VainGlory(ヴェイングローリー)は、「Super Evil Megacorp.」が配信中の本格TPS、MOVAになっています。主に北欧や韓国で人気があり日本でも知る人ぞ知る名作になっております。そのレビューを致します。楽しさが伝われば幸いです。

VainGlory(ヴェイングローリー)ってそもそもなに?

塩トルフォの評価レビュー

レビュアー 塩トルフォ
Siotorufo Twitter こちら
好きなソシャゲ Fate/GrandOrder
連絡先
ツイッターアカウント
https://twitter.com/SHIOTOLFO
フォローお待ちしてます
システム ★★★★☆ 操作性 ★★★☆☆
ビジュアル ★★★★☆ BGM ★★★★★
総合評価 ★★★★☆

本格MOVAをするならこれで決まり

アプリの枠に囚われない本格度MAXのゲーム性に感動しました。これ、何でもっと流行らないの??
 

MOVA(マルチオンラインバトルアリーナ)

Vain_map

簡単に説明を致しますと、二つの陣営に分かれて相手の陣地を制圧するゲーム性。今回ご紹介する「VainGlory」は、約8分から30分のプレイを1ゲームとしてゲームが進みます。

VainGloryのゲーム性

3Vs3のオンライン対戦

プレイヤーは様々なキャラを操作して、自分の陣営を守り、そして相手の陣営を落としていきます。3人1チームというゲーム性から、それぞれ特徴のあるキャラクターをバランス良く組む必要があり、主にマップ上部のレーン、マップ下部のジャングルを行き来してゲームを進めていきます。

VainChara

約18人のキャラから役割を考えながらチョイス

キャラクタービルド

Vain_buid

プレイするキャラによって近接戦闘が得意、遠距離戦闘が得意などキャラクターデザインがあります。そのキャラごとに長所を伸ばしたり、短所を補うような自分なりのビルドをしていきます。

課金要素

ソーシャルゲームでよくみられるガチャシステムはなく、キャラクターを解放していく場合の時間短縮で使用します。また週替わりで、自分が解放していないキャラクターもアンロックされます。そのため、キャラクターを週替わりで楽しむことができます。長く続けると全キャラクターもアンロックできるでしょう。

北欧大会の様子

実際に、プレイしている画面を見ていただけるとゲームの流れがわかると思います。こちらは北欧で開催されているゲーム画面、すべて動かしているのはプレイヤーのため、戦況が無限に変わっていくのも楽しみの一つ。
日本での大会は、今は行っていないようですが、北欧ではかなり人気のアプリになっており大会がTV放送になっていたりします。

VainGloryはこんな人がドハマり!

編集者自身もダウンロードしてからというもの、暇を見てポチポチとプレイしている日々なのですが、プレイしてみてハマりそうだな、オススメだなという人を考察してみました

PvP、MOVA好きの方

MOVAが好きな方は絶対にはまること間違い無しです。アプリという規格から、短い時間で綺麗にまとまっており手軽さのなかで本格的なMOVAを楽しみたい方におすすめといえます。

戦略を考えるの好きな人

リアルタイムに戦況が変わるため相当チーム内のコミュニケーションも重要になります。そのため、団体での戦略も一種の楽しむ要素の一つになっており、戦略を楽しみたい人は完璧にはまること間違い無し!

こんな機能があればもっとドハマりしそう

萌え要素の追加

ゲーム性は良い、良いのだが、、、美少女成分が少なすぎだとおもいました。日本ウケしないかも?同じMOVAでも現在ゲームセンターなどで稼働中のWLW(ワンダーランドウォーズ)と比べるとちょっと悲しさがあります。むしろ萌え要素が追加されたらかなり、日本で人気になるとおもいます。
WLW

VainGloryのアプリ概要

VainGlory(ヴェイングローリー)

タイトル VainGlory
略称 ヴェイングローリー
制作/運営 Super Evil Megacorp.
ジャンル MOVA
価格 基本無料(アイテム課金あり)
ガチャシステム なし
配信日 配信中
対応機種 iOS/Android
last
Android版ダウンロード iOS版ダウンロード