わたしのはらぺこあおむしは、「SMARTEDUCATION, Ltd」が配信中キッズ向け絵本ゲームアプリになっています。主にアメリカで人気があり日本でも人気の絵本でもあるこの作品。幼少時に読んだ経験がある方もいるのではないでしょうか。そのレビューを致します。。

わたしのはらぺこあおむしってそもそもなに?

塩トルフォの評価レビュー

レビュアー 塩トルフォ
Siotorufo Twitter こちら
好きなソシャゲ Fate/GrandOrder
連絡先
ツイッターアカウント
https://twitter.com/SHIOTOLFO
フォローお待ちしてます
システム ★★★★☆ 操作性 ★★★☆☆
ビジュアル ★★★★☆ BGM ★★★★★
総合評価 ★★★★☆

しっかりリンゴも虫食いになるよ

絵本で読んだあおむしさんが帰ってきた!!と思いきや結構リアルに動くのね、、笑

まずはプレイ動画をみてみよう

幼稚園で昔見たあおむしが動いてる姿をみて感動する方も多いはず!
 

エリック・カール原作のはらぺこあおむし

harapeko1

エリックカールはニスや絵の具を塗った下地をもとに切り絵をし、絵本を作る手法の絵本作家。はらぺこあおむしは日本でも書店の絵本コーナーに行くと必ずと言っていいほどラインナップの中に入っている人気作品。

わたしのはらぺこあおむしのゲーム性

言葉はなし。すべて目で見てタッチする

対象年齢が、5歳向けということもあり、ゲーム中にテキストは1文字も存在せず、木に実っているリンゴを与えたり畑のレタスを育て、餌にしてあおむしを育てていきます。

aomusi2

木に実っているリンゴをタップするとあおむしが食べてゆく。

様々な場所でタップ可能

タップ箇所は様々で、好奇心旺盛なお子様が気になった場所をタップするとそこへあおむしが移動しアクションを起こすため、大人の編集者もなぜか見入ってしまう。

タップして水やり農場要素

aomusi3

一定時間内に水を与えるとレタスが育っていき、そのレタスをあおむしさんに食べさせてあげることもできる。じょうろをタップして土場所へ持っていけば水が出るしくみ。小さいお子様も想像力を養えることができそう

課金要素

aomusi4

ガチャシステムはなく、ゲーム内の遊具を買う仕組み。ちょうど農場要素で解説してある画像の点線の部分の鉢植えなどにあたる。

わたしのはらぺこあおむしはこんな人におすすめ

編集者自身もダウンロードしてからというもの、暇を見てポチポチとプレイしている日々なのですが、プレイしてみてハマりそうだな、オススメだなという人を考察してみました

小さいお子様のいる方

小さいお子様のいる方で、車の中など絵本を持ち込むには狭い状況の場合などに役に立ちそうかなとおもいました。本当に簡単にそして好奇心をくすぐる設計にになっているため、家族で楽しめることもできそう。

心身ともに疲れてる人

このゲーム、実は疲れ果てた大人にも良いんじゃないかと思い始めてる編集者です。日々のストレスや疲れている時に童心に帰ってほっと一息するにもいいかもしれません。

こんな機能があればもっとドハマりしそう

特にないかもしれない

遊具を購入するために課金をしなくてはいけないのですが、それを除けば完成度はかなり高くまとまっています。

わたしのはらぺこあおむしのアプリ概要

わたしのはらぺこあおむし

タイトル わたしのはらぺこあおむし
略称 はらぺこあおむし
制作/運営 SMARTEDUCATION, Ltd
ジャンル 絵本/キッズ
価格 基本無料(アイテム課金あり)
ガチャシステム なし
配信日 配信中
対応機種 iOS/Android
aomusi_top
Android版ダウンロード iOS版ダウンロード