遊戯王デュエルリンクスの効果モンスターカード「ラーの翼神竜」の評価や効果、ステータスを紹介しています。相性のいいカードやデッキも考察していますので、ガチャで当たった方は参考にして下さい!

リセマラランキングはこちら
最新リセマラランキング

ラーの翼神竜の効果とステータス

ラーの

ラーの翼神竜/レベル(星):10

レアリティ Secret
属性
種族 幻神獣族
ATK
DEF
効果種類 ルール効果/永続効果/誘発効果
モンスター効果
このカードは特殊召喚できない。
このカードを通常召喚する場合、
3体をリリースして召喚しなければならない。
(1):このカードの召喚は無効化されない。
(2):このカードの召喚成功時には、
このカード以外の魔法・罠・モンスターの効果は発動できない。
(3):このカードが召喚に成功した時、
100LPになるようにLPを払って発動できる。
このカードの攻撃力・守備力は払った数値分アップする。
(4):1000LPを払い、フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。

ラーの翼神竜の評価

ラーの翼神竜の強い点

一撃必殺の破壊力

召喚成功時にライフを100になるように払い、払ったライフを全てATKに+する効果です。開始時点で即座に早出しできれば+3900ものアップ値となり、ほぼほぼ1ターンキルが可能となります。

召喚を無効にされる事がない

神にトラップは効かない!を再現するかのように召喚を無効にされません。またこのカード以外の効果をは基本的には3体リリースで通常召喚を狙うべきモンスターなので、この効果は非常にありがたく、また安心できます。

ラーの翼神竜の弱い点

効果が全てライフコスト

4000という持ちライフのデュエルリンクスにおいて1000ライフを支払う効果は非常に重いです。ライフを100にしATKに変換する効果も序盤の削りで一気にライフロスする可能性を考えると効果的とはなりえないのが厳しい点です。

召喚コストが重い

他の神同様、通常召喚には3体のモンスターをリリースする必要があります。モンスターゾーンが3つしかないデュエルリンクスにおいてはかなりの制約であり、ラーを出すためだけの専用構築にする必要があるのが難点。

ステータスが安定しない

コストとして3体リリースしたモンスターの攻守の合算がラーのステータスとなる効果ですが、展開力を重視したモンスターはこぞって攻守が低いため、魔導サイエンティストや簡易融合等の超強力カードを使わない限りはコストに見合ったステータスとはなりにくいのが難点。

特殊召喚できない。

他の神と圧倒的に差があるのがこちら。カード自体のルール効果で特殊召喚ができない。つまり通常召喚のみであり、速効性に欠ける。(球体形の登場により幾分かマシになっている)

エフェクトヴェーラーに弱い

デュエルリンクスでの実装はまだまだ先になる事が予想されますが「エフェクトヴェーラー」に非常に弱い!!

エフェクトヴェーラーは光チューナーであるだけでなく、相手の(ほぼ)あらゆる効果にチェーンし発動する事が可能な万能カードなため、起動効果使用後のメインフェイズ終了前に投げられると、ライフ100で0/0のモンスターを盤面に晒す事となってしまいます。

ラーの翼神竜の総合評価

マリクが使用し遊戯を苦しめた最後の神

今となってはあらゆるソシャゲでその名を見かける「ラー」。しかし恐らく最も有名な「ラー」がこのラーの翼神竜だろう。(ラーの鏡は除く)

神にも序列があるんだよ!というマリクの名台詞とそのご尊顔はいまだ脳裏に焼き付いている方も多いかもしれない。
気になる効果のほうはOCGテキストでは非常に使い難い。。

遊戯王という展開の早いゲームにおいてはどうしても使いづらい印象を受ける、しかし幾年の年月を経てついに球体形と不死鳥形が実装!特殊な方法を用いれば1ターンキルも可能な神となった。デュエルリンクスにおいてもいつかはカード化される事が予想され、原作ごっこが捗る。かもしれません。

相性のいいカード

モンスターカード

相性良いカードタイトル

カード画像 おすすめ理由
ラーの -
ラーの -

魔法カード

相性良いカードタイトル

カード画像 おすすめ理由

罠カード

相性良いカードタイトル

カード画像 おすすめ理由

遊戯王デュエルリンクス関連リンク

リセマラランキング
▶︎最新リセマラランキング