は時間停止(遡行)

魔法少女になってから、何度も時間遡行を繰り返し、その度に「ワルプルギスの夜」に挑むまどかとほむら。

しかし圧倒的な戦力を前にまどかが殺されるか、ワルプルギスを倒した後、ジェムが濁って、まどか自身が魔女となって世界を滅ぼしてしまうかのいずれかに収束してしまう。

絶望の中ほむらまどかに問いかけます。
「ねえ、私たちこのまま二人で怪物になって、こんな世界、なにもかも無茶苦茶にしちゃおうか」

まどマギあらすじ10話

「ほむらちゃん、キュゥべえに騙される前の馬鹿な私を助けてあげてくれないかな」

まどマギあらすじ10話

その言葉に対しほむらは決意します。
「何度繰り返してでもあなたを助ける―」

そして冒頭のシーンへ

まどマギあらすじ10話

『もう、誰にも頼らない、誰に分かってもらう必要もない。もう、まどかには戦わせない。すべての魔女は私ひとりで片付ける』

こうしてほむらは、さらに何度も時間遡行を繰り返すこととなります。

第11話 『最後に残った道しるべ』

まどマギあらすじ10話

魔法少女としての素質は背負い込んだ因果の量によって決まる。

ほむらまどかを助けようと時間を繰り返すほど、まどかの魔法少女としての素質が増し、魔女化した場合、最悪の魔女として成長してしまうことに。

有史以前から人に干渉していたキュゥべえ

まどマギあらすじ11話

さやかの告別式から戻ったまどかの前にキュゥべえが現れ、
これまでインキュベーターが人類と共に歩んできた歴史を語り出します。

卑弥呼やジャンヌ・ダルクといった歴史上の異常な存在は、インキュベーターによって力を経た魔法少女だったことが判明・・・

ついに時間遡行を打ち明けるほむら

まどマギあらすじ11話

まどかほむらの家を訪ね、「ワルプルギスの夜」討伐の協力を申し出ます。

まどかには、魔法少女になって欲しくない…
本心を隠し一人で戦えると強がりますが、まどかには見破られてしまいます。

『私は、まどかと・・・・違う時間を生きてるんだもの!』

隠していた真実が溢れでます。
まどかを救える運命を探して何度も何度も時間遡行を繰り返してきたことを、涙ながらに打ち明けるほむら。

『どうか・・・お願いだから、あなたを私に守らせて・・・!!』

「ワルプルギスの夜」が見滝原に襲来!

まどマギあらすじ11話
ほむらの説得で、避難することになったまどか
ほむらは、ありったけの装備で猛攻撃を繰り返しますが…

ワルプルギスの夜・・・・無傷!

ほむら絶体絶命!

まどマギあらすじ11話

ほむらはこれまでの時間軸と同様、劣勢。さらに深手を負ってしまいます。
「ワルプルギスの夜」は、住民が避難してる避難所にどんどん接近!

ほむらのソウルジェムも濁りかけたその時、まどかが現れます。

まどマギあらすじ11話

『もういい・・・もういいんだよ・・・ほむらちゃん』
『ほむらちゃん、ごめんね!!』

最終話 『わたしの、最高の友達』

まどマギあらすじ12話
『ほむらちゃん、ごめんね。私 魔法少女になる。』

まどかは自分の魂を対価に願います。

『すべての魔女を 生まれる前に 消し去りたい
すべての宇宙 過去と未来の すべての魔女を。この手で・・・・・。』

魔法少女・鹿目まどか誕生!

まどマギあらすじ12話
まどかの願いは、『すべての魔女を消し去ること

それは時間干渉などというレベルではなく、因果律そのものを捻じ曲げる、神にも匹敵する願い

すべての魔女を消し去るということは、「ワルプルギスの夜」という魔女は生まれてこなかったということに…

まどかが神化!

まどマギあらすじ12話
まどかが成そうとすることは、

過去、現在、未来、外宇宙、地球に存在する全ての魔法少女の絶望を一挙に受け止めるということ。
まどか自身は人としての存在を失い、魔女を生み出さないための「円環の理(概念としての存在)」へと昇華し、無となってしまいます。

それを知って絶望するほむら

まどマギあらすじ12話
この状態になり、まどかはようやく本当のほむらが理解できます。

『ほむらちゃんありがとう』
『あなたはわたしの、最高の友達だったんだね。』

まどかを忘れてしまうことに嘆くほむらに、奇跡を信じるまどか

まどかは自身の髪を結んでいたリボンを解いてほむらに託し、姿を消してしまいます。

まどかのいない世界

まどマギあらすじ12話
まどかによって再編された世界では、魔法少女は願いを叶え、力を使い果たすと消えてしまいます。
魔女の存在はなくなったものの、人々の呪いから生まれる魔獣が現れ、魔法少女たちは戦いを繰り広げていた。

まどかのことを、唯一はっきりと覚えているほむら
まどかが守ろうとした世界のためにほむらは世界と戦い続けます。

END

まどマギあらすじ12話

関連記事

まどマギのあらすじ紹介
第1〜3話 第4〜6話
第7〜9話 第10〜12話
劇場版《新編》叛逆の物語 まどマギ外伝一覧
マギレコ攻略トップページマギレコ攻略トップページはコチラ
リセマラ・序盤にオススメ
リセマラランキング 効率的なリセマラ
メモリアランキング 序盤の進め方
お役立ち情報など
最新情報まとめ 登場キャラまとめ
マギレコの攻略・育成の用語
メモリア ディスク コネクト ドッペル
マギア 覚醒 魔力強化 魔力解放
育成まとめ 用語まとめ
マギレコ攻略Twitterマギレコの最新情報・攻略情報などをお届け!