話題の「墓守デッキ」を安定して作るならこれ!
▶イシズレベル40高評価安定デッキレシピ

遊戯王デュエルリンクスのリセマラにおいて、アルティメットライジング、エイジオブディスカバリー、ネオインパクトのパックどれがリセマラにもっとも適しているかを考察しました。是非リセマラの参考にして下さい!

注目のランキング記事一覧はこちら
ランキング一覧
リセマラリセマラ 最強デッキ最強デッキ 最強スキル最強スキル
UR交換おすすめカード ニューロン育成おすすめキャラ ゲートキー周回おすすめキャラ

リセマラでどのパックを引くべき?パックの詳細

アルティメットライジング概要

遊戯王_アルティメット・ライジング_アイキャッチx150▲画像をタップでガチャシミュへジャンプ!▲

第1弾パック:安定して強力なカードが多い

アルティメットライジングは、記念すべき第1弾としてデュエルリンクスに投入されたパックだけあり、非常にベーシックながらも強力なカードが揃っており、まさにスターターと言わんばかりの内容となっています。以下にアルティメットライジングの目玉と言えるリセマラ向きのカードをご紹介していきます。

リセマラで引いておきたいカード:アルティメットライジング編

アルティメットライジング目玉カード
クリボール クリボール アルティメットライジング最高の大当たりカードと言って差し支えない、現環境で最も安パイな防御カード。

ダイダロス》のような高ATK低DEFのモンスターを寝かせる事で、戦闘破壊を補助すると共にライフをも守ってくれる。《サクリファイス》の生贄確保にも使用可能と、現環境において隙が見当たらない万能サポートカード。

ツイスター ツイスター 環境唯一の速攻魔法の「魔法罠除去」カード。

速攻魔法という立ち位置が絶妙な強カードで、チェーン発動によりコンバットトリックとして運用可能な場面もある等、使用者の使い方次第で大きく表情を変化させる。ライフコストが必要なものの現在においても貴重用途なカードの座を守り続けている。

援軍 援軍 バトル補助カードの安パイカード。シンプルな効果故に使いやすい。

ATK2500以上のモンスターに使用する事で3000ダメージオーバーのデュエル評価を狙うことが出来る点も高評価の要因のひとつ。現在は《銀幕の鏡壁》の実装によりややその席が危うくなっている。

アックスレイダー アックスレイダー ATK1700の鉄板モンスター。

長らく初期環境最強の星4モンスターとして君臨したが、現在は《ジェリービーンズマン》の実装によりややその席が危うくなっている。

エイジオブディスカバリー概要

遊戯王_エイジ・オブ・ディスカバリー_150px_修正後▲画像をタップでガチャシミュへジャンプ!▲

第2弾パック:海デッキやアドバンスに特化したカードが多い

エイジオブディスカバリーは、既存のアルティメットライジングのような大型ブースターというカテゴリではなく、ミニボックスという形で追加されたカードパックとなります。やはり目玉は《海竜ダイダロス》に代表される、これでもかといった補強が施された《海デッキ》パーツでしょう。《迷える仔羊》を利用した、アドバンス召喚主体の三魔神デッキも環境に台頭し、このエイジオブディスカバリーが環境に与えた効果は非常に大きいものでした。

リセマラで引いておきたいカード:エイジオブディスカバリー編

エイジオブディスカバリー目玉カード
黄泉へ渡る船 黄泉へ渡る船 エイジオブディスカバリーにて登場した強力なバトルサポートカード。

自身を戦闘破壊した相手モンスターを破壊するという1対1交換を実現しており、例え上級モンスターであろうとも道連れに出来るため非常に強力。

道連れ 道連れ フィールド場のモンスターが破壊され墓地に送られた時に発動可能で、フィールド場のモンスターを1体破壊できる、まさに道連れなカード。

援軍》等の力押しでは倒せない厄介なモンスターや、上級モンスターを処理するのに最適な汎用性の高いカード。

迷える子羊 迷える子羊 同じくエイジオブディスカバリーに収録された《三魔神》をアドバンスセットする目的で使用され、大流行した生贄確保カード。

効果がアドバンスセットに特化しているため、汎用性こそないが、▶︎魔神を使用したデッキが軒並み強力なためオススメ。

海竜ダイダロス 海竜ダイダロス 海デッキ》で真価を発揮する超強力なリセット効果を持ったカード。

フィールド《》が無ければ効果を使用する事自体が出来ないが、余りにも強力な効果で、環境トップメタの1角を今も担っているオススメカード。《海デッキ》を作る場合のみリセマラのおすすめに浮上する。

ネオインパクト概要

遊戯王_ネオ-インパクト_150px▲画像をタップでガチャシミュへジャンプ!▲

第3弾パック:まさに新たな衝撃!強力カードが目白押し!

ネオインパクトエイジオブディスカバリー登場からそれほど日を空けず登場した最新のパックとなります。第2弾のエイジオブディスカバリーとは打って変わって大型のブースターとなり、今後の環境を左右する程強力なカードが多く収録されました。中でも目を引くのは《ガーランドルフ》《ノースウェムコ》に代表される儀式テーマの大幅なテコ入れでしょう。《銀幕の鏡壁》や《ジェリービーンズマン》といった汎用性の高い強力なカードが収録されている点も見逃せません。

リセマラで引いておきたいカード:ネオインパクト編

ネオインパクト目玉カード
銀幕の鏡壁_遊戯王デュエルリンクス 銀幕の鏡壁 永続罠カードの中では群を抜いて強力な効果を持つATK半減効果を持つ罠カード。

敢えてライフコストを払う事でライフを減らし、逆転勝ちボーナスを狙うことも可能と、デュエルリンクスの評価ルール的にもマッチしているネオインパクト最大のあたりとなります。

カイザーシーホース カイザーシーホース 自身のスペックも環境最高クラスでありながら、海竜族であるが故に《》の効果を受けられ、さらに光属性モンスターには《雷魔神サンガ》《青眼の白龍》といった超強力モンスターが存在する、デュエルリンクス環境に最高に噛み合ったモンスター。

持っておいて損のない有用なカード筆頭です。

ジェリービーンズマン ジェリービーンズマン あの《アックスレイダー》を上回るATK値を持つ、素ATK最強の下級モンスター。 反面DEFは0という尖り方で、各種寝かせてくるカードにめっぽう弱い。星3というレベルで《死の4つ星てんとう虫》をすり抜けられるのがメリット。

余談ですが《突撃指令》の対象を増やしたい筆者が現在最も欲しいカードです。

重力の斧グラール 重力の斧グラール 環境最強デッキに名乗りを上げた強力デッキ《グラール恐竜》の核となるカード。

効果も申し分なく、ATK500上昇はそれだけでかなり有用な上昇値。また《ガーディアングラール》を特殊召喚 出来るという効果がとてつもなく強力なため、今最も警戒すべきデッキと言えるでしょう。装備のグラールさえ入手してしまえばかなり組みやすいデッキということもあり、将来性も鑑みてオススメカードにランクイン

収録3パックをリセマラ観点から完全考察

どのパックにも強力なカードは存在

上記に紹介してきたカードはカードパックの目玉というべき強力なカードばかりです。正直なところカードゲームである以上、複数のカードから自由なデッキを組みたいところですが、今回は「リセマラ」に焦点を絞って考察していきます。

リセマラに向いているのは?

当たりランキング_ネオ-インパクト▲画像をタップで詳細へジャンプ!▲

編集部スタッフ内で話し合った結果、やはり現状では強力なカードが極めて多く存在する「ネオインパクト」が、リセマラに最も向くのではないか?という結論に至りました。以下が選考理由となります。

選考理由

強力なモンスターである《ジェリービーンズマン》がSRで入手しやすい。
URの《銀幕の鏡壁》がとにかくバトルで有用すぎる。
グラール恐竜デッキ》の爆発力と安定性が今のところ目立っている

以上が主な選考理由となりますが、カードパワー的に見ても明らかに「ネオインパクト」のインパクトが高いため、新パックが発表されるまでは暫く「ネオインパクト」がおすすめとなりそうです。

番外編

海竜ダイダロス2
リセマラで引くべきパックは「ネオインパクト」と結論付けしましたが、例外があります。《海デッキ》や《ダイダロス特化デッキ》を真っ直ぐ目指す場合は「エイジオブディスカバリー」をリセマラした方が圧倒的に作りやすいという面があります。環境的に《海デッキ》もかなりのデッキパワーを誇っており、トップメタの筆頭に名前が挙がるデッキです。方針を海に定めてリセマラをする場合は「エイジオブディスカバリー」を引きましょう。

エイジオブディスカバリー当たりランキングはこちら

リセマラでどのパックを引くべき?まとめ

今回は最新弾ネオインパクトに軍配!

執筆する前までは、最新弾である「ネオインパクト」に多少懐疑的な印象を持っていましたが、改めてカードリストを眺めているとかなり強力なカードが多いパックということを再認識させられた結果となりました。

今後もまだまだカードが追加され環境に大きな変化が起きる事は間違いないですが、現状は「リセマラではネオインパクト!」を引きましょう!!

デュエルリンクス関連リンク

人気記事一覧
最強デッキ最強デッキ リセマラリセマラ キャラ一覧キャラクター
最強スキルデッキスキル ガチャシミュガチャシミュ トレーダーカードトレーダー
各種掲示板
掲示板_雑談自由雑談 掲示板_質問なんでも質問 掲示板_フレンドフレンド募集 掲示板_デッキデッキ相談
デュエルリンクス最新情報はこちら デュエルリンクス攻略TOPへ