最新イベント実施中!
▶パンドライベント攻略チャート

遊戯王OCGにおける「トワイライトロード」(トワイライロ)についてのデッキレシピや対策を考察しています。新しく登場する「ルミナス」や「ライラ」、「ライコウ」、「戒めの龍」などの詳細や使い道も掲載しているので是非参考にしてください。

【最新】大会優勝・入賞デッキレシピまとめはコチラ
大会優勝・入賞デッキレシピまとめを見る

コードオブザデュエリストデッキリンク
星杯巫女 星杯デッキ
剛鬼グレート 剛鬼デッキ
トリックスターマンジュシカ トリックスターデッキ

新規トワイライトロードと既存のライトロードをおさらい!

ライトロードカード一覧

NEW!!】新規追加カード

『トワイライトロード・シャーマン ルミナス』
トワイライトロード_ルミナス_172x250px 星3/闇属性/魔法使い族/攻1000/守1000
①:1ターンに1度、自分の手札・墓地から「ライトロード」モンスター1体を除外し、「トワイライトロード・シャーマン ルミナス」以外の除外されている自分の「ライトロード」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。
②:1ターンに1度、このカード以外の自分の「ライトロード」モンスターの効果が発動した場合に発動する。
自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。

(おすすめ度:★★★★★)
「ライトロード・サモナー ルミナス」と組み合わせる事で大量展開→エクシーズ・シンクロ召喚が見込めます。ルミナス→闇堕ちルミナス→ルミナスの動きが非常に強力だと感じます。イラストは美しさとカッコよさを兼ね備えてますね、はい。

『トワイライトロード・ファイター ライコウ』
トワイライトロード_ライコウ_172x250px 星2/闇属性/獣族/攻 200/守 100
①:このカードが召喚・リバースした場合、自分の手札・墓地から「ライトロード」モンスター1体を除外して発動できる。
フィールドのカード1枚を選んで除外する。
②:1ターンに1度、このカード以外の自分の「ライトロード」モンスターの効果が発動した場合に発動する。
自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。

(おすすめ度:★★★★★)
非常に強力な効果を持った闇堕ちライコウです。現状では非常に珍しい「対象を取らない」除外除去なので、再度あらゆるデッキに出張する可能性を秘めています。
また、素で出す場合は低攻撃力なのでシンクロ召喚の素材やコストとして使用したいところです。わんわん。

『トワイライトロード・ジェネラル ジェイン』
トワイライトロード_ジェイン_172x250px 星4/闇属性/戦士族/攻1800/守1200
①:1ターンに1度、自分の手札・墓地の「ライトロード」モンスター1体を除外し、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで、除外したモンスターのレベル×300ダウンする。
②:1ターンに1度、このカード以外の自分の「ライトロード」モンスターの効果が発動した場合に発動する。
自分のデッキの上からカードを2枚墓地へ送る。

(おすすめ度:★★★★)
効果で敵モンスターの攻撃力を下げた状態でシンクロやエクシーズ召喚に繋げることで優位に立てるでしょう。星4モンスターが多いので1200程下げれるのは単純に強いですね!イケメン!

『トワイライトロード・ソーサラー ライラ』
トワイライトロード_ライラ_172x250px 星4/闇属性/魔法使い族/攻1700/守 200
①:1ターンに1度、魔法・罠カードの効果が発動した時、
自分の手札・墓地から「ライトロード」モンスター1体を除外し、フィールドの表側表示の魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
②:1ターンに1度、このカード以外の自分の「ライトロード」モンスターの効果が発動した場合に発動する。
自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。

(おすすめ度:★★★)
表側表示の魔法・罠カードしか破壊対象にできないので汎用性は低いです。でもイラストは本家より好き…。

『戒めの龍』
戒めの龍_172x250px 星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2600
このカードは通常召喚できない。
除外されている自分の「ライトロード」モンスターが4種類以上の場合のみ特殊召喚できる。
①:1ターンに1度、1000LP払って発動できる。
「ライトロード」モンスター以外の、お互いの墓地のカード及び表側表示で除外されているカードを全てデッキに戻す。
この効果は相手ターンでも発動できる。
②:1ターンに1度、自分の「ライトロード」モンスターの効果が発動した場合に発動する。
自分のデッキの上からカードを4枚墓地へ送る。

(おすすめ度:★★★★)
この効果は相手ターンでも発動できるので蘇生やサルベージなどをより効果的に妨害できます。墓地リソースに頼ったデッキ、例えば、対ライトロード相手に非常に効果的と言えます。詳しいデッキへの採用枚数は下記↓に記載しています。

『闇の進軍』
闇の進軍_172x250px 通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分の墓地の「ライトロード」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
その後、手札に加えたそのモンスターの元々のレベルの数だけ、自分のデッキの上からカードを除外する。

(おすすめ度:★★★)
「トワイライトロード・シャーマン ルミナス」には繋げやすくなりますが、キーカードであるシラユキが除外されることも多々あるので使用感としては微妙な気がします。墓地回収なら「エクリプス・ワイバーン」や「死者転生」、除外なら「シラユキ」だけで事足りるでしょう。

『黄昏の双龍』
黄昏の双龍_172x250px 通常魔法
①:自分フィールドに「戒めの龍」が存在する場合、自分の墓地の「裁きの龍」1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。その後、自分のデッキの上からカードを4枚墓地へ送る。
②:このカードが「ライトロード」モンスターの効果でデッキから墓地へ送られた場合、自分の墓地の「戒めの龍」1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。その後、自分のデッキの上からカードを4枚除外する。

(おすすめ度:★★)
導入することで面白い動きはできそうですが、「戒めの龍」と「裁きの龍」や「混沌帝龍」等のサーチは「エクリプス・ワイバーン」の方が汎用性が高いです。

『トワイライト・イレイザー』
トワイライト・イレイザー_172x250px 通常罠
①:自分フィールドに同じ種族でカード名が異なる「ライトロード」モンスターが3体以上存在する場合、自分の墓地の「ライトロード」モンスター2体を除外し、フィールドのカード2枚を対象として発動できる。そのカードを除外する。
②:このカードが「ライトロード」モンスターの効果でデッキから墓地へ送られた場合に発動できる。手札から「ライトロード」モンスター1体を特殊召喚する。

(おすすめ度:★★★)
①の能力は発動条件さえ満たしてしまえば強いですが「同胞の絆」を使用しない限り厳しいです。②の効果の方が実用的ですが「ライトロード」モンスターを出したところで…といったところでしょうか。

既存のライトロード

『ライトロード・サモナー ルミナス』
(おすすめ度:★★★★★)
手札を1枚を捨てることで、墓地のレベル4以下の「ライトロード」を場に出すことができます。
『ライトロード・マジシャン ライラ』
(おすすめ度:★★★★)
1ターンに1度守備表示にすることで、相手の魔法・罠カードを1枚破壊します。
『ライトロード・アサシン ライデン』
(おすすめ度:★★★★)
星4チューナー。メインフェイズに1度デッキから2枚墓地肥やしが可能です。
『ライトロード・ビースト ウォルフ』
(おすすめ度:★★★★)
デッキから墓地へ送られたときに場に出るわんわんです。
『ライトロード・アーチャー フェリス』
(おすすめ度:★★★★)
星4チューナー。モンスターの効果でデッキから墓地へ送られたときに場に出るわんわんです。自分をリリースすることで相手のモンスターを1体破壊します。
『ライトロード・ウォリアー ガロス』
(おすすめ度:★★★)
自分のライトロードに誘発して墓地を肥やすことができます。墓地に落ちた「ライトロード」の数によってドロソとしての役割も果たします。
『ライトロード・モンク エイリン』
(おすすめ度:★★★)
守備表示モンスターを攻撃したダメージ計算前に持ち主のデッキに戻します。
『ライトロード・メイデン ミネルバ』
(おすすめ度:★★★)
星3チューナー。墓地の「ライトロード」モンスターの種類以下のレベルを持つドラゴン族・光属性モンスター1体をサーチできます。
『ライトロード・ハンター ライコウ』
(おすすめ度:★★)
リバースで場のカードを1枚破壊するわんわんです。対象を取らない為、非常に強力です。
『裁きの龍』
(おすすめ度:★★★★★)
自分の墓地の「ライトロード」モンスターが4種類以上の場合のみ特殊召喚できる、ライトロードのフィニッシャー。1000LP払うことでこのカード以外の、フィールド上のカードをすべて破壊します。

エクストラモンスター

『ライトロード・アーク ミカエル』
(おすすめ度:★★★★★)
1ターンに1度1000LPを払いフィールド上のカードを1枚除外します。
『ライトロード・セイント ミネルバ』
(おすすめ度:★★★★★)
下記の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①自分のデッキの上からカードを3枚墓地に送り、その中の「ライトロード」の数だけデッキからカードをドローします。
②戦闘または相手の効果で破壊された場合にX素材を1つ取り除くことでデッキの上から3枚墓地へ送る。その中にあった「ライトロード」の数だけフィールドのカードを選んで破壊します。

トワイライトロードのサポートカード

シラユキ_同胞の絆

カード一覧

『妖精伝姫フェアリーテイル-シラユキ』
シラユキ_172x250px 星4/光属性/魔法使い族/攻1850/守1000
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを裏側守備表示にする。
②:このカードが墓地に存在する場合、自分の手札・フィールド・墓地からこのカード以外のカード7枚を除外して発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

(おすすめ度:★★★★★)
大きなメリットは除外したライトロードを「トワイライトロード・シャーマン ルミナス」で再利用できる点です。芝刈りライロを除いては能動的に墓地から「ライトロード」を除外できるカードには限りがあります。その中でも墓地に落ちても使用可能なシラユキは、是非デッキに2枚採用したい所ですね。月の書効果も相当強いですけどね…。

『同胞の絆』
同胞の絆_172x250px 通常魔法
このカードを発動するターン、自分はバトルフェイズを行えない。
①:2000LPを払い、自分フィールドのレベル4以下のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターと同じ種族・属性・レベルでカード名が異なるモンスター2体をデッキから特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。
このカードの発動後、ターン終了時まで自分はモンスターを特殊召喚できない。

(おすすめ度:★★★★)
このカードと戦士族・光・レベル4のモンスターが1枚があれば、ライデン、ガロス、エイリン、等を同時に呼び出すことが可能です。その場合一気に墓地を10枚程度肥やし、且つガロスの効果でドローも望めるため非常に強力です。

『エクリプス・ワイバーン』
エクリプス・ワイバーン_172x250px 星4/光属性/ドラゴン族/攻1600/守1000
①:このカードが墓地へ送られた場合に発動する。
デッキから光属性または闇属性のドラゴン族・レベル7以上のモンスター1体を除外する。
②:墓地のこのカードが除外された場合に発動できる。
このカードの(1)の効果で除外されているモンスターを手札に加える。

(おすすめ度:★★★★)
間接的に「裁きの龍」や「戒めの龍」、「混沌帝龍(カオス・エンペラー)」等をサーチできるカードです。主にシラユキで除外することが多く、さらに「ライトロード」は墓地を肥やすカードが多いので容易に手元に持ってこれるでしょう。

『ブレイクスルー・スキル』
ブレイクスルー・スキル_172x250px 通常罠
①:相手フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。
その相手モンスターの効果をターン終了時まで無効にする。
②:自分ターンに墓地のこのカードを除外し、相手フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。
その相手の効果モンスターの効果をターン終了時まで無効にする。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

(おすすめ度:★★★★★)
墓地から発動でき、且つ効果もかなり凶悪なので「ライトロード」と高相性です!このカードのおかげで突破できたという状況も少なくはないはずです。

『闇の誘惑』
闇の誘惑_172x250px 通常魔法
デッキから2枚ドローし、その後手札の闇属性モンスター1体を除外する。
手札に闇属性モンスターが無い場合、手札を全て墓地へ送る。

(おすすめ度:★★★★★)
「カオスライロ」の頃から使用されていた強力なドロソです。いつ引いても闇のカードさえあればアドになり、採用する闇のカードが多いのでシナジーは抜群です。

『混沌帝龍(カオスエンペラー)-終焉の使者-』
混沌帝龍(カオスエンペラー)_172x250px 星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地から光属性と闇属性のモンスターを1体ずつ除外した場合のみ特殊召喚できる。
このカードの効果を発動するターン、自分は他の効果を発動できない。
1ターンに1度、1000LPを払って発動できる。
お互いの手札・フィールドのカードを全て墓地へ送る。
その後、この効果で相手の墓地へ送ったカードの数×300ダメージを相手に与える。

(おすすめ度:★★★★)
召喚条件が非常に軽く、フィニッシャー枠として申し分ない性能です。類似である「カオスソルジャー-開闢の使者-」もデッキのコンセプトに合わせて採用してみると面白いかもしれませんね!

『グローアップ・バルブ』
グローアップ・バルブ 星1/地属性/植物族/攻 100/守 100
「グローアップ・バルブ」の効果はデュエル中に1度しか使用できない。
このカードが墓地に存在する場合に発動できる。
自分のデッキの一番上のカードを墓地へ送り、このカードを墓地から特殊召喚する。

(おすすめ度:★★★★★)
墓地を多く活用するため非常に高相性です!さらにライトロードモンスターの星の数は4,3,2と多岐にわたるため、レベル7,8,9のシンクロモンスターが容易に召喚できます。

『暗黒竜 コラプサーペント』
暗黒竜 コラプサーペント 星4/闇属性/ドラゴン族/攻1800/守1700
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地から光属性モンスター1体を除外した場合のみ特殊召喚できる。
この方法による「暗黒竜 コラプサーペント」の特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「輝白竜 ワイバースター」1体を手札に加える。

(おすすめ度:★★★★)
墓地のライトロードを除外することで「トワイライトロード・シャーマン ルミナス」に繋げやすくなり、「エクリプス・ワイバーン」を除外すれば疑似サーチが可能になります。

『ゴブリンドバーグ』
ゴブリンドバーグ 星4/地属性/戦士族/攻1400/守0
このカードが召喚に成功した時に発動できる。
手札からレベル4以下のモンスター1体を特殊召喚する。
この効果を発動した場合、このカードは守備表示になる。

(おすすめ度:★★★★)
「ライトロード・セイント ミネルバ」を初手に出す型であれば非常に相性の良いカードです。ソラエクや援軍が無い場合でもこのカードと星4モンスターがあれば墓地肥やしとドローが可能になってきます。

デッキレシピサンプル

ミネルバナー

メインデッキ40枚

モンスターカード
カード名 枚数
トワイライトロード・シャーマン ルミナス 2
トワイライトロード・ジェネラル ジェイン 1
トワイライトロード・ファイター ライコウ 2
ライトロード・サモナー ルミナス 3
ライトロード・マジシャン ライラ 2
ライトロード・アサシン ライデン 3
ライトロード・メイデン ミネルバ 1
ライトロード・アーチャー フェリス 1
ライトロード・ウォーリアー ガロス 1
ライトロード・モンク エイリン 1
裁きの龍 3
戒めの龍 1
ゴブリンドバーグ 3
妖精伝姫-シラユキ 2
エクリプス・ワイバーン 2
グローアップ・バルブ 1
混沌帝龍 -終焉の使者- 1
魔法カード
カード名 枚数
ソーラー・エクスチェンジ 3
光の援軍 3
増援 1
死者蘇生 1
罠カード
カード名 枚数
ブレイクスルー・スキル 2

エクストラデッキ15枚

モンスターカード
カード名 枚数
ナチュル・ビースト 1
ライトロード・アーク ミカエル 1
月華竜 ブラック・ローズ 1
PSYフレームロード・Ω 1
クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン 1
氷結界の龍 トリシューラ 1
虚空海竜リヴァイエール 1
セイクリッド・ヒアデス 1
ライトロード・セイント ミネルバ 2
No.101 S・H・Ark Knight 1
鳥銃士カステル 1
深淵に潜む者 1
セイクリッド・トレミスM7 1
デコード・トーカー 1

トワイライトロードデッキ徹底解説!

3積みにすべきライロカードは?

ルミナス_記事内

「ライトロード・サモナー ルミナス」

場に大量展開する際のキーカードになります。墓地肥やしを優先したりシンクロやエクシーズ召喚などで場の制圧も可能です。

「トワイライトロード・ハンター ライコウ」

なんとリバースする必要がなく、召喚でも効果が出るようになった闇堕ちお父さんです。
モンスター魔法罠の除去対象を選ばず、対象にも取らない為、かなり汎用性が高いカードです。ダークシミターや覇王竜ズァークをブッ飛ばしましょう!

上記デッキの型では2枚採用ですが、「芝刈りライロ」や除外を多く利用したデッキではガン済みしても腐りにくいでしょう。

「ライトロード・アサシン ライデン」

レベル8シンクロとランク4エクシーズが出しやすく、メインフェイズに1度墓地を2枚肥やせるため強力です。2積みでも十分機能しますが、3積みの方が安定度が増すでしょう。

「ソーラー・エクスチェンジ」と「光の援軍」

両方とも墓地肥やしができ、初動でこの2枚のどちらかがあるだけで、その後の展開に大きく影響を与えます。

『裁きの龍』と『戒めの龍』の採用枚数は?

裁きと戒め

裁きの龍(ジャッジメント・ドラグーン)

フィニッシャーの代表格ということで3枚入れたいですね。「エクリプス・ワイバーン」等の疑似サーチカードを数枚採用することでより安定します。

戒めの龍(パニッシュメント・ドラグーン)

「60枚芝刈りライロ」であるなら最初から多くの枚数を除外できるので、「裁きの龍」よりはこちらの方をメインのフィニッシャーにした方が良いでしょう。逆にそれ以外のデッキの場合は「シラユキ」を採用していたとしても出しにくく、「裁きの龍」召喚の妨げになる可能性があります。ですので「芝刈りライロ」なら数枚採用し、通常のライロデッキならば入れても1枚、もしくは入れないという選択肢が妥当でしょう。

トワイライトロードの作り方まとめ

基本的に既存ライトロードに数枚加えて強化

新たな旋風を巻き起こす「トワイライトロード」達ですが、除外効果を利用することで場を有利に展開していくのは正直びっくりしましたね。今までの「ライトロード」とは違った動きに期待が高まり、今後の環境に応じたデッキを構築するのがさらに楽しくなりそうです!

デュエルリンクス関連リンク集

各種掲示板
01_デュエルルーム 03_フレンド募集
02_デッキレシピ 04_質問部屋
05_雑談 -
注目記事一覧
最強デッキ最強デッキ リセマラリセマラ ニューロン育成キャラ
最強スキル最強スキル UR交換おすすめ 遊戯王_アイコン_高評価ハイスコア攻略
デュエルリンクスの最新攻略情報 デュエルリンクス攻略Wikiトップへ